SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

【COJ】前記振り返り

記事は書いていたのですが、あげるのをすっかり忘れてました😁

前期はちょっとだけやる気出しました😤

f:id:BUNNY:20181118233449j:plain

前期のメインデッキとして使ったのがコレ。COJの新たなクソゲーメーカー候補キリカちゃんです。混色でも全然イケるのだが、デスパレートとの相性や、最序盤にも軽減使って無理やりデスパレート打てるのが魅力なので、自分は青単型が落ち着きます。デスパレートで落とすのは、キルカ>ダンゾウ>六花>白狼の順が基本。最初に6枚落とした場合などは、手札に忍者ユニットがある場合は捨て札に捨てることもある。そうすれば、いきなりキルカが湧いてきます。その後は、いかにキルカでアタックできる状況に持っていくか。序盤はトクリからのトトや、ラダマン狙いのチャンプアタックが有効。中盤からはサリエルやアイオーン、後半はデリートレイドなども絡めていくことになる。

勝 先攻 6-0 ER 昆虫(サイレンスビロウ・マッシヴサージ)

勝 後攻 7-0 HI 海洋(冥札再臨・ルインリード)

負 後攻 0-5 ER キリカ(ミラージュアウローラ・チェックメイトアクト)

勝 後攻 5-0 HI 不死ブラフマー(冥札再臨・エクリプスセイバー)

負 先攻 0-3 ER アタランテ獣(チェックメイトアクト・エイミングクラッシュ)

勝 後攻 7-0 ER 赤単(エクリプスセイバー・エルヴィ中)

勝 後攻 8-0 ES 紫単(サイレンスビロウ・ルインリード)

6勝2敗。キリカミラーは先攻取られると普通にキツイね😪。基本、マリガンでデスパレートかティターニアを引っ張ってくるってのが唯一無二の勝ちムーブなので、何も考えなくていいのがこのデッキの素晴らしいところ。盗賊の手1枚で封殺されてしまうというのは大きなゲロ萎えポイントではあるが、そんなに遭遇率が高いわけじゃないしね。

f:id:BUNNY:20181123212051j:plain

華麗なる一族入りの赤単デッキ。実験的にトリガーを1枚も入れずに、赤インセプを大量に入れてみたのだが、華麗なる一族からインセプを引っ張ってくる確率が思いの外低いので、あまり意味がなかった気がします😘

負 後攻 0-4 ER OC珍獣(トリックフィンガー・ギルティアッシュ)

負 先攻 0-7 ER 武身(威気衝天の籠・時矢大)

負 先攻 0-1 ES 黄緑ヘブドラ(エクリプスセイバー・アナザー×バイザー)

負 後攻 0-2 ER 巨人(冥札再臨・蘭翔鳳集の舞)

勝 後攻 1-0 ER 青紫(ルインリード・ソウルエクスキューション)

1勝4敗。勝てねえ・・・

f:id:BUNNY:20181123212615j:plain

ヘブドラ黄単にタッチアイオーン。消滅効果耐性で困るのはヘブドラが出せる中盤以降ということで、アイオーンで十分対処できるでしょうと。アイオーンでもどうしようもないのは、デリートレイドにお願いと。

勝 後攻 5-0 HI 海洋(冥札再臨・ルインリード)

負 後攻 1-3 ER ヘブドラ黄単(セイクリッドシールド・エクリプスセイバー)

ヘブドラミラーで負け。ドラゴンスレイヤーを連発された上に、ホルスに無双されてしまった。ヘブドラミラーでは強いという想定だったんだがな・・・

f:id:BUNNY:20181127184129j:plain

続いてはヒトミデメテル。今までずっと進化枠はジャンヌとローザだったのだが、OC効果持ちだし伏犠でも入れてみようと思って入れてみた。今なら4ポイント付くしね。ついでにポイント稼ぎで8ポイント付いてる魅惑のトリア。これはクロックアップするたびに貫通付与できるので、殴って勝つこのデッキとの相性もよさげ。五輪の真髄も生きてくるというもの。

