読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ティターニア

次のイベント発表されましたが、1.3以降のカード使用禁止。今回のルールは結構好き。どうせならPRも当時出ていたのだけ限定にして、より当時の環境に近づけてくれるとより良かったけど、色々面倒そうだし仕方ないかな。海底の楽園や天龍のレイアが使えないので、当時最強クラスだった祈り御供スピムは厳しいし、海洋は構築自体が無理。天敵のハンデスもその後のエラッタで打撃を受けてるし、海洋もいないしで、珍獣天国になる可能性もありますね。後は、最近影が薄くなりつつあるベルゼブブも全力全開ですな。

f:id:BUNNY:20160206134009j:plain

©SEGA

No.1-2-124 VRティターニア

緑 精霊 3CP 6000/6000/6000

■深緑の守護者
あなたのユニットが戦闘した時、このユニットのレベルに応じて以下の効果が発動する。
【レベル1~2】戦闘中の相手ユニットの基本BPを-1000する。
【レベル3】対戦相手の全てのユニットの基本BPを-3000する。
レベル3の効果が発動した時、このユニットのレベルを-2する。

本日のキーカードはティターニア。通称「春の訪れおばさん」。最新のカードランキングは167位で、ここのところは1ポイント安定。元々使用率の高いカードではあったが、昨年1月のエラッタで、BPが5000から6000に上方修正されてベルゼラインを突破。その後しばらくは100位以内に定住していたが、激戦区の緑3CPのレギュラー争いにあって、最近はあまり見かけなくなっている。場にいると、このユニットに限らず戦闘時に相手ユニットの基本BPを-1000でき、レベル3の時に戦闘すると相手の全ユニットの基本BPを-3000するというオーラブレード効果を発動できる。ただし、この効果を発動するとレベル1に戻る。滅多に発動することがないため、相手してて忘れることがよくあり、自分は過去に2回ほど「アッ・・・」ってなったことがあります(笑)

f:id:BUNNY:20160206135429j:plain

以前にイベント戦でやった基本BPをさげまくるネタデッキを全国でもやってみた。あの時はインターセプトもそれ系のカードで固めたが(スパイダーネットまで入れていた)、さすがに今回は全国なのでそこまではやってません。前回のイベント戦でまさかのフィニッシャーとなったバルバトス先輩は外せませんね。お守り代わりですけど。あと、前回は外していたスサノオですが、さすがに今回はエース級の待遇で入れてます。そのために戴冠式も2枚積んでるし。後は、緑フェリアとミューズのコンビも外せない。

勝 先攻 5-0 J3 まりね(?)海洋珍獣

珍獣相手だったので、2ターン目に軽減で早目にフェリア出してみたが、海洋珍獣だとそれほど効果的でもないなって感じで、その後は出すのはやめました。試合はミューズが欲しいのに全然引けなかったのがキツかったです。4ターン目には他に出すのがなかったのもあるが、バルバトス先輩チーっす。中盤はヴィシュヌばっか引いてきて、こっちがヴィシュヌを出せば、相手がツクヨミという展開が続く。スサノオを引けばいつでもフィニッシュという状況だったが、こちらも全然引けなかったです。勝負を決めたのは6ターン目。ノームのアタックをスルーした時点でそろそろチェイン来そうだなと思っていたが、案の定チェイン打ってきたので、待ってましたのバーンカウンター。相手はこの後のOCスターフィッシュガールでこちらを更地にする予定だったようですが、完全に目録見を崩せました。最後はヴィシュヌ3体並んだところでKPされますが、OCヴィシュヌとブレイブシールドで2点とってフィニッシュ。相手のデッキはパス回しは華麗だったが、全然シュートまでいけないって感じでしたね。

というわけで、このデッキは1戦で終了。