SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

鎮圧の森

明日からイベント戦ですが、ルール的に強いジョーカー使った方が得なので、ちょっと迷ってます。というのも、いつもイベント戦ではレベル上げのために、絶対片方は普段使わない低レベルのジョーカー入れてるし、もう片方もなるべるレベルマックスじゃないジョーカー入れるようにしてるので、今回はどうしようかなと。

f:id:BUNNY:20170507230311j:plain

©SEGA

1-3-269 R鎮圧の森

インターセプト 1CP

■鎮圧の森
対戦相手のユニットがアタックした時、対戦相手のCPを-2する。

本日のキーカードは鎮圧の森。最新のカードランキングは1032位で8ポイント定住。カードが増えたというのもあるが、この企画を始めてから初の1000位台のカードということになる。最下位が1071位(滝修行)なので、最底辺にかなり近いカードです。相手がアタックしてきた時に、相手のCPを-2できるインターセプトカードだが、1CPを使って-2CPというのは、発動が相手ターンということを考えると、1CPが腐る可能性もあるので、あまりにも割が合わない。

似たようなカードで破滅のギャンブラーがあるが、あちらはこちらのライフを犠牲にはする分、同じ-2CPでもノーコストである。エラッタ前は-4CPだったが、トリガーカードという性質上、相手がCPを使い切った後にアタックされると無駄打ちになる危険性があるので、その差は仕方ないとも言えた。しかし、ティアマトやケルベロスの登場で安定発動が可能になったことで大暴れしたため、鎮圧の森と同等の性能になっている。

当然ながら、鎮圧の森もティアマトやケルベロスとのコンボは、ギャンブラー同様に有効である。往年のティアマトギャンブラーに比べると破壊力は低いが、このカードを2枚使ってCPを-4にでもして、ティアマトで相手を更地にできれば、かなり優位にはなるだろう。

f:id:BUNNY:20170709215826j:plain

ヌト戦士デッキに、ティアマト鎮圧のコンボを組み込みました。序盤はグランドライブラリなどでインセプを集めつつ機会を伺う。ティアマトを出しつつCPも余らせないといけないので、VIP待遇も入れています。ティアマト素出しまたは、アンドロメダからのティアマト召喚からのVIP待遇、もしくは、アトゥムでCP大量確保からのティアマトで、鎮圧の森を狙い、相手の防御が手薄になる次のターンに、ヌトで一気に勝負を決めようという狙い。

勝 後攻 5-0 A8 昆虫(ブレシーorセクシー・エビルガンビット

相手は昆虫。後攻を引いたので、初手は安定のアポロンスタートで、相手のアーミーアントをいただく。相手はパピヨンガールを出して1点先制。ならばとこちらは、ブッシュファイターを出して、ハヅキで秩序の盾を付与。相手は横に並べて1点追加。3ターン目は、再びアポロンが引けたので、9000BPまで成長したアーミーアントを再びパクる。パクった2体のアーミーアントが10000BPを越えた。

とはいえ、このデッキはパンプがないので、緑伏せられるとアタックがしにくい。そこで、4ターン目にギルティアッシュで相手の武器破壊を割る。こうなれば、いよいよブッシュファイターが無双の時間。一気に相手の陣形を崩します。ようやく1点を返せました。そして5ターン目に、遂にアンドロメダを引けた。鎮圧の森はすでに2枚スタンバってたので、ここでアンドロメダからティアマトを特殊召喚してのVIP待遇。相手の3コス以下のユニットが1体だけだったので、ティアマトで焼き尽くすことはできなかったが、鎮圧の森でCPを-4。相手はパピヨンガールだけ出してターンエンド。後はヌトを出して一気に6点取りきりました。

というわけで、やりたいことがほぼ完璧にできたので、このデッキは1戦で終了です。まあ、こんなまどろっこしいことしないで、普通に戦士でワーワー殴ってれば勝てるんだろうけど。