勝 後攻 6-0 ER 武身(双子・スターライト)

勝 後攻 8-0 HI 赤単(ミラージュアウローラ・ライズアンドシャイン)

負 後攻 0-2 ES カーバン黄単(マッシヴサージ・明天凶殺)

勝 後攻 8-0 ES 侍(フォースリベレーション・サイレンスビロウ)

3勝1敗。カーバンくんは事故みたいなもんだから、実質全勝。マッシヴカーバンみたいな時に、伏犠じゃなくてローザだったらなあってのはありましたが、伏犠はかつてないほどシックリきました。今後このデッキを使う時は、不動のメンバーに落ち着くでしょう。ただ、カーバン戦も勝つチャンスはありました。CPが足りていたら伏せていた五輪の真髄を連打して勝利だったのですが、1CP足りず。レベル2で殴ったので、ワンチャンスルーしてくれたら五輪1枚で勝負ありだったのだが、相手がブロックしてきたので駄目でした。

というわけで、前期は11勝8敗で、オーブ+2個という結果でした。対面的には特に特徴があったわけでもないですね。

マンスリートーナメント11月

今月はラウンドワンでの開催がなかった上に、毎月開催してくれているセガワールド小山が長期改装工事中ということで、下手したら今月の栃木県内でのマンスリートーナメントはセガ今市オンリーかもしれません。ドラマ足利あたりは可能性ありそうですが。

というわけで行ってきました。まあ、いつものメンツが集まったという感じですが。今回の参加者は6名。そもそもここのCOJはサテライト2台体制なので、トーナメントの上限も8人と少ないのです。昔は4台でしたけどね。逆にワンダーランドウォーズが8台に増えてて、わお、店内対戦できるじゃんって感じです。宇都宮でもワンダー8台あるとこ多分ないと思うので、すげえなと。

f:id:BUNNY:20181115104747j:plain

1回戦は赤単を使用。これはイベント戦で使った形ですが、さすがにソニックは抜いて、纏わりつく炎蛇を入れてます。ジョーカーもインクルをデリートレイドに変更という感じ。相手の方は先月も1回戦で当たって負けた方でした。OC珍獣を使ってましたが、序盤からの速攻で勝利。無事リベンジを果たしました。

f:id:BUNNY:20181118233449j:plain

準決勝は青単キルカ。イベント戦で使って手応えあったので、大会でも使ってみることに。マリガンでデスパレもティターニアも引けずに、全然やりたいことと違う展開になってしまいましたが、サリエルやアイオーンを中心に普通の青デッキとして戦って勝利。そういうデッキじゃないんだが、手の内を温存したという意味では良かったかも。まあ、分かってたでしょうけど。

決勝は相手がヘブドラ黄単使いの方だったので、どうしようか悩みましたが、キルカが役立たずになっても、サリエルやアイオーンやデリートレイドで十分戦えそうだったのと、準決勝が消化不良な戦いになってしまったので、キルカで続行。

今回はマリガンでしっかりとデスパレートを確保できたものの、キルカを1体下げるのを忘れるプレミ。インドラで1体消滅させられてしまいました。とはいえ、相手の初手のライリーをシメツノトクリで無力化できたのが大きく、ヘブドラのタイミングがかなり遅れたので、それまでに十分なリードを築きつつ、後半はアイオーンとデリートレイドで守り切るという、プラン通りの戦いで勝利。久々の優勝となりました。

f:id:BUNNY:20181119154733j:plain

というわけで、ちょっとモチベが回復しましたかもしれません👍。報酬カードは、まあね・・・。赤紫でガープ使えばワンチャンあるが、CP2ってのがかなりの足枷になりそう。

イベント戦を振り返ってみる

今回のイベント戦の特別ルールは

・開始時5枚ドロー(通常4枚)&マリガン10秒(通常5秒)

・1ターンの制限時間が30秒(通常60秒)

・ジョーカーゲージの増加量が2倍

・ターン開始時のドローが3枚(通常2枚)

