SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

蠅魔王ベルゼブブ

今日はJ3に昇格してきましたよ~♪。誰にも見向きもされないカード使って、デッキをとっかえひっかえやってますが、このプレイスタイルがJ3でも通用するかどうか。

f:id:BUNNY:20150906084315j:plain

©SEGA

No.1-2-010 SR蠅魔王ベルゼブブ

赤 悪魔 5CP 5000/7000/9000

■蠅魔王剣・滅亡ノ瞳
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットからランダムで2体に5000ダメージを与える。
このユニットがアタックした時、ターン終了時までこのユニットのBPを+
[あなたの【悪魔】ユニット×2000]する。このユニットがアタックした時、あなたの【昆虫】ユニットを1体選ぶ。それを破壊する。そうした場合、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに5000ダメージを与える。

本日のキーカードは蠅魔王。1.2で追加されてから、長らく最強ユニットの座に君臨し続けてきたCOJ屈指の超大物。ただし、最近は新しく追加された破壊少女にその座を脅かされつつある。実際に最新のカードランキングでは11位と、約1年ぶりにトップ10から陥落してしまった。5CPで5000BPとスペック自体は低いが、その分アビリティは超強力。中でもランダム2体に5000ダメージというのがあまりに強烈で、軽減で出せる3ターン目のベルゼブブをいかに凌ぐかが各エージェントにとっての一大命題となった。それゆえ、5000BP以下のユニットには人権すらないといわれる時代となったのである。当初は秩序の盾なんてものはなかったしね。その上、CPに余裕が出る中盤以降にはベルゼからのマーヤ、レイニーなどの追加ダメージが襲ってくる。それこそシヴァとの組み合わせは極悪である。全盛期には現在のシヴァと同じく、どんなデッキにも採用される虹色ユニットと化すこととなった。アタック時には悪魔参照のBP増加があり、最低でも7000BPで攻撃できるが、この攻撃力の高さも一つの売りとなっていた。ただし、昆虫1体を犠牲にしての5000ダメージは、昆虫デッキ限定のおまけみたいなもの。

f:id:BUNNY:20150906084306j:plain

最初は悪魔と昆虫のハイブリッドデッキで、蠅魔王のポテンシャルを最大発揮とか目論んでみたが、どっちつかずの中途半端なデッキになってしまい、どっちかに特化した方がいいだろうという結論に至り、久々に昆虫デッキをやってみることにした。先日のイベントで試したのを含めてホンの数試合しかやったことなかったです。蠅魔王との相性が良さそうなグリーンアントは当然採用。せっかく3枚揃ったので限定PRのグラスホッパーBLACKも使ってみました。パズズバーンカウンターのギミックも標準搭載。リプレイを見る限り、今の昆虫デッキにはパズズカウンターはよく使われている感じ。バーンカウンター発動後にシヴァで相手だけ壊滅みたいな狙いもできそうよね。では結果です・・・

後〇巨人

後X緑単

後〇テレスレベコン

先〇海洋ブラフマー

3勝1敗でした。初戦の巨人は全体加護でパピヨンガールが封じられて厳しい戦いに。中盤に巨人の集落連発からのターミネートオーダーで苦境に立たされましたが、ここはシヴァシヴァしかないと、シヴァを出した後に手札を全部処理してのワンダフルハンド。それでも引けなかったものの、ミノタンクと生産工場でドローした昆虫でオーバーライドを繰り返してどうにかシヴァゲット。何とか5体中4体を消し炭にできた。しかし、BP13000で不屈と貫通を持ったテューポーンが残ってしまい、これはさすがに止められないので、昆虫並べてのターミネイトパズズカウンターに賭けるしかないなと昆虫をズラッと並べたら、相手が毘沙門してくれて助かりました。2戦目の緑単はミューズとヴィシュヌの秩序の盾に苦しみつつも、ターミネイトパズズカウンターでワンチャン作る。武器破壊されても大丈夫なようにバーンカウンター重ね打ちまでしたものの、土下座でヴィシュヌが起き上がっての武器破壊連打で夢破れました・・・。最後の試合は、最初のマリガンがベルゼ+トリガーインセプ3枚と事故った上に、2ターン目もトリガーインセプ2枚引いて何も出せず・・・。COJやってきて2ターン何も出せなかったほどの大事故は初めてです。序盤で3-7と厳しい戦いでしたが、その後は順調に巻き返すことができて、相手がブラフマーを出すたびにシヴァでドカーンして、どうにか逆転勝利。相手悔しかっただろうな。

昨日のトータルは5勝4敗。J3に昇格するまでやるかどうか迷いましたが、最後の試合で精神的にかなり疲れてしまったので、昨日はここで終了しました。