SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

イベント戦~ニンリル緑単

今日はイベント戦を録画してきたのですが、久々に録画失敗してました。今回はイベント戦だからまあいいでしょう。というわけで、しばらく動画はなしで。尚、艦これは予想以上に人だかりができてたので諦めて帰宅。あの中に飛び込んでプレイする勇気はさすがにない。

ルールの概要

・カードをバージョンで3分割し、それぞれの中から指定カードを1枚ずつ選出

・選出方法は、その時点のカードランキングの下位から順に拾っていく

・すでに指定されたことのあるカードと持っていないカードは除外

・イベント戦のルール上使用できないカードは除外

・原則ユニットは3積み、トリガーとインターセプトは2枚以上積むこと

今回の指定カードは以下のとおり

1.0~1.1EX2:一騎当千の神器

1.2~1.3EX2:熱愛のフェリア

1.4~PR:反攻の鷹使い

無2緑1。一騎当千の神器は、場に出たユニットの基本BPを+1000して加護を付与する。熱愛のフェリア(緑・獣・4CP6000BP)は、相手のユニットが場に出るたびに基本BPを-1000してスピードムーブを付与する。反攻の鷹使いは、プレイヤーアタックを受けた時、ライフが3以下なら相手の手札から1枚選んで破壊できる。一騎当千の神器は、セイクリッドフィールドの単体版でBP上昇も少ないが、必要CPはセイクリッドより多いという理不尽な性能。熱愛のフェリアは、ミューズとのコンボが一時話題になったが全く流行らなかった。反攻の鷹使いは、自分のライフに依存した月明封殺。現時点でピーピングできるカードはこれと苦渋の選択くらい。

f:id:BUNNY:20160427210216j:plain

今回のルール的に、どうやってハンドを維持しながら豊富なCPを使っていくかというのが課題になりそうですが、そうなるとニンリルが使える緑は相当いいんじゃないかということで緑単に。一応加護レックスというのも用意はしてあるのですが、ハンデス相手じゃなければ必要はない感じでした。フェリアミューズのコンボもいれて、後はルール的に絶対に強いであろう大いなる世界は3枚積み。以下結果ですが、録画失敗してたため、試合個別には解説できませんのであしからず。

勝 先攻 SS4 四聖獣

勝 後攻 J3 緑単

負 先攻 Q3 緑単

勝 後攻 Q3 自殺

勝 後攻 J4 赤緑

勝 後攻 S10 緑単

負 後攻 J3 無限ニケ

勝 後攻 J2 トリガーロスト

6勝2敗でした。負けた緑単ミラーは、2ターン目にスサノオ出して優勢だったんだけど、相手がレックス出してきたので、じゃあ俺もと魔法石でレックス引っ張って対抗したら、こっちのレックスだけライオンなんとかさんに潰されて逆転された(´;ω;`)ウゥゥ。毘沙門とイザナギが天敵なんだろうけど、全然黄色が出てこなかったのもよかった。トータルでも毘沙門2試合くらいしか出てこなかったような。とはいえ、中々このデッキいい感じでしたね。フェリアをエリートシーフに変えて、鷹使いと一騎当千もポイして、パンプ増やすなり、人の業いれたりしていけば更に盤石な感じです。黄色さえ来なければ。スサノオがかなり強かったので、特にオススメですよ。