・アンフェアタックス禁止

この手の大量ドロールールでは定番だったアンフェアタックスが禁止に。できるんだったら、もっと早くこれやって欲しかったわ。で、何といっても驚いたのが、今回の報酬カードがたったの1枚だったこと。これは過去になかったことです。いろいろと不安になっているところなので、これもネガティブに感じてしまうところですな。

大量ドローができるものの、制限時間30秒の足枷がでかいため、珍獣系の1ターンに時間がかかる系統のデッキは厳しそう。ジョーカーが連発できるため、マッシヴサージとか、デリートレイドの連発ゲームになるかも。というのが第一印象でした。ただ、意外とそんなデッキは少数派でした。3ドローってのもあって、ドロー系のジョーカー不要な感じもしますが、ワンハンとかも結構いましたしね。

f:id:BUNNY:20181115103749j:plain

まずは緑紫から。最近はあまり見ることもないのですが、たまたま見たランリプのデッキが面白そうだったので完コピではないですが、真似てみた。

勝 後攻 3-0 HI 黄緑五右衛門(デリートレイド・ブレイブシールド)

負 先攻 0-7 HP 武身(サイレンスビロウ・ヘレティックスカー)

勝 後攻 4-0 FL 赤黄緑呪縛(ミラージュアウローラ・シャープリィスライブ)

負 先攻 0-4 CH 青単キリカ(インペイルメント・スプレッドインフェルノ

2勝2敗。デリートレイドもかなり性能が変わったんですね。ランダム2体破壊で1ライフダメージ。5CPと重いものの、今回のルール的にも面白いかもしれない。4戦目は噂には聞いていたキリカとマッチング。これ、湧いてくるタイミングがエゲツないな。黄色使っててもインドラなんかで消せないし。次のエラッタで相手ターン開始時に湧いてくるようにされそう。

f:id:BUNNY:20181115104747j:plain

 続いては赤単。これも噂には聞いていた華麗なる一族をお試し。これ、連続で発動できたりするから、アスモデウスの火力が恐ろしいほどすぐに上がるね。

勝 後攻 8-0 FL 4色グッドスタッフ(インペイルメント・時矢大)

負 先攻 0-2 ER マッシヴカーバン(マッシヴサージ・冥札再臨)

勝 後攻 6-0 MG 機械(ワンダフルハンド・インペイルメント)

勝 先攻 5-0 HP 天使(ルインリード・威気衝天の籠)

勝 後攻 3-0 ST 不死ブラフマー(インペイルメント・ワンダフルハンド)

4勝1敗。マッシヴカーバンは1回目はアスモデウスで焼けたけど、2回目はアスモデウスが間に合わない間に手がつけられないほどBP上げられて詰み。

f:id:BUNNY:20181118233449j:plain

最初のデッキの時に当たった青単のキリカがクッソ強かったので、完コピではないですがパクってみました。序盤からデスパレートを連発してきたので、どんな引きしてんだよ?とか思ってましたが、デスパレートって発動するとインセプ引けるから、インセプをデスパレに絞ってしまえば、マリガンで確保すればいきなり3連発できちゃうのね。キリカ自体もヤバイとは思うが、それよりもデスパレートの方がヤバイ感じがしますね。つまりは、こんなに忍者ユニット入れる必要もないわけだ😲。てか、青の忍者総動員しました。

勝 後攻 6-0 FL 紫単(冥札再臨・サイレンスビロウ)

勝 先攻 8-0 A1 不死ゾンビ(フォースリベレーション・リジェネレートデリュージ)

負 後攻 0-6 ER 文明崩壊珍獣(ルインリード・タワーエグゼクト

勝 後攻 1-0 FL 五右衛門ワンショット(ルインリード・リトルウォンド)

文明崩壊はさすがに辛すぎた。タワーエグゼクトの回転も早い上に、ドッカーンもいるので、並べては戻されの連続で・・・。珍獣は厳しいかなとも思ってましたが、そうでもなさそう。五右衛門はやられたと思ったが、ギリギリセーフでした。

f:id:BUNNY:20181118234408j:plain

というわけで、最終結果は9勝4敗で星57個でした。