SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

コネクト三日天下侍

今日はDOB更新でしたが、さっさとDOB更新前のデッキのことを書いてしまおうということで、DOBの記事は明日に回します。

ルールの概要

・カードをバージョンで3分割し、それぞれの中から指定カードを1枚ずつ選出

・選出方法は、その時点のカードランキングの下位から順に拾っていく

・すでに指定されたことのあるカードと持っていないカードは除外

・原則ユニットは3積み、トリガーとインターセプトは2枚以上積むこと

今回の指定カードは以下のとおり

1.0~1.1EX2:ショックライトニング

1.2~1.3EX1:トリガー・コネクト

1.3EX2~PR:フォースフラワー

黄1緑1無1。ショックライトニングは、ユニットがフィールドに出た時に相手の行動済みユニット全体に3000ダメージ。トリガー・コネクトは、トリガーカードを発動した時に、同じトリガーカードを捨て札から回収。フォースフラワー(機械・3CP1000BP)は、ターン開始時にCPを+1。ショックライトニングはラグエルのインターセプト版だが、2CPの重さを考えると素直にラグエル使った方がいいってなる。ゴルクラからのシヴァ+ショックライトニングとか机上の計算では強そうにも思えるけど。トリガー・コネクトは黄昏の奇術師と違って回収対象を確定できる強みはあるがCPが1必要。奇術師と違って連続発動では回収できないので、すぐには使えないという難点もある。フォースフラワーは豊穣の風車内蔵ユニット。しかし、BPが1000しかないので簡単に除去られてしまいやすい。勿論戦闘面での期待は絶望的に低く、せめて2ターンは生き残ってCP+2くらいできないと出す意味はない。次のエラッタでBPが3000になるのが決まっているので、せめてその後で使いたかった(苦笑)

f:id:BUNNY:20151109094145j:plain

フォースフラワーを活かすなら、機械デッキでスピードシャーク+ドクターラボのアシストが欲しいなという感じだが、そこまでして出したいユニットでもないので、メインはインターセプトのどちらかということに。ショックライトニングとトリガー・コネクトも両方活用できるデッキというのが全く思いつかないので、どっちかに寄せるしかない。そうなると、使いやすさという点でもトリガー・コネクトの方が上かなと。で、回収したら強そうなトリガーカードで、黄色も入る構築ということで侍にしました。忍者もちょっと迷ったんだけど、侍の方が勝てそうだなということで。では結果です・・・

後 ◯ 忍者

先 X 赤黄

後 ◯ ドラゴン

後 ◯ 赤黄

後 ◯ 緑タッチシヴァ

4勝1敗でした。先行で負けて後攻で全部勝てた。負けた赤黄はセイクリと三日天下で黄ジャンヌ含めた4体のBPを爆上げして5-1まで追い詰め、次武蔵出して勝ち確だろうと油断していたら、シヴァ→チェイン→シヴァで更地にされて捲られた・・・。チェインとか久々に使われたので、完全に想定外。初戦の忍者はトリガーコネクトフル稼働で三日天下を5回使ってBPの暴力で勝利。久々のライジングドラゴン戦は、初手から出されたライジングドラゴンを除去するすべがなかったものの、リードを奪っていたので相手はライジングドラゴンで攻撃しないとどうにもならない状況となり、ライジングドラゴンが殴ってくるのを待って武蔵を出して一気に勝負を決めました。4戦目は相手が2ターン目まで何も出せないという大事故のおかげで楽勝。5戦目はこれまで出してはすぐに除去られていたフォースフラワーが唯一仕事をした試合。まあ、マリガンミスって後攻初手にこいつしか出せなかっただけという事情なので、ほぼ事故に近い。

ショックライトニングは、今回のデッキだと全く出番が訪れませんでしたね。トリガーコネクトは上手く回ると強かったので、ヴァルゴでも入れてトリガーを引きやすくした方がよかったかも。三日天下2枚引いてからじゃないと使えないからね。フォースフラワーはさすがに厳しすぎ。3回出したけど、2回は即撤退だったし、最後の試合もCP+2しかできなかったので、仕事したといってもギリギリ最低限って感じでした。次のバージョンでBPが3000になるけど、こいつがダメなのはBPだけじゃないからな。