SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

赤青ハンデス~シャレコウベ輪廻応報

今日はアルカナ予選のためにセガワールドへ行ってきました。当日枠は確保できず、シヴァの缶バッチをもらってオメオメと退散。ホントは大会も見ていこうと思ったんですが、モニターとかないし、場所も狭いしで、これじゃ見てても面白くないので帰りました。あそこは戦国の北関東のエリア決勝とかもやった場所で、2回見に行ったけど、司会兼実況の方もいたし、センモニで観戦できたし、大会のためにスペース作ってくれてたしで楽しめたのですがねえ。もうちょいどうにかできなかったものか。

ルールの概要

・カードをバージョンで3分割し、それぞれの中から指定カードを1枚ずつ選出

・選出方法は、その時点のカードランキングの下位から順に拾っていく

・すでに指定されたことのあるカードと持っていないカードは除外

・原則ユニットは3積み、トリガーとインターセプトは2枚以上積むこと

今回の指定カードは以下のとおり

1.0~1.1EX2:リミッター解放

1.2~1.3EX1:輪廻転生

1.3EX2~PR:アルカナジェネレーター

青1無2。リミッター解放は、無色の+5000パンプだが、その代償として手札を全て捨てなければならない。輪廻転生はターン開始時に自陣のユニットを全て破壊。代わりに破壊したユニット数と同じ数のカードを捨て札から回収できる。アルカナジェネレーターは、対戦相手のターン開始時に自分のジョーカーゲージを30%上昇させる。リミッター解放は無色のパンプで+5000と破格の効果なために奇襲性はありそうだが、デメリットがあまりにもでかすぎる。輪廻転生はPIG効果をうまく誘発できれば自軍全滅のデメリットをメリットに添加することもできるが、扱いは難しそう。今ならシャドウメイジで輪廻転生からのイザナミなんてこともできなくもない、って今思いついたけど、今度やってみよ。アルカナジェネレーターは、無理に狙うよりも、CPが余ったついでに発動みたいな感じでした。何気にリミッター解放と輪廻転生は、シナジーがあるような無いような。

f:id:BUNNY:20151004193202j:plain

赤青の不死盛りハンデスです。狙いはシャレコウベを2体以上並べての輪廻転生からの因果応報。秩序の盾がいなければほぼ確実に更地にできるので、そこで因果応報をぶち込むというわけです。卑弥呼も巻き込めばCPブーストにもなる。序盤はただのハンデスを装いつつ、手元でシャレコウベをキープ。中盤以降にシャレコウベをいきなり並べて奇襲をかけるという感じです。シヴァだけはご勘弁を・・・。では結果です・・・

後 X 巨人

動画撮り忘れ。

先 ◯ 黄単呪縛?

3ターン目にダブルポイズンディナーしたら相手がサレンダー。

先 ◯ 黄単

唯一輪廻転生からの因果応報に成功した試合だったが、音声がおかしくて動画にできず。

後 X ヒトミデメテル

相性的にはいい相手だったが、ハデスが引けないままターミネートオーダーを打たれて詰み。眼差しとかコルフェとかも入れた方がいいかもな。これも音声がおかしかった。

後 X 三日天下侍

シャレコウベをイフリートで立て続けに処理されて勝ち筋が消える。シャレコウベがいなくなったところでインクル打たれて詰み。

後 X 三日天下侍

 動画撮り忘れ。

というわけで、このデッキは2勝4敗でした。輪廻応報は動画にしたかったが仕方ない。あの2試合だけが音声おかしくてね。こういうこともあるのか。輪廻転生は決まれば強いが、その前にシャレコウベを除去されちゃうとトリガーゾーンで腐ってしまうのが何とも。リミッター解放はワンハンが溜まる直前とかで使うことはあったが、基本怖くて使えない。アルカナジェネレーターはあってもなくてもいいかなという使用感で、貴重なカード枠を割いてまで入れる必要はなさげ。対加護ピンク対策のライズアンドシャインなんかはジョーカースピードに差があって、ジョーカー溜まるまでが厳しくなるので、そういう場合には欲しいかもな。

 そんなわけで今日は動画なし。