SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ラグエル

日曜は後攻ばっか引いて辛かった。最初にやった海洋は2勝3敗。多分5試合中4試合が後攻だったと思う。今日もマリガンミスが2回あったし、どうもここ最近このデッキが不調です。で、気を取り直して本日のキーカードです。

f:id:BUNNY:20141112193535j:plain

©SEGA

No.1-0-023 ラグエル
黄 天使 3CP 6000/7000/8000
■ハードマシンガン
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手の全ての行動済ユニットに3000ダメージを与える。

「オラオラオラ!」とマシンガンをぶっ放す天使。往年のセガ信者的にはサクラ大戦3のエリカ=フォンティーヌを思い出さざるを得ない。かつては天使系デッキでよくスペック採用されていたカードであったが、ミカエルの下方修正などで一気に勢力を失ってしまい、気付いてみればDOB2ポイントまで使用率が落ち込んでいる。3CPで6000BPというスペックは確かに優秀ではあるが、同スペックでトリガーカードドローという使いやすいCIPを持ったカイムがいるために、普通の黄色系デッキでは採用しづらいのが実情。こちらは行動済みユニット限定の3000オールダメージだが、3000で焼けるユニットが行動済みになっていることが少なく、行動済みユニットのBPを削ったところで盤面に大した影響は与えられませんからね。

f:id:BUNNY:20141112193544p:plain

そんなわけで、ラグエルを活用するならコンボ必須です。となれば有名な玉璽とのロマンコンボですね。玉璽で相手ユニット全ての行動権を消費→ラグエルを出して3000オールダメージ→ショックライトニングで更に倍。CP7を注ぎ込んで6000オールダメージ出せます。CP7使うなら毘沙門でいいって?そりゃそうよ(笑)。単体4000ダメージのヤシオノトクリ、同7000ダメージの雷龍も入れて、とことん行動消費からの焼きに特化。やはり外せないカイムとカンナに、困ったときのリセッターとして毘沙門、行動済みユニットを消滅できるアルテミス、そして個人的に黄色最強ユニットだと思ってるアワだっくんといった面々です。DOBはAです。

このデッキは3戦全て後攻でしたが、何と3連勝しちゃいました。わからん殺しって怖いね。初戦は黄単ミラー。相手はワンショットっぽかったです。エンビルがいなかったので、玉璽ラグエルショックライトニングのコンボが綺麗に決まりました。毘沙門も警戒していたが入ってなかったっぽい。2戦目は赤黄相手。中盤まではベルゼやアザゼルといったパワーカードに押されて厳しかったが、そいつらが全員殴ってターンエンドしてきた返しにダブルラグエルでぶっ潰し、その返しに相手が手札が枯渇するまでユニット並べてきたので毘沙門でぶっ潰し、一気に形勢逆転。3戦目はハンデス相手。2ターン目に玉璽カンナ軽減だっくんという大量得点の大チャンスがあったのだが、ハンデスを嫌って玉璽をトリガーに挿してたらチョキチョキされちゃいました(涙)。しかし、最後は4体並んでるユニットを1体になるまで撤退させて玉璽を発動し、そこからアワだっくん2連発で一気に3点取るというクソゲーで勝利。

最後は獣珍獣で3連勝して日曜日はフィニッシュ。トータルは8勝3敗でした。戦国の方は、城塞銀家宝もらいに明日やって来ます。前々回の合戦で所属していた伊達軍が勝ったので、合わせて7個の城塞銀が一気に手に入る予定です(嬉)。