SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

義勇馬エニフ

バージョンアップしたので、新カード買ってきました。初日にババっと買って、SRはある程度揃えたのですが、帰宅後チェックしてみたら、VRの中でも重要度の高いジャック・オー・ランタンが2枚しか引けてなかったので、今日もランタン目当てで引いてきました。幸い3クレパックの3回目で引けて、どうせならSR引けるまで引いてみようと思ったら、直後にオベロン引けました。というわけで、今回の収穫です。トータル290クレ。

魔眼王バロール N3

完善神アフラ・マズダ N2F1

虚悪神アンラ・マンユ F3

轟戦機ヴァルドライバー N1F1

妖精王オベロン N6

SRはかなりバランス良く引けましたが、VRがかなり偏りました。すくすくグロウイングに至っては1枚しか引けてない。まあ、いいけど。

 

f:id:BUNNY:20170807091738j:plain

©SEGA

1-3-230 R義勇馬エニフ

緑 獣 3CP 6000/7000/8000

■闘いを呼ぶ者
対戦相手のフィールドにいるユニット数があなたのフィールドにいるユニット数より多い場合、以下の効果が発動する。
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それにターン終了時まで【強制防御】を与える。
このユニットが戦闘に勝利した時、あなたはカードを1枚引く。

本日のキーカードは義勇馬エニフ。最新のカードランキングは811位でほぼ8ポイント帯で定住している。相手のユニット数よりもこちらのユニット数が少ないと発動するシリーズの1枚で、条件を見対している時にCIPで相手1体に強制防御を与えることができる。元々このシリーズのカードは総じて使いにくいのだが、後にライオンハートガールという、このユニットよりも少ないコストで、無条件に強制防御を与えられるカードが登場したため、完全にこのカードは存在意義を失ってしまっているのが現状です。

一応、このユニット自身が戦闘に勝利するとカードを1枚ドローできるという、ライオンハートガールにはない特典もあるにはあるのだが、強制防御自体はそのターン限定のものであり、オーバークロックさせるなどしない限りは能力の相乗効果がないというのも悲しいところ。当初は3CP5000BPという貧弱なスペックだったが、エラッタで6000BPに強化はされている。そんなことよりも、スピードムーブを付けるか、発動条件を取っ払うかしないと、永遠に使われることはないと思う。

f:id:BUNNY:20170807093227j:plain

先日のイベント戦で使った強制防御デッキを、ほぼそのまま使っています。見ておわかりのように、強制防御できるユニットをてんこ盛りにしたデッキです。

負 後攻 0-2 FL 赤単悪魔(ブレイブシールド・フォースリベレーション)

唯一勝つチャンスがあった試合だったが、痛恨の凡ミスをやらかしました。相手4体いて、こっちに高BPのレベル2ユニットがいる状況。ここでアプスー出せばというところで、同じ5CPの獅子王をアプスーと勘違いして場に出してしまいました・・・

負 先攻 0-6 A3 黄単(冥札再臨・ディバインシールド)

中盤からのゼウスとガブリエルの連発で何もできず。しかも、ガブリエルってエラッタで加護付いてたんだな。全然見ないから、すっかり忘れてたよ・・・

負 先攻 0-4 A1 赤青悪魔(ライズアンドシャイン・フォースリベレーション)

アトゥムを出したところで、待ってましたの魔導教師レイナが出てきました・・・

負 後攻 0-4 FL 紫単(フォースリベレーション・明天凶殺)

加護パイモン2体に並ばれて、定期的にカオスをぶっ放され、トドメにルシファー・・・

負 先攻 0-5 FL 青黄緑レベコン(ワンダフルハンド・ルインリード)

ただでさえキツいレベコンなのに、アトゥムだのエクスカリバーだのが入ってた・・・

というわけで、機能紹介したリリスヒュドラで12連勝してホルホルした直後に、その時の最後の1敗を含めて6連敗という悲しい結果に・・・。負け試合の中にも特に見所のある試合もなかったため、先日のイベント戦の動画を参考動画として挙げておきます。

さすがに6連敗したまま、今バージョンを締めるというのもアレですし、負けた分をある程度取り戻しておきたいというのもあって、最後に先日13連勝したマモン入りの赤黄デッキで締め括ることにしました。

勝 先攻 7-0 FL 海洋オシリス(ボルカニックディザスター・フォースリベレーション)

負 先攻 0-3 A2 赤黄(スターライト・ボルカニックディザスター)

勝 後攻 6-0 FL 昆虫カーバン(インペリアルクルセイド・マッシヴサージ)

勝 先攻 7-0 A4 鍛冶神ヌト(マッシヴサージ・フォースリベレーション)

