読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

転生・ジークフリート

今日の2.0&2.0EX1パックは、SRが出るまで10クレかかりました。最初のマネキーニャはフォイルVR。有用なVRのフォイルだったらよかったのだが、マスティマとか微妙なやつ。で、二度目のマネキーニャで3回転してフォイルSR確定したので、よっしゃ!と思ったら神の救済て・・・。一番イラナイやつじゃん・・・

f:id:BUNNY:20170221140053j:plain

©SEGA

2-0-332 VR転生・ジークフリート

紫 英雄 4CP 6000/7000/8000

【貫通】
■オーラソード
[▲1]このユニットがオーバークロックした時、対戦相手の全てのユニットの基本BPを-[あなたの紫ゲージの数×1000]する。
■不倒の勇士
あなたが紫ゲージを消費するたび、このユニットの行動権を回復する。

本日のキーカードは転生・ジークフリート。毘沙門に続く、紫の転生シリーズ第2弾。最新のカードランキングは160位で、追加後はずっと4ポイントにとどまっていたが、このカードを使ったワンショット系の紫単が流行しだして2ポイント圏に入ってきている。転生前のジークフリートと違って、こちらは進化ではないノーマルのユニット。オリジナル同様に貫通を持っているが、不屈は受け継がれていない。オーバークロック効果は同じようなものだが、-3000固定のオリジナルと違って、紫ゲージの量でダメージ量が上下する。最大は-5000なので、紫ゲージマックスならミューズも倒せます。不屈の代わりと思われるのが、紫ゲージを消費することで行動権を回復する不倒の勇士である。この効果を利用し、ジークで殴った後にルシファーで紫ゲージを消費しておかわりするというのが、最近のトレンドとなっている。このユニットの特筆すべき所は、フィニッシャー的な能力を持ちながらも、紫ゲージを一切消費しないところで、それがルシファーとの強力なコンボを可能にしている。

f:id:BUNNY:20170403092406j:plain

頂上に載っていたのを完全にパクっております。リトルウォンドやメロディー、ガーデンなどでCPを補充して、ジークとルシファーで一気に7点取ってしまうことも可能という恐ろしいデッキです。

負 先攻 0-2 K2 ブリギッドハンデス(ワンダフルハンド・インペリアルクルセイド)

序盤に手札がジークフリートとトリガーインセプだらけになって事故るなど終始相手ペース。最後にルシファーでワンチャンあったのだけど、滅王で沈黙付けられてしまい、貫通が付かなくなってしまいジ・エンド。

負 後攻 0-7 A4 侍舞姫(ワンダフルハンド・明天凶殺)

まただよ、何でいつも手札がこうなっちゃうんだ?www

f:id:BUNNY:20170403093652j:plain

勝 後攻 3-0 A9 ゴーレム二挺拳銃(ブレイブシールド・インクルorへレスカ)

初手はかぐやを飛ばしてターンエンド。点を取られたほうがメロディー発動できるしいいだろうと思っていたが、相手のマーヤが人の業を踏んでしまったため同点のまま。そういや、人の業使ったの凄い久しぶりな気がする。3ターン目にはナスかうからナイトガーデンを連打したが、またしてもジーク&ルシファーとトリガーインセプだらけのハンドになってしまい、CPを5も余らせてターンエンド・・・。これだけ同じようなことが続くということは、運が悪いというだけで片付けられないな。で、ゴーレム二挺拳銃で一気に3失点。相手のジョーカー的に早くもリーチがかかってしまいました。4ターン目に、ルインリードしたら、ジークフリートが3枚揃う神引き。しかも、オーバーライドでブレイクハウンドを引けたのもでかかった。OCジークを出すのに青伏せが怖かったので。これでアムネシアを割って、ニードルレインからのオーラソードで相手を更地に。2点目が入ったので、これでルシファーで勝負を決める体制は整った。ただ、相手にマーヤを出されたので、ニャザードやナスかうは使えなくなったため、ルシファーの特殊召喚は使いにくい状況に。しかし、タイニードラコを引きまくれたので、4体並べてからのルシファーできっちり勝ち切ることができました。

というわけで、このデッキは1勝2敗でした。初めて使ったけど、手札事故りまくって、結構難しいという印象でした。ユニットをしっかりと引きたいから、紫の魔導書は金の神殿にした方がいいかもな。