読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

冥土の献上品

明日からイベント戦。とりあえず、J子の昆虫デッキをパクることにしましたw

f:id:BUNNY:20160713214535j:plain

©SEGA

1-2-091 R冥土の献上品

インターセプト 1CP

■冥土の献上品
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、あなたのユニットを1体選ぶ。それを破壊する。そうした場合、フィールドに出たユニットを破壊する。

本日のキーカードは冥土の献上品。最新のカードランキングは94位で、1ポイント安定カード。1.2で各色に追加された、出てきた相手ユニットに干渉できるカウンターカードで、その中で頻繁に使われている唯一のカードが献上品である。効果は相手のユニットが場に出た時に、こちらのユニットを1体破壊することで、出てきたユニットも破壊することができる。効果の性質上、加護持ちにも通用します。ミイラくんなどのPIG効果持ちを生贄にしたり、邪魔なウイルスの除去に使えれば、それこそ一方的に有利が取れます。

f:id:BUNNY:20160719210249j:plain

上方修正されたペルセポネーを使ってみた。ペルセポネーの能力的に献上品との相性もよい。ペルセポネーがいる場で献上品を発動すると、コスト2以下の不死ユニットを特殊召喚できるので、献上品のデメリットをメリットに変換できる。このデッキだと、シズクか玲花のどちらかが召喚されます。デッキ全体をパッと見ると、今一つ決定力に欠ける感じがするのが不安なところ。後は、今のランク帯だとそうでもないけど、盗賊の手が入ったデッキはちょっと厳しいかもな。

勝 後攻 7-2 SS2 青緑ハンデス(冥札再臨・ライズアンドシャイン)

予想通りに全く攻撃にいけない前半戦。お互いお見合いしたまま試合が進んでいきます。相手の方、ペルセポネーに親でも殺されたかの勢いで、ペルセポネーを出したそばから瞬殺していき、3体目のペルセポネーが出たところでライズアンドシャインでリセットされました。というわけで、ペルセポネーと献上品のコンボは不発でした。しかし、これでようやく試合が動き、大リーナからのOC玲花で1点追加。ここからはひたすらブラフマーで加点していき、9ターン目には献上品を発動。殺したのがエリートシーフなので微妙っちゃ微妙ですけど。最後もブラフマーで守って逃げ切りでした。しかし、ゾンビの最大の被害者ってシズクちゃんだよなあ・・・

というわけで、このデッキは1戦で終了。試合内容は微妙だったんで続行するかどうか迷ったんですけど、丁度ENがぴったり切れたので、やめておこうかなと。