読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

雷神トール

新バージョンまでに、後3回はCOJやらないとな。カウントダウンキャンペーン的に。

f:id:BUNNY:20170328085433j:plain

©SEGA

1-4-110 VR雷神トール

黄 巨人 3CP 6000/6000/6000

【スピードムーブ】【呪縛】
■憤怒の雄叫び
このユニット以外のあなたの黄属性のユニットが破壊されるたび、このユニットの行動権を回復する。

本日のキーカードは雷神トール。最新のカードランキングは482位で、4ポイント安定カード。3CP6000BPにしてスピードムーブを持っているハイスペックなカードだが、その代わりに呪縛を持っているため、一旦行動権を失ってしまうと、自力では行動権を回復できなくなる。黄色ユニットが破壊されることによって、このユニットの行動権は回復できる。能動的にこの効果を利用するなら、自分のカパエルを弱肉で破壊するなどの工夫が必要となる。同じ3コストでスピードムーブ持ちのレイアがライバルとなるが、相手の行動権を奪いながらアタックできるレイアの方が、現状の黄単では有用性があって採用率も高い。種族は巨人ではあるが、巨人デッキに入っているところはほとんど見たことがありません。

f:id:BUNNY:20170328085419j:plain

ちょっと前の頂上対決で、トールを採用した珍しい黄単の試合があがっていたので、それをパクりました。どういう意図で入れているのかはよく分かりませんけど。

負 先攻 0-7 K7 武身(ブレシーorセクシー・サイレンスビロウ)

2ターン目のイザナギが、クサナギから転生したロンギヌスに追い返され、ならばと無理して捨札を肥やしてまで、ウィンディからの加護イザナギを出したら繁栄の対価で返される。画面右下ダブルタップ・・・

勝 後攻 4-0 A9 機械(ライズアンドシャイン・明天凶殺)

いきなりのフジツボ3兄弟にはびっくり。2ターン目で機械デッキだということが判明しました。3ターン目は相手の場にスティンガーもいるし、加護が欲しいということでライトニングドラゴンを出し、アポロンで2点先制。ライトニングドラゴンで返された4ターン目は、ようやく念願のインドラを引けた。これでちょっとは一安心といったところ。5ターン目はイザナギからのライトニングドラゴンで相手を無力化しましたが、ライズアンドシャインがあることを忘れてました。あそこはイザナギだけでよかったですね。高原とライドラを無駄遣いした感。ライズアンドシャインでリセットされて政宗を出された6ターン目はイザナギ。これも殴らないほうがよかったですね。そのせいで、ウィンディを無駄に場に出すハメになっちゃいましたから。7ターン目は魔法石でインドラを持ってきてトールで殴る。その前にイザナギで殴ってますが、フジツボの能力的に若干リスキーではありました。とはいえ、あそこでブロックして失敗すると2点確定で入るので、相手にとってはもっとリスキーですから、さすがにブロックはしてこなかったですがね。最後は念のため、セレクトショップで相手のトリガーゾーンを確認してからイザナギで安全に殴りに行く。相手の方が半ばやけになったか、これをブロックしてきてオーバークロックしたので、この時点で勝ちとなりました。

というわけで、このデッキは1勝1敗で終了。酷いプレイングだったのは自覚していたので、もっとマシな試合ができるまでやろうかとも思ったが、トールが活躍してたし、まあいいかなと。