SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

フラワーアレンジメント

ようやくイベント戦完走したので、久々に全国に出たのですが、イベントの期間が長かったし、そういや随分と全国やってなかったなあと思って調べてみたら、ゴールデンウィーク以来なので、ほぼ1ヶ月振りでした。そんなやってなかったか・・・。とりあえず、A2に上がれました。

f:id:BUNNY:20170603183610j:plain

©SEGA

1-4-041 SRフラワーアレンジメント

無 トリガー 0CP

■フラワーアレンジメント
あなたのフィールドにユニットが4属性以上いる場合、以下の効果が発動する。
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたはカードを3枚引く。
あなたのターン開始時、対戦相手のユニットを2体選ぶ。それを消滅させる。

本日のキーカードはフラワーアレンジメント。最新のカードランキングは857位で8ポイント定住。SRの中ではダントツの使用率の低さを誇っている。単に弱いというのもあるが、最大の要因となっているのは、その汎用性の無さにある。効果を発動するには、場に4つの属性のユニットがいることが条件で、ユニットが出た時に発動すればカードを3枚ドロー。ターン開始時に発動すれば、相手2体を消滅と、条件が厳しい分、効果自体はかなり強い。つまり、4色以上のデッキが必須というわけだが、単色や2色のデッキが主流のCOJにおいて、4色のデッキとなるとかなり限定的であり、その数少ない4色デッキでも採用されることはほぼない。COJは4体並べるってだけでも結構ハードル高いですからね。自分も、かつてOC珍獣に入れて使ったことがあるくらいです。珍獣ならば低CPユニットばかりなので並べやすくて、このカードを発動しやすいという利点があるが、そのOC珍獣も今や見る影もない。しかし、そんな逆境のフラワーアレンジメントに救世主が現れた。コッコ珍獣である。しかも、このコッコ珍獣、従来の珍獣の並べやすさに加えて、コッコを2体も並べれば10000オーバーのユニットが5体並ぶという除去されにくさも兼ね備えており、これまでは恐らくほとんどの人が見たことがなかったであろうフラワーアレンジメントの第2効果も、発動するチャンスがあるかもしれない。

f:id:BUNNY:20170605211856j:plain

というわけで、当然コッコ珍獣です。コッコ珍獣は何度か相手にはしていたが、自分で使うのは初めてです。その気になればAくらいには持っていけそうですが、今回は初めてということもあって、控え目にBデッキ仕様で。最初はメタルウインナーをニャザードにしてたんだけど、今回のイベントで不滅つええってのを思い知ったので、メタルは外せないなと。

勝 先攻 3-0 A7 トリガーロスト(サイレンスビロウ・ブレシーorセクシー)

初手はブロナとカパ。マリガンはとりあえず、ブロナ+トリガーor一葉って感じで見てました。サンビスタに走られて1点取られますが、返しに殴り返して同点。2ターン目は、最初のドーバーデーモンで庭を使うか迷ったが、いいの引けなくても最悪カパじい出せばいいと思って我慢。結果ブロナ引けたのでいい感じに2ドローできました。このデッキはユニットが全部珍獣なので、基本庭は2ドローで使いたい。3ターン目はゴールドダルマンからのOCドンペローネで勝ち越しますが、両成敗でもよかったかなと思わなくもない。相手がトリシューラ出してきたので、両成敗やめて!って思ったけど、両成敗抜かれました。ただ、結果的にはフラワーアレンジメントダブル発動が出来たので、結果オーライ。更にはコッコを出しつつ最後の一葉でも3ドローと、一気にデッキを一周させることに成功。相手はシヴァシヴァで無理やり盤面を崩しに来ましたが、そうしないと試合が終わるからね。5ターン目は手札的に厳しかったが、庭で何とかコッコを引けました。サイレンスビロウでまた更地にされましたが、これは必要経費ということで。6ターン目も、コッコと仲間達を5体並べてターンエンド。相手の点数的に、3体残ったら勝ちという状況だったが、ついに相手の除去手段もなくなって、バッチコーイ!

というわけで、フラワーアレンジメントも綺麗に決まったので、このデッキは1戦で終了です。野球強い。