SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

勝負どころ

今日は今バージョンのやり収めしてきました。下方修正される、ルシファー、ブリギッド、勝負どころ、鳳凰の4枚の追悼も兼ねて。

f:id:BUNNY:20170614164744j:plain

©SEGA

2-1-038 R勝負どころ

インターセプト 5CP

■勝負どころ
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたは1ライフダメージを受ける。あなたの全ての赤属性ユニットに【スピードムーブ】を与え、全てのユニットに【防御禁止】を与える。

本日のキーカードは勝負どころ。通称「野球」。最新のカードランキングは93位で、猛威を奮っている割には、これが初のトップ100入りとなった。5CPと最重量級のインターセプトカードだが、ユニットが場に出た時に、1ライフダメージを犠牲にすることで、自陣にいる全ての赤属性にスピードムーブを付与し、敵味方全てのユニットに防御禁止を付けることができる。いわば、突撃の合図とジャッジメントが合体したような強力な効果である。ガード不能で、簡単に4、5点持っていかれてしまう。

その分、1ライフダメージというデメリットもあるのだが、得られるアドバンテージからすれば、こんなデメリットは微々たるものであるし、カード名の通り、ほぼ勝負を決める場面で使われるため、実質的には全くデメリットになっていないのが現状である。せいぜい、ライフが1になると使えなくなるというだけの話。当然ながら、出る杭は打たれるということで、明日のエラッタで、ライフが相手より少ない場合にのみ発動できるという条件が加わることになる。確かに現時点よりは使いにくくなるが、その決定力はまだまだ健在。赤なら1枚入れておいても損は無さそうな気はする。

f:id:BUNNY:20170614173830j:plain

COJの新バージョン特番でエラッタを知って、急遽デッキを組むことになったので、特に面白味もないリリス珍獣です。このデッキ、ジョーカーもカードも全て0ポイントなのですが、何気に0ポイントのデッキって初めて使うかも。

勝 後攻 7-0 A10 天使(シャープリィスライフ・マッシヴサージ)

相手が初手にフラミンを出してきたので、こちらは予定変更の初手フレイミー。相手が殴ってきたので相討ちに。今度はアイテールが出てきたので、これはラーで除去して先制点。ただ、3ターン目のOCシヴァをブラックホールとかいう何万年ぶりに見たカードで返されて流れが変わってしまいます。

その後は、アフロディーテで加護を付けられてしまう。シヴァを使い切ってしまったのが痛い・・・。そして、相手のマッシヴサージが溜まった5ターン目、ダウジングでガイアを引いたがCPが足りず。というか、ここまでガイアの存在を完全に忘れていた。気付いていたら、一か八かフレイミーは軽減で出していたのだが・・・。

こうなったら勝負どころでの一発に賭けようと腹をくくっていたのだが、よりにもよって相手はユグドラシルを出してきた。これでマッシヴされたら絶望的だったのだが、何故か相手はマッシヴせずにターンエンド。助かったw

当然カイアでリセットし、7ターン目のリリスとラーで残り1点まで追い詰める。さすがにサレンダーかな?と思ったが、相手の方がアサルトエンジェルとシルフの空士でマッシヴサージ。ありがたし。これで勝負どころが使えました。

というわけで、今日はプレイ時間も限られていたので、指定カードを使って勝ったら、すぐ次のカードという感じでやっていたので、試合内容に関しては、いつも以上に目を瞑ってくださいませ・・・