というわけで、3勝1敗で終了です。赤黄で2度二桁連勝できたし、マジ強かった。

光鷹丸

明日から新バージョンですが、同時に新しくイベント戦も始まります。新バージョン恒例の、特殊ルール無しで新カードお試ししてね♪系イベントです。今回はニケとミューズの水着バージョンがもらえるということですが、ノーマルのニケやミューズとは同じカードという扱い(昔のアートチェンジと同じ)なので、新しいカードだけが欲しいなら星50個でも問題ないです。また、上位報酬として、ニケとミューズの水着ユニットのフォイルが手に入りますが、上位1000位まで手に入るので、そんなにハードルは高くなさそうです。初の試みなので、思ったよりも競争率が高くなるという可能性もなきにしもあらずですが。

f:id:BUNNY:20170806210357j:plain

©SEGA

1-3-214 R光鷹丸

黄 侍 3CP 6000/6000/6000

■影滅陣
このユニットがフィールドに出た時、またはあなたのターン開始時、全てのコスト1以下のユニットを消滅させる。

本日のキーカードは光鷹丸。最新のカードランキングは393位で4ポイント安定カード。場に出た時と、ターン開始時に、自陣も含めた全てのコスト1以下のユニットを消滅できる。効果は弱肉強食に似ているが、破壊ではなく消滅なため、ミイラくんなどのPIG効果を防ぐことができます。元々は場に出た時の一度限りの効果であったが、その後、毎ターン発動できるようにエラッタされた。

種族が侍ではあるが、侍デッキのパーツというよりも、珍獣対策のパーツとして黄色系のデッキに採用されることが多かったし、1コス時代のシャドウメイジが暴れていた時期も、その対策カードとして重用されたりもした。ただ、最近は1コスをワラワラ並べる系のデッキがそんなに多くないし、そもそも2コスまで消滅できるインドラの登場で、完全に立場を失ってしまったといえる。恐らく、前述のエラッタはインドラとの差別化のためだと思われるが、同じく毎ターン発動するエクスカリバー(相手のみで3コスまで消滅)と違って、1コスだけを出さなければいいだけなので、珍獣デッキ以外ならば、相手にとっても対応は容易である。

f:id:BUNNY:20170806212511j:plain

原型はちょろーんさんが使っている黄単です。あれを若干いじって、グレイスウルフィン枠に光鷹丸を入れ込んだ形です。

勝 先攻 4-0 A4 ハンデス(ワンダフルハンド・明天凶殺)

初手は安定のプリティベル。相手はフープエンジェルとのろいのはにわでダブルハンデス。2ターン目はジャック・ザ・リッパーを引いたので、プリティベルでフープエンジェルの相討ちを誘ってのリッパーで1点先制しました。3ターン目は相手がグレイヴガーディアンを出してきたので、ハンデを消費しすぎる懸念もあったが、グレイヴを消滅できるチャンスということで、ヴィヴィアンからの軽減ヴァイスヘルメスを敢行。2点を追加します。

4ターン目は、2CP残しての青伏せというのが非常に気になったが、他にやることもないので、とりあえずハーピー出してみたら死懐石でした。だったらと、ハーピーで殴って行動権を消費してのリッパーアタック。ここも悩んだけど、どうせハンド1枚残してもハンデスされるだろうということで、思い切ってトリガー2枚刺しでリッパーで殴り返して残り1点とします。相手はサリエルで返してきました。

5ターン目はミスります。抑制剤を引いたところで、反射的にトリガーゾーンに刺してしまったのだが、ここでエクソシストは手札を1枚犠牲にしないと消滅効果を発動できないことに気付く。仕方なく素出ししてインセプを引くことに・・・。その花の高原も、ダークマターで破壊されてしまう。次がワンダフルハンドを打つターンだっただけに痛い。6ターン目はカパエルをドローできたので、ワンハン打ってハーピー引ければと思ったら引けました。アムネシア打たれても大丈夫なように、カパエル出した時に魔法石でもう1枚ハーピーを持ってきたのだが、ここで光鷹丸をツモる。そういや入れてたなとw

というわけで、光鷹丸でミイラくんを消滅してのハーピーで勝負が決まりました。

光鷹丸が一発で活躍してくれたので、このデッキは1戦で終了です。記事的にはもう1本あげる予定ですが、動画的にはこれが今バージョン最後となります。

ヒュドラ

今日は今バージョンのやり収めしてきました。昨日は生放送で新バージョンのカード紹介などありましたが、個人的に嬉しいのは、常設パックにインドラが入ったこと。インドラは未だに2枚しか持ってなくて、ちょいちょいACで1.4のパック引いてるんだけど、聖典の恩恵ばっかり出て、全然出てくれないのよ。かなりAC無駄遣いしちゃいましたね。というわけで、今日は思う存分プレートやテーマをガチャってきました。

f:id:BUNNY:20170805195310j:plain

©SEGA

PR-075 PRヒュドラ

赤 亜竜 5CP 6000/7000/8000

【固着】
■猛り狂う巨竜
このユニットがフィールドに出た時、あなたのトリガーゾーンにあるカードを破壊し、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに[破壊したカード×2000]ダメージを与え、このユニットの基本BPを+[破壊したカード×1000]する。

