読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

竜魔人ドラゴニュート

COJ 動画

バージョンアップ直前番組ですが、勝氏の安定感がヤバいね。さすが解説の横綱。カード追加以外では、ジョーカーの追加、エメラルドランクの追加、DOBの変更、ターミナルにトレード募集掲示板、イベント用のスペシャルルール、1.3オールパックの常設などが新要素となる。しかし、動画アップ勢としては、一番の注目はあのユニットのズーム機能。試合中にできるだけズームして視聴者サービスしていきたいけど、今以上にプレミが増えそうで怖いw

f:id:BUNNY:20161012075153j:plain

©SEGA

2-0-043 VR竜魔人ドラゴニュート

紫 亜竜 5CP 4000/6000/8000

■魔炎弾
[▲3]このユニットがフィールドに出た時、あなたの紫ゲージが3以上の場合、対戦相手のユニットからランダムで3体に5000ダメージを与える。あなたの紫ゲージを-3する。
このユニットがアタックした時、対戦相手の全てのユニットに1000ダメージを与える。
■竜魔人の覚醒
[▲2]あなたのターン終了時、あなたの紫ゲージが2以上の場合、このユニットの基本BPを+2000する。

本日のキーカードは竜魔人ドラゴニュート。最新のカードランキングは114位で現在は2ポイントで安定。紫属性の追加当初は、数少ないフィニッシャーの1枚として重宝されていたが、2.0EX1でカオスとエリスが追加されたため、やや一線からは後退した感が強い。効果は、CIPで相手3体にランダムで5000ダメージを与えるという紫のベルゼブブ。ただし、紫ゲージが3以上必要で、効果が発動するとゲージを3消費してしまう。つまり、お手軽には連発はできないということ。とはいえ、アタック時にも相手全体に1000ダメージを与えられるので、進化ユニットで即時アタックが可能ということを考慮すれば、実質的には6000ダメージである。BPは5CPで4000BPと低いが、紫ゲージを2以上あればターン終了時に基本BPが+2000されるし、そもそも基本出落ちなユニットなので、すぐに除去されても痛くも痒くなかったりする。

f:id:BUNNY:20161010190246j:plain

先日mondialさんが電撃アーケードで公開していた紫単を丸パクっております。

勝 先攻 6-0 ゴールド 紫単(ブレイブシールド・サイレンスビロウ)

紫ミラーでしたが、こちらが終始先手先手で快勝。

勝 後攻 1-0 ゴールド 青黄紫アリアン珍獣(ワンダフルハンド・ルインリード)

序盤は劣勢で、4ターン目にアリアン出されてからは防戦一方。アリアンを処理できるカードが全然引けず、特にドラゴニュートだったら一発解決なので欲しかったのだが、デッキの底で眠ったままという。ただ、4ターン目の返しは、パープルバニーがいたんだから、プレリュードかニードルレイン狙いでナスを最初に出すべきでしたよね。結果ナスでチェイン・オブ・マリス引きましたけど、1回バウンスするだけでも違っただろうし。5ターン目で一旦サイレンスビロウで一息つけましたが、すぐに第2のアリアンが出てきてライフは1-7。後がなくなり、ドラゴニュート必須の状況で、オーバーライドでようやく引けました。デッキ残り6枚にドラゴニュートが3枚いたってことかよ・・・。8ターン目に再度ドラゴニュートを出しましたが、あそこは更地にするのが最低条件でした。アリアン出てきたら諦めようと全力で殴りにいきましたが、相手のハンド1枚だったので都合よくアリアンと土台と生贄を引ける確率は低いだろうし、ワンハン打たれても、前のターンでナイトガーデン3枚使ってたので、残りCP4からアリアンを着地させる確率は更に低いだろうという希望的観測からです。こっちも紫ゲージ使い切ってて取れる時に点を取っておきたかったのでね。まあ実際、魔力解放が出てくるまではビクビクでしたけどねw

というわけで、このデッキは2戦2勝でした。