読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

虚空への回帰

来週のイベント戦のデッキを考え始めました。とりあえず、みんな大好き女神の息吹は今回は役立たずになりそうで、みんなハッピーになれますね。選ばれし者もただの何でも屋になっちゃうよ。捨札肥やし系は強そうだけど、旬の時期を伸ばすために捨札が肥えたらわざと手札を少なくするんでしょうかね?。インターセプトやトリガー類も手札で温存しておけないので、トリガー渋滞が起きそうで、そうなると聖典の恩恵が恩恵を受ける?などなど、色々模索中であります。とにかく、毎ターン手札が変わるため、運ゲー要素は高くなりそうですかね?。特に先攻は2ターン目とか事故りそうで怖い・・・。マリガンでインセプとか引いていても、トリガーゾーンには刺さない方がいいかもね。

f:id:BUNNY:20161103220256j:plain

©SEGA

1-3-047 R虚空への回帰

インターセプト 0CP

■虚空への回帰
対戦相手の効果によってあなたのユニットが消滅した時、あなたはカードを2枚引く。
あなたのターン開始時、あなたはインターセプトカードを1枚引く。

本日のキーカードは虚空への回帰。最新のカードランキングは447位で、今期は4ポイント。8ポイントになると一気に使用率が跳ね上がるルーパーです。相手の効果でユニットが消滅した時に0CPで2ドローできる、対黄色のメタカード。黄色以外でも、人身御供やシズク、ライズアンドシャインが対象となる。黄色以外には使えないかというとそういうわけでもなく、ターン開始時にインターセプトをドローすることができるため、消滅を使ってこなさそうな相手にも腐ることはない。元々このインセプドローの効果はなかったが、エラッタで追加された。トリガーではないので、好きな時に任意で発動できるのも使いやすい。

f:id:BUNNY:20161103221949j:plain

先日、電撃アーケードでmondial氏が公開していた黄単を、ほぼそのままパクってみた。自分はインドラと花の高原の枚数が1枚ずつ足りなかったので、その穴を虚空への回帰で埋めたというわけである。今期は割りと黄単が流行ってるっぽいので、4ポイントでも使ってみる価値はありそう。先日ゲーセン行った時のリプレイが黄単ばっかりだったし。

負 先攻 0-4 プラチナ 侍(ブレイブシールド・サイレンスビロウ)

相手は侍使いで有名なランカーさん。4ターン目にびっくりクッキングでナギに無我と固着を付けられてしまう。まだOCシヴァやゼウスで対処は可能だったが、すかさずサツキとアヤメが出てきて、ナギをどうこうすることが不可能となってしまった。ならばと、どきどきテイスティングを構えて殴りにいったが、大自然やジズでナギがどんどん巨大化したため、上から殴るのも不可能となってサレンダー・・・

勝 後攻 6-0 ゴールド プロメテ珍獣(インペリアルクルセイド・インペイルメント)

OC珍獣ということで、人身御供や両成敗で虚空への回帰の発動チャンスもあるかなとは思ったが、2ターン目頭でさっさとインセプドローしました。3ターン目にOCドンペローネとOCカンナで一気に4点取られてしまったが、これは自分の注意不足でした。ちゃんと相手の捨札を確認してればOCカンナが完成していたことは分かっていたはずなので、本来ならシヴァで相手を更地にしておくべきだった。とりあえず、インドラで更地にして一旦落ち着く。ここからは明天凶殺のタイミングを伺いながらの試合展開。相手のジョーカーが怖かったのだが、インクルだったのでとりあえずは一安心。そして、6ターン目に満を持して放ったクリス明天で一気に形勢逆転。最後にLV2プロメテウスが出てきてびっくりした。ゴールドメイデンとか万が一出てきたら嫌だったので、一応デススピを打っておく。すると、もう1体のプロメテウスが出てきましたが、これならOCシヴァで勝ち確でした。

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。