読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

大戦国考察~長谷堂城の戦い

今回のルールです。今回は久々にガッツリやる予定。新カードの採掘もしたいし。

【西軍】
・使用可能総コスト11以下
・移動速度アップ
・部隊撤退で自城にダメージ

【東軍】
・最大士気制限解除
士気上昇速度アップ
・復活時間短縮

 

西軍が2コスト多く使える分、東軍は士気上昇速度アップ、復活時間短縮、最大士気制限解除、相手部隊撤退で城ダメージというアドバンテージを与えられた今回の大戦国。士気上昇速度や復活時間がどの程度かによって評価も変わるので、実際に蓋を開けてみなければどっちが有利とも言えませんが、やって面白そうなのは東軍ですね。最大士気解除で通常ではやれないようなコンボが可能になるし、士気上昇速度が高いので普段より計略も使える。復活時間短縮で色々と悪さが出来るのは、過去の大戦国で証明されてます。

 

個人的には今回の大戦国は西軍のほうが有利じゃないかとみてます。過去のコスト差大戦国に比べると、若干低コスト側のアドバンテージが少ない気がする。最大士気は単に混色が使いやすくなるってだけだし、相手側のデメリットである撤退による城ダメージも、低コストを入れないようにすることである程度の対策は可能だし。それゆえに西軍のデッキ構成は縛りが出るので、それが西軍が面白味に欠ける原因になってます。コスト制限のある大戦国っていつも大味じゃないですか。楽しそうな8枚毘天ワラとかできないじゃないですか~。

 

ちなみに、前回の大戦国はどうせ称号なんて取れないでしょと、適当に終わらせたら1087位という悔しい結果に・・・。大戦国は1059位まで称号もらえるんですが、前回は「サル」というネタ的においしい称号だったのでね。ダブル矢倉弓単おなら体操クソゲーしてた天罰ですな(笑)。