本日のキーカードはヒュドラ。最新のカードランキングは897位で8ポイント定住カード。場に出た時に、トリガーゾーンにあるカードを全て破壊し、破壊したカード×2000ダメージを相手1体に与えつつ、このユニットの基本BPを破壊したカード×1000するという能力を持っている。つまり、最大で8000ダメージで基本BP+4000となるわけだが、赤ユニットをトリガーに挿しても軽減として消費されてしまうため、赤中心のデッキでは中々最大値を出すのは難しい。一応キーワード能力として固着も持っているが、まあ、無いよりはあった方がマシという程度か。

5CPと重い上に、トリガーゾーンのカードを全ブッパするにしては、火力としては大人しめ。リリスがトリガーゾーン1枚破壊で5000ダメージということと比較すれば尚更である。しかも、リリスは相手のトリガーゾーンも割ってくれるしね。どうせなら、ヒュドラの方もダークマター効果にして、両方のトリガーゾーンを割った数でダメージ計算してくれれば、まだ使い道はありそうなものだがな。ただ、手札を使わずにトリガーゾーンを埋めてくれるという点で、比較対象として挙げたリリスとは好相性と言える。

f:id:BUNNY:20170805201118j:plain

リリスと合わせて使いたいということで、流行りの赤黄デッキに入れてみました。DOBはC。

勝 後攻 6-0 MG 紫単(ワンダフルハンド・サイレンスビロウ)

勝 後攻 4-0 A2 紫単(エビルガンビット・ソウルエクスキューション)

勝 先攻 7-0 A5 ブリギッドハンデス(ワンダフルハンド・明天凶殺)

勝 後攻 7-0 A2 紫単(ルインリード・ワンダフルハンド)

勝 先攻 7-0 ER 黄単(ワンダフルハンド・ブレイブシールド)

勝 後攻 4-0 A5 赤黄(シャープリィスライフ・インペイルメント)

勝 先攻 5-0 FL 黄単(ディバインシールド・エビルガンビット

勝 先攻 6-0 A1 赤黄(インサイトストライフ・ブレイブシールド)

勝 後攻 4-0 A1 黄単(ワンダフルハンド・ソウルエクスキューション)

勝 後攻 3-0 FL 紫単(フォースリベレーション・ライズアンドシャイン)

負 先攻 0-6 FL 赤黄緑英雄(ヘレティックスカー・ターミネートコマンド)

というわけで、10連勝しちゃいました。その前にも2連勝してたので、トータルで12連勝でした。つい先日も同じ赤黄で13連勝しましたが、赤黄マジで強いです。動画の方は5試合目の試合となります。ヒュドラは使ってないのですが、久々に上位ランカー相手に勝てた記念ということで。というか、11試合もやって、ヒュドラは1回も場に出てませんwww

初手は安定のマコ。進化トリガーとマコでリリスを2枚引けたので、2ターン目から仕掛ける気満々です。しかし、相手がタコとリッパーを出してターンエンド。事故ったんでしょうかね?。こちらはシヴァを引けたので、だったらリリスを出す必要もないと1点を先制。相手はヴィヴィアンを出してきましたが、ならばと3ターン目はリリス。タコを出した時にラグったので、デストラクションスピアが怖かったが、手札にまだ2枚あるし、ここでデススピ食らっても問題ないだろうとエボルブ。通って2点追加。捨札確認しなかったので、何が刺さってたのかは不明。

このターンにヒュドラを引いてますが、ターン終了時に文明崩壊を発動するために、1枚トリガーゾーンに刺さなければならない状況になり、迷うことなくヒュドラはトリガーゾーンに吸い込まれていきましたw。予想通りライトニングドラゴンで返されました。ここは、カパエルで2回以内にホルスを引ければほぼ勝ちだなというところで、見事に一発目でホルスをツモる。後は、ラーで邪魔なカパエルを退治してのOCホルスでライトニングドラゴンを撃破。これで残り1点。これで相手の方がサレンダーとなりました。

これではヒュドラが可哀想すぎるので、先日のイベント戦でヒュドラが活躍した試合の動画があるので、それを参考動画として紹介しておきます。

とはいっても、一応ヒュドラ使ってみました的な試合ですが。