撹乱戦術

コードオブジョーカー4周年おめ。

f:id:BUNNY:20170626195117j:plain

©SEGA

1-3-251 R撹乱戦術

インターセプト 1CP

■撹乱戦術
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、それに【防御禁止】(ブロックすることができない)を与える。

本日のキーカードは撹乱戦術。最新のカードランキングは972位で8ポイント定住カード。場に出てきた相手ユニットに防御禁止を付けることができるインターセプトカードで、進化ユニットやスピードムーブなどで即時アタックができない限りは、1ターンはそのユニットを無力化できる。指定ではないので加護ユニットにも有効である。エンジェルビルダーやティアマトなどの防御に強いユニットに当てることができれば、かなりのアドバンテージを得ることはできるし、不屈持ちのユニットに当てれば、不屈を実質無効化できる。

とはいえ、1CPを使って相手1体を半無力化するだけであり、ティアマトみたいなユニットに当てられれば話は別だが、基本的にこのカードで試合の流れを大きく変えるなんてことはあまりないので、40枚しかないデッキの枠に、このカードをねじ込むのはかなり勇気がいる行為である。

f:id:BUNNY:20170626201012j:plain

以前にイベント戦でやった防御禁止を盛り込んだデッキです。あの時から変わったのは、禁断のエクソシストが入ったことです。エクソシストはマジで強すぎる。今回は、前述の通り、録画失敗したので動画は以前のイベント戦のものです。もう1回チャレンジしてもいいのだけど、かなり厳しい結果だったので、もうやりたくないというのが正直なところであります。

負 先攻 A4 レベコン

負 先攻 A1 赤黄

負 先攻 FL 黄単

負 先攻 FL 赤黄

勝 後攻 A2 ブリギッド緑

録画ミスってたので、スコアや相手ジョーカーとかは分かりません。4連敗の後に何とか1勝しただけでした。勝った試合は攪乱戦術使ってなかったので、動画は攪乱戦術を使って負けた赤黄戦を予定していたのですがね。

f:id:BUNNY:20170709212300j:plain

もう1回あのデッキを使いたくないということで、赤黄に攪乱戦術をピン刺しただけ、という妥協の産物が出来上がりました。DOBはC。

勝 先攻 6-0 A1 コッコ珍獣(スターライト・ルインリード)

マリガンはマコが欲しかったが、引けなかったのでプリティベルで妥協。相手は珍獣を3体並べてきました。2ターン目は雷光纏いしナンチャラを引けたので、リッパー出して発動し2点を先制。珍獣相手にはかなり効きますね。相手は神風発動からコッコと仲間達を展開してきますが、ここでも雷光ナンチャラを鬼引き。簡単に更地にして2点を追加しました。ここはアポロンでコッコをパクりつつ更地にしようか迷ったのですが、ヴィヴィアンで発動すれば1CP余って、攪乱戦術が使えるのでそっちにした。

結果相手のコッコに防御禁止を付けることに成功。相手はそこからドンペローネとOCカパじい。4ターン目は6000BPが並んでいるところに敢えてリリス。ドンペローネに5000BPダメージを与え、相手のカパじいがブロックしてきたが、レベル3だったのでこっちもBP1000に。そしてリッパーでアタック。これで勝負は決まったかに思えたが、もう1枚の無色トリガーが創生でした。

相手がまたコッコと仲間達を出してきたので、5ターン目もリリスで相討ちアタック。とにかく野球で一気にライフを持って行かれる可能性もあるので、なるべく並べさせたくはないところ。で、余った1CPでルインリードしたら、エクスカリバー引けたので、これでほぼ勝負アリって感じでした。

というわけで、攪乱戦術もキッチリと機能してくれたので、このデッキは1戦で終了。

ペルセポネー

毎日熱いですね・・・

f:id:BUNNY:20170425100021j:plain

©SEGA

1-3-114 Rペルセポネー

青 神 4CP 6000/7000/8000

■冥妃の近衛兵
対戦相手のターン時、効果によってあなたのユニットが破壊された時、あなたのフィールドのユニットが4体以下の場合、あなたの捨札にある進化ユニットカード以外のコスト2以下の【不死】ユニットをランダムで1体【特殊召喚】する。
■サポーター/不死
あなたの【不死】ユニットのBPを+1000する。

