SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

悠久のゾンビ盗賊

久々の限定PR来ましたね。このくらいのペースでやるんだったら、まあいいかと思わんでもない。完全に飼い慣らされた人間の感覚ですけど(笑)。とりあえず、急いで集めないでもいいかなという第一印象。

ルールの概要

・カードをバージョンで3分割し、それぞれの中から指定カードを1枚ずつ選出

・選出方法は、その時点のカードランキングの下位から順に拾っていく

・すでに指定されたことのあるカードと持っていないカードは除外

・原則ユニットは3積み、トリガーとインターセプトは2枚以上積むこと

今回の指定カードは以下のとおり

1.0~1.1EX2:ソウル・シックル

1.2~1.3EX1:悠久の大地

1.3EX2~PR:ゾンビパウダー

青2緑1。ソウル・シックルは、自分のユニットが破壊された時に相手のユニットを2体選んで破壊できる。悠久の大地は5回使えるインセプシリーズで、戦闘時に相手ユニットのBPを-1000。ゾンビパウダーも5回使えるインセプシリーズで、相手の手札が2枚以下という条件で、場に出てきた相手ユニットの基本BPを-2000できる。ソウル・シックルは、CP6が重いものの効果自体はかなり強い。悠久の大地はパンプ代わりに使えるが、1回使うと存在が相手にバレるのがダメすぎる。ゾンビパウダーは発動条件的にほぼハンデス限定で使うことになるが、効果がハンデスと噛み合っていない感も強いが、盗賊だったら殴りにいきやすくなるので悪くはないのかも。

f:id:BUNNY:20151102092548j:plain

ゾンビパウダーが入る以上ハンデスやるしかないんだが、色的に青緑となると盗賊ハンデスで決まりでしょう。ということで、昨日の記事でやったデッキにそのままぶち込む形にしてみました。ただショータイムモロクは入りきらないので、モロクの代わりにユグドラシル入れてますけど。ソウル・シックル的にはダークテイマー入れたい気もしたが、さすがに盗賊にテイマー入れても弱いだけでしょう。では結果です・・・

後 ◯ 青レベコン

先 ◯ 昆虫オロチ

先 ◯ 赤単

後 ◯ 赤青

後 ◯ 無限ニケ

6枚の異物を入れながら5連勝。昨日の1勝も入れると盗賊で6戦全勝です。さすがに強いですね。どの試合も一方的で負ける気が全くしなかった。初戦はJ1のレベコン相手に後攻から7-0の完封勝利。その後の2戦は先行と取りながら連続でマリガンミスで初手に何も出せずw。ヒュプノスが全然出てこねえ・・・。2戦目は噂に聞いた昆虫オロチとの初対面でした。オロチにターミネートオーダー打って貫通と不屈を付けてきたんですが、残念ながらこちらの手札には綺麗なおねいさんが・・・。とはいえ、不屈貫通オロチはデッキによってはかなりの脅威ですね。3戦目は初手事故りながら7-0勝ち。4戦目は普通の赤だと思っていたところにハデスが出てきてちょっと焦ったが、問題なく勝利。最後はあからさまな無限ニケだったので、3点取った後はひたすら盗賊出しながら殴りにはいかずに盤面だけ固めて相手何もできず。ネクロポリス起動用と思われるダークテイマーを落としていたので、創生されても怖くはないかなとも思ってはいたが、何か別ルートがあるかもしれんしな。

というわけで、嫌われるのも納得の強さでした。悠久の大地とゾンビパウダーはところどころで使ってそれなりには役に立ってたけど、他のインセプトリガー入れた方が絶対いいのは確実。使いきらないとトリガーゾーンにずっと残るってのもこのシリーズのダメなところなんだが、それを計4枚も入れなきゃいけないってのは結構なハンディキャップになる。パンプブラフとして刺すのも躊躇いますからね。CPが余ってれば戦闘時にラグ入るから、そこで考えた振りとかできるけど(笑)。ソウル・シックルは1回しか使えなかった。ダークテイマーなんかで能動的に発動できればなあという場面がままあって、そもそも盗賊には合ってなかったなと。