読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

静御前

COJ 動画

今日はカードランキング更新でした。1.2のカードが完全無料配布されたこともあって、ベルゼやスサノオなどが順位をかなり上げてましたね。この2枚はエラッタで上方修正された影響もあるだろうけどね。というか、スサノオがトップ100に入ったのなんて記憶にないのだが、ひょっとして初めてだったりする?。今日からアテナの無料デッキが配布開始されるということで、来期はアテナの順位も上がりそう。

f:id:BUNNY:20170208195430j:plain

©SEGA

1-4-221 R静御前

舞姫 1CP 2000/3000/4000

■永久の待ち人
このユニットがフィールドに出た時、あなたは手札から【侍】ユニットのカードをランダムで1枚捨てる。そうした場合、あなたのデッキから【侍】ユニットのカードを1枚選んで手札に加える。
白拍子の鼓舞
あなたのフィールドに【侍】ユニットが2体以下の場合、あなたの【侍】ユニットに【不屈】と【秩序の盾】を与える。

本日のキーカードは静御前。最新のカードランキングは354位で、ここのところは4ポイントで安定。1コストの舞姫ということで、舞姫デッキ全盛時代には、起爆ユニットとして重宝されてかなり使われていた。CIPで、侍ユニットを1体選んで手札に加えることができるが、代わりに手札の侍ユニットを1体ランダムで捨てなければならない。この辺が侍デッキと組んだ時に使いづらい要素でもあるが、夫である義経の火力アップという点ではシナジーがある。また、侍ユニットが2体以下の場合、その侍ユニットに不屈と秩序の盾を付与できるフィールド効果も持っている。最近はジョカケアなどで3体エンドが常識化しているので、2体以下という条件はさほどデメリットにはなっていない。ただ、自身は侍ではない上に、2000BPという低スペックなため、簡単に除去されやすいし、鳳凰を出されると悲惨なことになるので注意が必要。

f:id:BUNNY:20170208201112j:plain

全国1位のバナナジョーカーさんが使っていて話題になっている、いわゆるバナジョSPと呼ばれるデッキです。てか、後攻のマリガン基準が全然分からないのだが・・・。とりあえず、タコ+進化どっちかorマコでやってたけど。

負 後攻 0-1 A4 青紫(明天凶殺・ワンダフルハンド)

普通の紫単かと思ってたら、唐突にラダマンティスが出てきた。残り6点あったのだが、最後にツクヨミ高原からルシファー出されて一気に6点取られて負けた・・・

負 後攻 0-1 K7 ブリギッドハンデス(サイレンスビロウ・明天凶殺)

最後に手札事故って、サリエルで一気に5点取られて逆転された。前の試合のリプレイを見ているかのような負け方・・・

勝 先攻 4-0 K9 道化師(リトルウォンド・チェックメイトアクト)

マリガン最高完璧。初手マコから、2ターン目は義経高原からのリリスで2点。相手のトリガー割ったら皆既日食とか出てきたので、ワンショ系の匂いもする。ジョーカーもリトルウォンドだし、要警戒。相手がクラウンクイーンを走らせて、トリックメイジを出してきたので、トリックメイジをリンリンと静御前で焼いて、クラウンクイーンをリリス義経で消し炭にする。こちらとしては、完璧な試合の流れになり、相手もさすがに3ターンでサレンダーしてきました。

勝 後攻 7-0 K9 紫単(ワンダフルハンド・サイレンスビロウ)

序盤でリンリンが3体並んで、一方的な展開に。こういう戦い懐かしすぎる。4CPになってから全然使わなかったけど、意外とまだまだ舞姫やれんじゃね?とも思わないでもなかった。

というわけで、このデッキは2勝2敗でした。