SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

黄単呪縛雷槍

今日はミッションを片付けるために、マジックブックでブラフマーを使い回すデッキでCPU戦だけやってきました。特殊召喚のお題がまだ45も残っていたのですが、2戦でクリアできちゃいました。

今回の指定カードは以下のとおり

1.0~1.1EX1:タクティクスエンド

1.1EX2~1.3:聖騎士の雷槍

1.3EX1~PR:対空ミサイル

黄色1の無色2。タクティクスエンドは、戦闘時にお互いのトリガーゾーンのカードが使えなくなる。聖騎士の雷槍は、相手に行動権を消費しているユニットが2体以上いる場合に、アタック時に行動権を消費しているユニットに5000ダメージ。対空ミサイルは、相手がアタックしてきた時に「ブロックされない」もしくは次元干渉効果を持つユニット全破壊。タクティクスエンドはパンプを過信してそうな相手に対する奇襲としてはかなり有効。CPが重いので守りで使いづらいのが難点ではある。聖騎士の雷槍はCP0なのは評価できるが、2体行動権消費シリーズで発動条件が厳しいし、そもそも壺でよくね?って感はある。対空ミサイルはさすがに対象相手がピンポイントすぎて。滅多に当たらない忍者とかヘブンズドライブをメタってもな。

f:id:BUNNY:20150817100140j:plain

聖騎士の雷槍の効果を活かすために呪縛コントロールの黄単にしてみた。結果、行動権消費してるユニットのほとんどが呪縛かかってるので、雷槍の出番はあまりなかったという。4試合やって2回しか使わなかった。インセプに大量の4ポイントを投入してるため、オリボAにしては割といいユニットが揃ったのではないかと。マリガンは、先行はカンナか軽減パールバティー、後攻はパールバティー一択で。では結果です・・・

先〇黄単バウンス

後〇黄単バウンス

先〇侍パズズカウンター

先〇黄緑

先〇黄単呪縛

あれよあれよと5連勝。5戦中3戦が黄単ミラーでしたが、セイクリッドフィールドをかけたBP8000の加護ジャンヌでガブリエルも毘沙門も許さなかったのがでかかったし、影のMVPといえるのがマルドゥークでした。呪縛で置物になったユニットをそのままにしてる人が多くて、マルドゥークで呪縛が付けやすい上に、第2効果のバウンス効果が意外と忘れられてました。黄単は先行から主導権取ってそのままクソゲーを押し付けるのが強いのだが、先行を多めに取れたのもでかかったですね。先日自分で使って強いと思ったパズズカウンターは初めて相手しましたけど、パズズではなくソウルダンサーでバーンカウンターを発動してきました(つまり相手にとっては守りの時に)。それだと単なる最期の門なのであまり怖くはなかったですね。それにしても、パールバティー軸の呪縛コントロールデッキはハマると相手何にもできませんね。

聖騎士の雷槍は、上記したようにこのデッキだとあまりは機能しなかった。やっぱり壺でいいわ。タクティクスエンドも、このデッキはBPで殴るデッキじゃないし、そもそもブロックさせずに殴るのが真骨頂なので、これもほとんど使う場面はなかった。1回だけ使ったけど、決まった時はかなりドヤ顔できるカードではある。対空ミサイルは、そもそも発動できる相手が皆無で、魔法石の捨て石にしかならず・・・

というわけで、一昨日はトータル7勝2敗でした。J3まで後1万というところまでは到達しました。