SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

密偵

今日はちゃんとカードゲーマー買ってきました。今回のPRは、カードゲーマーの読者の応募企画で性能が決まったんですね。正直赤は微妙かなと思うが、黄色と緑は結構使えそうだな。

f:id:BUNNY:20150531222224j:plain

©SEGA

No.PR-018 PR密偵
トリガー 0CP 無

■密偵
あなたの【忍者】ユニットがアタックした時、ターン終了時までそれに「ブロックされない」効果を与える。

本日のキーカードはPRの密偵。先日のPR再販パックでようやく3枚揃ったので初めて使ってみました。最新のカードランキングで270位。忍者デッキには必須カードとはいえ、忍者デッキ自体がそれほどメジャーではないため、1ポイントと2ポイントを行ったり来たりしているルーパーです。効果は、忍者ユニットにブロックされない効果を与えるトリガーカードで、同効果の浮遊術が2CPかかることを考えれば、忍者限定とはいえ0CPで同じことができるというのはかなりの強みだし、アタック成功時に効果が発動するタイプのユニットが多い忍者にとってはシナジーも高い。スペック的に貧弱な忍者デッキにとって、このカードは生命線と言える。

f:id:BUNNY:20150531222307j:plain

忍者デッキの構築の仕方がよく分からないが、サーチ珍獣入れない形も多いので、それに習ってみました。とにかく密偵を引かないことには始まらないデッキなので、カイムとトリトリは入れてみました。密偵は奇術師でリサイクルしていくので、魔法石は多く積んでも邪魔かなと思い1枚だけに。このデッキのアタッカーのほとんどが2コスト以下なので、ユグドラシル対策はしないとダメだろうと、ファントムと弱者の回廊も入れました。後は焼きにも弱そうなので、その対策に信玄って感じです。先行はカンナスタートですが、後攻は信玄スタートしないと、特に赤相手には勝負の土俵にすら上がれない感じでした。ケロルドハンゾウで密偵アタックして、クロウテング、鎮静剤、ブレイブシールドなどを駆使すれば大量得点も可能です。かなり前に無限ケロルドされた記憶があります。では結果です・・・

先X赤黄

後X青緑ハンデス

後X赤単

後Xニケバアル

後◯ハンデス

先Xハンデス

先◯獣珍獣

2勝5敗でした。忍者デッキ童貞とはいえ酷すぎでした。赤とハンデスばっかですね。虚弱ユニットばっかりなので、焼きに弱すぎです。最初の3連敗で、後攻は信玄出さないと何もできないってのが分かったので4戦目からはマリガンで必死に信玄狙ったものの、肝心のニケバアル戦で信玄引けずにクソゲーされました。またまたSS1に逆戻りです(涙)。5戦目でやっと勝てましたが、信玄でしっかり守りながら密偵でガンガンアタック決めていくと強いですね。先行でも信玄はとりあえずキープしたいかもですね。デッキ自体は楽しいので、もう1回くらいは勝ちたいと思って続行。最後に獣珍獣相手に象さんのOCが完成しそうなタイミングで信玄引けて、動けなくなった相手に対して密偵+奇術師の永久ループに成功して一気に勝負を決めました。あれはマジで気持ちよかった。とりあえずJ4には復帰できました。

ここからは三日天下侍使って減ったAPを取り戻しに行く作業へ。烈火の侍入りでDOBはC。では結果です・・・

先X赤黄

先◯アレス珍獣

先◯黄単

後X三日天下侍

後◯ヒトミデメテル

後◯アレス珍獣

4勝2敗で、トータルでは6勝7敗にまで取り戻せました。AP的には微増って感じです。いきなり負けてSS1に落ちてハア?って感じでしたがね。今まで勝った記憶がなかったアレス珍獣に2勝できたのはよかった。特に最後の勝負は相手のお願いアレスが大外れして爆笑しましたよ。相手の手札で重なっているのは確認できていて、3ターン目はベルゼ出してきたので、4ターン目に出てくるのは確実という状況。相手は珍獣4体とベルゼ。こっちは初手に出したLV2加護アヤメ1体という状況。手札に拒絶があったので、無理に4体並べて拒絶するという手もあったが、ハッパでのドロー次第で確実ではなかったし、失敗したらほぼ負け確だったので、ブロナとナギ出して三日天下してターンエンド。相手は当然アレス出してきました。お願いアレスで最悪なのはナギとアヤメが防御禁止になること。すでに2点取られていたので、5点取られて負け確です。逆にナギとブロナが防御禁止になれば、アヤメは加護付きなので1点も取られずに済みます。正に天国と地獄。見事に後者でした。その後5体並べて三日天下を重ね、ジャッジメントで5点取って相手サレンダーでした。こういう勝ち方って楽しいね。あと、黄単の方は烈火いるのにジャッジ打ってサレンダーしてきました。こういう勝ち方も楽しいね。