SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

虹色のキャンバス

明後日からイベント戦ですが、今のところは全然デッキを考えていない。イベントルールに特化したデッキではなく、何かお試ししたいデッキを使う感じでいこうと思うので、今まで触ったことがなかった代償系のデッキはやっておこうとは思ってます。当たった人、ごめんなさい。今から謝っておきます。

f:id:BUNNY:20170203101630j:plain

©SEGA

1-3-043 SR虹色のキャンバス

無 トリガー 0CP

■虹色のキャンバス
あなたのユニットがフィールドに出た時、それの属性に応じた以下の効果を与え、基本BPを+1000する。
赤属性:【不屈】
黄属性:【貫通】
青属性:【スピードムーブ】
緑属性:【無我の境地】

本日のキーカードは虹色のキャンバス。最新のカードランキングは387位で、ここのところは4ポイントで安定。場に出たユニットの基本BPを+1000した上に、属性によって特定のキーワード能力を付与することができる。赤は不屈、黄色は貫通、青はスピードムーブ、緑は無我の境地。カードの絵柄にあるパレットには、ちゃんと紫も描かれているが、今のところは紫にはまだ対応していない。4色の中でも、スピードムーブの青で飛び抜けて使われており、当時は青色のキャンバスとも揶揄されていたたほどだった。元々、レベコン型の海洋デッキで使われることが多かったが、メイメイやラダマンティスの追加でレベコン海洋が復権しつつあり、最近はチラホラ見かけるようにはなっている。ジョカで相手を一掃した後に使えば1点確定なので好相性だが、それがこのカードの全盛期にはなかった新たな得点源にもなっています。

f:id:BUNNY:20170208193420j:plain

レベコン型の海洋デッキです。本来ならラダマンティスをフル投入したいところだが、まだ1枚しか持ってないので、代わりにハデスを2枚入れてます。早く完全体になりたい・・・

勝 先攻 7-0 K6 侍(ヘレスカorインクル・ターミネートコマンド)

緑紫?の珍しい形の侍デッキ。しかし、最速のサリエルで相手のナギとルキフグスを葬ると、後は一方的な展開。相手のデッキがどんな感じなのかも分からぬままに、試合終了。

負 先攻 0-6 K7 武身(エビルガンビット・インペイルメント)

初手ヴォジャノーイで海底の楽園を発動。ここで花の高原引いたのだが、そのままターンエンド。その瞬間に高原刺しておいた方がよかったなあと思ったところにレーヴァテイン。手札に大リーナがいたので、高原刺してれば上手く返せたんだけどな。結局1テンポ遅れて刺した高原は、レーヴァから転身したトリシューラの餌食になるし、全てが後手後手に回ってしまい、後はチャンスらしいチャンスもなくサレンダー・・・

勝 先攻 4-0 K8 武身(チェックメイトアクト・マッシヴサージ)

マリガンはイマイチで初手ガラテイア。相手はまた武身。2ターン目はどっちかの武身だけでも倒しておこうと、ガラテイアで殴りにいったら、クサナギの方で受けてくれたのはおいしかった。当然メイメイです。3ターン目はキャンバスリーナで2点。返しに出てきたゲイボルグに死懐石を当てる。4ターン目はバンシー引かねえかなと思って海底の楽園を発動したら引いてきたので、バンシーを生贄に、大リーナのアタックでゲイボルグを粉砕。ツクヨミも出して一気に3点。返しに相手はブリューナクを出してきたが、さすがにレベコン相手には自殺行為ですね。ロキを出して大リーナで殴れば勝ちでしたが、ロキをオーバーライドしたら大リーナ引いたので、じゃあそっちでと。

というわけで、このデッキは2勝1敗でした。1.3の頃は、こんな感じの海洋デッキをかなり使っていたので、懐かしいですね。ラダマンティスはいなくても、メイメイがいれば全然やれそうかなと。