本日のキーカードはエクスプロージョン。最新のカードランキングは444位で4ポイント安定カード。自身の種族は神だが、不死ユニットに対するサポートユニットとなっている。フィールド効果として、不死ユニットのBPを+1000するアビリティーを持っており、相手ターン中に効果によってこちらのユニットが破壊された時に、捨札にある2コス以下の不死ユニットを特殊召喚できる。相手ターン且つ効果破壊と条件が厳しいので、相手によっては特殊召喚の効果が発動しにくくなるし、対処もされやすいが、冥土の献上品や大寒波などを使って自発的に発動させることもできなくもない。ちなみに、自身が破壊されても効果は発動します。

2コス以下の不死となると、シズク、玲花、シノ、クリスティあたりが召喚候補となるが、バンシーが出ちゃうとおいしくないので、不死サポーターを持っているのに、バンシーが入れづらいというのはかなりのマイナスポイント。元々は5CPと重かったが、エラッタで現在は4CPとスリム化されている。それでも全然見かけないが・・・

f:id:BUNNY:20170428092224j:plain

最初はこんなデッキで挑んだのですが・・・

負 後攻 0-4 A10 赤青道化師(リトルウォンド・月花熾滅)

負 後攻 3-5 MG 魔導士(ワンダフルハンド・パニッシュメントブレイク)

負 後攻 0-7 A2 ブリギッドハンデス(ワンダフルハンド・明天凶殺)

負 後攻 0-3 A2 黄単(ワンダフルハンド・ブレイブシールド)

負 後攻 0-3 A6 武身(サイレンスビロウ・ヘレティックスカー)

負 後攻 0-6 A6 緑アグロ(デリートレイド・ブレイブシールド)

デデン!!。1勝くらいはどうにかできると思いながら6連敗・・・。ちなみにこれは、バージョンアップ前の話で、結構前のことです。この時は6連敗した時点で諦めました。

f:id:BUNNY:20170709210218j:plain

で、今回改めて使ってみたのがこんなデッキです。前回はレベコンバリバリでしたが、今回は新カードのトトの沈黙破壊を中心に考えてみました。後はやっぱりオシリスは入れたいよねと。

負 後攻 0-5 A6 黄単(サイレンスビロウ・インサイトストライフ)

仕切り直しの初戦がよりにもよって黄単か~い!。無理です・・・

負 先攻 0-3 K4 天使(リトルウォンド・エヴィルガンビット

ジョーカーがリトルウォンドだったので、アレかと思ったら違った。相手の2ターン目、人参畑のミミとかいうのが出てきたが、しばらくこっちが選択する系だと気付かずに放置してしまった。3ターン目にミミを大リーナで破壊して1点を先制。相手のデッキがよく分からない。4ターン目はツクヨミからのトトでクリスを沈黙破壊。相手はクリスからのOCミューズ。

ここでこちらとしては、2コスユニットはクリスでパクられてしまうので、退場させてからのオシリスロキで破壊して、更には大リーナのアタックでミューズを破壊してしまおうと考えていたのですが、トトが2コスというのを忘れてしまい、計算が狂ってしまいました。とはいえ、ここで2点を追加。相手が返しにクリムゾンナースを出してきて、ここでようやく相手のデッキが天使デッキだと理解できました。このままだと、無限ニケとかやってきそうだったので、ここはアムネシアを当てておく。イズナで1点返されましたが、最後はツクヨミとトトで勝負を決めました。一応ここでペルセポネーを出したのですが、他のユニットに全部進化禁止が付いていたので、仕方なくツクヨミの土台になってもらいましたw

というわけで、両方のデッキ合わせてトータル1勝7敗という大惨敗でした。ペルセポネーの参考動画としてどうなんだ?というのは確かにあるのですが、これ以上負けるのは辛いので、分かってください・・・