SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

赤青黄巨人~蘇る無限のスパルナ

1.4EX2の結論:毘沙門最強

ルールの概要

・カードをバージョンで3分割し、それぞれの中から指定カードを1枚ずつ選出

・選出方法は、その時点のカードランキングの下位から順に拾っていく

・すでに指定されたことのあるカードと持っていないカードは除外

・原則ユニットは3積み、トリガーとインターセプトは2枚以上積むこと

今回の指定カードは以下のとおり

1.0~1.1EX2:エンジェルフェザー

1.2~1.3EX1:無限の炎

1.3EX2~PR:蘇る黒き翼

赤1青1黄1。エンジェルフェザーは、アタック成功時に相手1体をバウンス。無限の炎は5回使えるシリーズで、相手1体に1000ダメージ。蘇る黒き翼は、ユニットが場に出た時に捨て札のカードを全てデッキに戻し、インターセプトを1枚ドロー。エンジェルフェザーはCP2がネック。初手カンナから2手目エンジェルフェザーとか考えたけど、そんなことするくらいなら、2手目軽減ジャンプーの方がどう考えてもいいだろうと。無限の炎は1CPで1000ダメージだが、シヴァの焼け残りが1000や2000ってことはよくある光景なので、割りと使えるとは思う。蘇る黒き翼は、デッキが1周できるこのゲームではそれほどメリットがあるとも思えないが、スパルナみたいなデッキ枚数参照で強さの変わるカードの強化には使えるか。

f:id:BUNNY:20151118125010j:plain

今日やってきたのは、赤黄青というまずありえない色合いの巨人デッキです。スパルナを使うということで、必然的に巨人デッキということになったが、青の巨人がサイクロプスしかいないので、青はバンシー、ロキ、ツクヨミにしました。では結果です・・・

先 ◯ アリアン珍獣

後 ◯ 巨人

先 ◯ 四聖獣

後 X 黄単呪縛

先 ◯ 三日天下侍

4勝1敗でした。初戦は相性勝ちってやつで、巨人ミラーは集落でBP負けしていて厳しい序盤でしたが、相手がスルトを出してきたところでツクヨミ。そしてシヴァからのスルトアタックで一気に形勢を逆転できました。後は永遠にスルト無双って感じ。四聖獣相手は完勝で、黄単相手にはボロ負け。アリエル死ね。最後の侍は、2ターン目にOCテューポーンが完成するという引きに恵まれて序盤こそ優勢だったが、その後は次第に押し込まれ、7ターン裏で2-3という状況。ここで相手がイフリートで焼いてきたのだけど、恐らく武蔵を侍とカウントして計算しちゃったのでしょうね。2000焼け残りました。自分もたまにやる(笑)。この焼け残りのおかげで武蔵をブロックできて、負け確からの逆転勝利に繋がったというわけです。

無限の炎はシヴァやスルトからの追い打ちでかなり役に立ちました。まあ、今後も普通のデッキに入れて使いますか?と問われると微妙だけど、4ポイントのカードの中では割りと使える方だとは思います。エンジェルフェザーは全く使いませんでした。黒き翼も1回だけ使ったけど、で?っていう感じ(苦笑)。スパルナを強化したい場面なんてそれこそ序盤だけだし、強化したところで劇的に強くなるってわけでもないんだよな。