SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

紫燕のミヤビ

明後日からのイベント戦はSR禁止。デッキを組んでて気付いたが、魔法石とかマーヤはSPだから使えるのか。種族系のデッキは基本的に核になるカードがVR以下というのが基本なので、そっち方面で考えてます。侍や巨人なんかはほぼフルパワーで組めそう。珍獣系統は人身御供やジョカが使えないので、苦手なカードへの対応力がなさそうで使いづらいかも。

f:id:BUNNY:20160904193720j:plain

©SEGA

2-0-039 R紫燕のミヤビ

紫 魔導士 2CP 5000/6000/7000

■清麗の飛燕
[▼2]あなたの紫ゲージが2以下の場合、このユニットはブロックされない。
■奥義・紫燕返し
このユニットがアタックした時、このユニット以外のあなたの行動権のあるユニットを1体選ぶ。それの行動権を消費する。そうした場合、あなたの紫ゲージを+2する。

本日のキーカードは紫燕のミヤビ。最新のカードランキングは346位で4ポイント安定。紫が追加された直後にテンプレが固まっていなかった時期には結構使われていたが、テンプレが固まるにつれて使用ランキングは右肩下がりです。このカードが使われない最大の理由は魔導士であることだろう。エラッタ前の純正紫の中核カードだったパイモンが、このカードを入れることによって、エリンでサーチしにくくなるというのは大きなマイナスであった。紫ゲージが2以下だとアタックがブロックされなくなるので、いわば紫版カンナともいうべきユニット。アタック時に他のユニット1体の行動権を消費すれば紫ゲージが+2されるが、行動権のないユニットは選べないし、行動権のあるユニットがいれば紫ゲージがいらなくても発動してしまう。さらに、紫ゲージが1の時に行動権消費のアビリティを使用してアタックすると、紫ゲージ3になってブロック禁止が無効化されてしまうので、その辺は注意が必要となる。てか1回やらかしたw

f:id:BUNNY:20160921103602j:plain

結構久々の紫単。先行初手はミヤビで決まり。残り1点から、ルシファーのスピードムーブを利用してのミヤビアタックで勝負を決めるのが理想形。

勝 後攻 5-0 ゴールド グレイブハンデスデリートレイド・明天凶殺)

グレイブガーディアンが沸く前に速攻。

負 先攻 0-5 プラチナ 武身(サイレンスビロウ・冥札再臨)

先攻取れたんで、喜々としてミヤビ。同時にペンダントも発動した。相手は初手クサナギ。2ターン目にもう1体ミヤビを出して、とりあえず1点とアタック。クサナギにブロックされる。一瞬はあ?となったが、行動権消費効果で紫ゲージ3になり、ブロック不可効果が消えたと。なるほど、そういうことかw

負 先攻 0-2 ゴールド ブリギッドハンデス(サイレンスビロウ・冥札再臨)

マリガンミス。序盤に全然紫ゲージがたまらず、そうなるとブリギッドに無双されるだけ・・・。サイレンスビロウで凌いだ時にはすでに1-7という絶望的状況。それでもワンチャン作って、最後にルシファーでナスとニャザード以外が2体召喚できれば勝ちというところまでは持っていけたが、ニャザードが出てしまった・・・

勝 先攻 6-0 シルバー 紫単(サイレンスビロウ・リトルウォンド)

紫ミラーでしたが、明らかに相手のデッキの方がパワーありそう。今回は初手ミヤビから、きっちりとアタックにまで繋げることに成功。2ターン目にも1点追加して、これで隙きあらばいつでも勝負を決められる状況に。4ターン目に相手はカオスを出しての全力アタック。これは引き次第では次で勝負が決まる。ここでニャザードとナイトガーデンを引けたので、ほぼ勝負アリ。念のためにトリガーも割っておいて万全な状況で5点一気に取って勝ちました。まあ、クシタマとペンダントで紫ゲージ4にまでできてたから、ブロッカーが残っていても勝ててましたけどね。

というわけで、このデッキは2勝2敗で終了。