読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

銀翼のクリス

いよいよ明日から三国志大戦が稼働ですね。とりあえず、明日はCOJの今バージョンやり収めをしてくる予定なので、三国志は様子だけ見てこようと思ってます。

f:id:BUNNY:20161205094337j:plain

©SEGA

1-4-310 VR銀翼のクリス

黄 天使 4CP 6000/7000/8000

■純真な心のままに
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のトリガーゾーンにあるカードを全て手札に戻す。
■銀翼転身
このユニットが破壊された時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、対戦相手のコスト2以下のユニットを1体選ぶ。それをあなたのフィールドに【複製】(フィールドにいるユニットを参照し、同じものを【特殊召喚】する)する。

本日のキーカードは銀翼のクリス。最新のカードランキングは73位で、ここのところは3シーズン続けてのトップ100入り。2.0になってからやや落ち着いていた使用率がここにきて上昇気配を見せている。アビリティが2つあり、まずはCIPで相手のトリガーゾーンのカードを全て手札に戻すことができる。単純に創世やデススピなどの相手のトラップを回避できるだけでなく、相手の手札を圧迫することで次ターンのドローを阻害するという効果もあるし、手札からあぶれたカードは捨札にいくので、状況によってはトリガー破壊効果まで付随する。アンフェア・タックスも決めやすいし、クリスからの明天凶殺は黄単の必殺技となっている。これだけでも充分強いのだが、さらにはPIGとして、相手のコスト2以下のユニットを複製できる。効果で破壊された時だけでなく、戦闘での破壊でも発動するのがズルい。

f:id:BUNNY:20161204032517j:plain

オリボDのシヴァをタッチしたフルパワーに近い黄単です。元々はシヴァのところはテイアーにしていたのですが、シヴァが欲しいなと思う場面が多々あったので、途中から変えてます。クリスは明天とのコンボが最大の狙いとなりますが、デススピや対価が予想される場面で使って、イザナギなどを安全に着地させることにも使えます。ルシファー対策にもなるし、とにかくいると便利なユニット。

勝 先攻 3-0 ゴールド 武身(冥札再臨・ターミネートコマンド)

勝 先攻 4-0 ゴールド 武身(トリックフィンガー・パニッシュメントブレイク)

勝 先攻 7-0 ゴールド トリコン(ヘレスカorインクル・ルインリード)

負 先攻 0-5 プラチナ 道化師(ブレシーorセクシー・ヘレスカorインクル)

勝 先攻 3-0 プラチナ OC珍獣(ルインリード・ワンダフルハンド)

負 先攻 0-4 プラチナ 神獣黄単(インペイルメント・ディバインシールド)

勝 後攻 2-1 ゴールド 機械(ブレイブシールド・ヘレスカorインクル)

勝 後攻 5-0 プラチナ ハンデス(パニッシュメントブレイク・エイミングクラッシュ)

勝 後攻 5-0 プラチナ シズクブラフマー(パニッシュメントブレイク・冥札再臨)

勝 後攻 5-0 ゴールド ブリギッドハンデス(明天凶殺・ワンダフルハンド)

負 先攻 0-6 プラチナ 武身(ワンダフルハンド・ヘレスカorインクル)

勝 先攻 5-0 ゴールド 血染め代償珍獣(ディバインシールド・ルインリード)

勝 後攻 2-0 ゴールド 道化師(ワンダフルハンド・ブレイブシールド)

勝 先攻 4-0 シルバー 緑単(ブレイブシールド・サイレンスビロウ)

負 後攻 0-5 ゴールド 黄単(ワンダフルハンド・スターライト)

勝 先攻 3-0 シルバー 赤黄(パニッシュメントブレイク・エビルガンビット

勝 先攻 3-0 ゴールド ブリギッドハンデス(パニッシュメントブレイク・明天凶殺)

負 先攻 0-3 プラチナ 武身(サイレンスビロウ・セイクリッドシールド)

負 後攻 0-5 ゴールド 黄単(インサイトストライフ・ヘレティックスカー)

勝 先攻 5-0 シルバー フルーレルシファー(トリックフィンガー・ブレシーorセクシー)

勝 先攻 4-0 ゴールド ブリギッド緑(ブレシーorセクシー・ライズアンドシャイン)

負 先攻 0-5 ゴールド カーバン育成(マッシヴサージ・スターライト)

負 後攻 0-4 ゴールド 紫単(ワンダフルハンド・サイレンスビロウ)

勝 後攻 5-0 シルバー 昆虫(パニッシュメントブレイク・ワンダフルハンド)

勝 後攻 3-0 シルバー ブリギッド緑(ワンダフルハンド・ブレシーorセクシー)

勝 先攻 6-0 ゴールド 紫単(ワンダフルハンド・サイレンスビロウ)

負 先攻 0-6 エメラル 武身(インサイトストライフ・ヘレスカorインクル)

負 先攻 0-7 ゴールド 侍(サイレンスビロウ・ブレシーorセクシー)

勝 先攻 3-0 ゴールド ニケ道化師(ヘレスカorインクル・ライズアンドシャイン)

勝 先攻 5-0 ゴールド 巨人(サイレンスビロウ・ブレシーorセクシー)

勝 先攻 6-0 ゴールド ブリギッド武身(ヘレスカorインクル・ワンダフルハンド)

負 先攻 0-5 ゴールド ブリギッドハンデス(マッシヴサージ・スターライト)

勝 後攻 2-0 ゴールド フレイミー珍獣(ワンダフルハンド・ブレイブシールド)

勝 後攻 2-0 ゴールド ブリギッドハンデス(ワンダフルハンド・ブレイブシールド)

負け分を取り戻すために使っていたデッキです。エラッタ前は鰤ハンがその役割を担ってましたが、エラッタ後は選ばれ黄単を使ってます。鰤ハンほどは安定して勝ててませんけど。ということで、結構な数やりました。シヴァに変えたのは、神獣黄単に負けた6戦目の後から。

動画はケツから4戦目の対ブリギッド武身戦となります。序盤はロンギヌスがどうしようもなくて、3ターン目で一気に4失点。4ターン目にようやく加護イザナギを立てて落ち着くことができました。しかし、どうも相手のデッキに加護イザナギに対応できるカードがないっぽくて、ここからはひたすら俺のターン。5ターン目はまだ相手のジョーカーが溜まってなかったので、とりあえず明天クリスを打っておく。6ターン目はインドラが欲しくてカパエルを2体出したが引けなかったので、ウィンディでダークプリーストに加護を付けつつインドラを回収。7ターン目は、インドラ出そうかと思ったら、アルカナの墓標のドローでアポロンを引いたので、ブリギッドをコピーしてブリギッドを焼く。8ターン目はシヴァで相手のフィールドを更地にし、一気に逆転。これで勝負アリって感じでした。

というわけで、このデッキは今のところ、23勝11敗という戦績です。