SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ジェノサイドストーム

今日は30戦近くがっつりCOJやってきました。ときやのインペリアルパック引いてみたが、微妙な結果でした。知り合いが目の前でフォイルの赤サンビスタ引いてるし。裏山・・・

f:id:BUNNY:20170406172131j:plain

©SEGA

PR-087 PRジェノサイドストー

インターセプト 2CP

■ジェノサイドストー
あなたのユニットがプレイヤーアタックに成功した時、対戦相手の全てのユニットに4000ダメージを与える。

本日のキーカードはジェノサイドストーム。最新のカードランキングは743位で8ポイント定住カード。アタックに成功した時に、敵全体に4000ダメージを与えることがデキる、ニードルヘルの全体版。その分必要CPが2と若干重めです。アタックが確実に入るハーピーやカンナ、密偵や防御禁止でアタックが通りやすい忍者デッキや道化師デッキなどとは好相性。ただ、このカード単体の4000オールダメージだけで相手を焼き切れる盤面というのはそうはないので、パズズやシヴァなど、他の全体ダメージと重ねて使いたいところではある。

f:id:BUNNY:20170406172108j:plain

個人的に今一番のクソデッキだと思うのが、この鍛冶神道化師デッキ。今回初めて使ってみました。ONI総長やストレンジ・アイなどで自陣にウイルスを出して、そのウイルスを鍛冶神の業物でクラウンクイーンに転身させるギミックが肝。鍛冶神の発動タイミングが相手ターン終了時なため、転身したクラウンクイーンは即時アタックが可能である。この戦法に対処できないと、一方的に殴られ続けて速攻で殺されてしまうのである。相手にするとホント嫌なデッキです。

負 後攻 0-7 A8 トリガーロスト(ヘレスカorインクル・エビルガンビット

鍛冶神を割られまくって何にもなかった。3枚伏せても、当たり前のようにピンポイントで鍛冶神割ってくるしさ・・・

負 後攻 0-2 A7 黄単(明天凶殺・ワンダフルハンド)

このデッキ、呪縛もかなりキツイ。特に呪縛をばらまく上に加護で防御禁止にもできないライトニングドラゴンが天敵すぎる・・・

勝 先攻 1-0 A8 絨毯爆撃リリス(ルインリード・ヘレスカorインクル)

これが噂の絨毯爆撃入りの高原リリスデッキか。2ターン目にリリスで高原2枚でフィーバーされる。リリスで鍛冶神も割られるしで厳しい戦いだったが、3ターン目に相手が全力で殴ってきてくれたので、返しにリッパー使って逆転できました。

負 後攻 0-3 F1 赤単リリス(ブレイブシールド・トリックフィンガー)

序盤は優勢だったが、シヴァからの灼熱の大地で更地にされて息切れしてしまい、一気に逆転された。

勝 先攻 6-0 A5 武身(サイレンスビロウ・明天凶殺)

これぞ鍛冶神道化師らしいクソゲーです。初手はストレンジ・アイを出して鍛冶神を伏せる。マリガンはウイルスを自陣に設置する総長、シルフ、ストレンジ・アイのどれかと鍛冶神か魔法石なので、マリガン難度はそれほど高くない。相手は武身ですが、クサナギじゃなくてデュランダルだったのは美味しい。2ターン目に鍛冶神でウイルスをクラウンクイーンに転生させる。クラウンクイーンのアタックで道化師ユニットをドローできるので、初手に少々無理してハンド使っても回復しやすいのが強いです。ここでリッパーも出して一気に3点先制。3ターン目はジェノサイドストームを引いて、相手の場には4000BPのユニット2体という美味しい状況。緑伏せが気にはなって迷いましたが、あれがパンプだったら、その前の相手の攻撃でクサナギが相討ち覚悟で殴ってないだろという判断に至って、クラウンクイーンでアタック。無事にアタックが通ってジェノサイドストーム発動。この後、リッパーで追加点を取ろうと思ったが、相手のジョーカーゲージに気付いて思いとどまるw。最後は相手がゲイボルグしか出してこなかったので、ニケを全身凶器で走らせて勝負あり。

というわけで、このデッキは2勝3敗でした。初めて使ったにしても、思ったより勝てなかったけど、負けたのが全部後攻で、勝ったのが全部先攻。とにかく、このデッキに先攻取られた時の相手側の無力感は尋常じゃないというのは、今までやられてきた経験からも感じていたので、なるほどなという結果ではありました。