SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

オークション

来週から色々とキャンペーンが開始されますが、期間限定のカードセットも新たに販売される。今回は15クレジットでルシファーとカオス+紫の優秀なパーツのセット。最近のセット販売はパーツ系は3枚セットが当たり前になっていたのが、今回は微妙にケチってて、何故か2枚に抑えられている。充分お得ではあるけれど、その点で若干評価は割引かな。とはいえ、2セット買って、昇格のご褒美でもらえる紫デッキに組み込めば、フルパワーとはいかないものの、そこそこ通用する紫デッキは組めそうです。

f:id:BUNNY:20170708155702j:plain

©SEGA

PR-175 PRオークション

インターセプト 2CP

■オークション
(このインターセプトは5回使用すると捨札にいく)
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたはカードを1枚引く。
このインターセプトカードを5回使用した時、対戦相手に2ライフダメージを与える。

本日のキーカードはオークション。前回のイベント戦で配布されたPRカード。5回使えるインターセプトのシリーズで、1回ごとに2CPを使ってカードを1枚ドローできるが、それだけではなく、このカードを5回分全部使い切ると、相手に2ライフダメージを与えることができる。5回使えるインセプシリーズでは、初めて使い切った時に別の効果が発動するカードとなった。

しかしながら、2CPで1枚ドローというのは、費用対効果は非常に悪い。そのため、このカードを使うからにはヘレティックスカー効果を積極的に狙いたい。しかし、通常では1ターンで使い切るのは難しく、トリガー割りで簡単に止められてしまう。そこで出てきたのが、大航海時代とのコンボである。大航海を2枚発動してしまえば、オークションは0CPで使い切れてしまう。鍛冶神道化師に代わる新たなクソデッキの系譜として、今バージョンで注目されつつあります。

f:id:BUNNY:20170708163643j:plain

大航海オークションデッキです。マリガンは銀の神殿を見てました。コンボパーツが大航海とオークションだけなので、銀の神殿で集めてしまうのが手っ取り早い。大航海とオークションが2枚以上入ったら勝負。ここでトリガー割りされるかどうかが勝負のポイント。銀の神殿を使うので、相手にセレクトショップダークマターを引かれてしまう危険性が高いのが難点ではあるが、大航海を3枚挿せれば、セレクトショップリリスによるトリガー割りには対処可能である。後は、ハーピーなどで点を削り切れれば勝ち。

勝 後攻 0-2 A5 武身(ヘレティックスカー・ワンダフルハンド)

このデッキが初めてということもあってプレミ連発。1ターン目に銀の神殿で枠を空けるために、1枚引いていたオークションをトリガーゾーンに挿しちゃって、それじゃダメだろってなった。まあ、相手がユグドラシル立ててきたし、トリシューラも入ってたし、ちゃんとやれてても無理っぽかったが・・・

勝 先攻 3-0 FL 海洋オシリス(デリートレイド・リトルウォンド)

ジョーカーがリトルウォンドという時点で間違いなくアレだね。2ターン目は失敗でした。ドローを優先しちゃいましたけど、ここはヴィヴィアンを出して1点取っておくのがよかった。多分このデッキは、取れる時には点を取っておいたほうがいいのだろうと思う。とはいえ、2ターン目の銀の神殿で、大航海とオークションが2枚ずつ揃ったので、早速狙いに行く。3ターン目に3枚目の大航海引けたのですが、ケチって大航海は2枚しか挿さなかった。しかしながら、セレクトショップの可能性を考えたら3枚挿しちゃってもよかったかなと、ターンエンドした後にちょっと後悔しました。ただ、ダークマターの可能性を考えると、1枚でも残しておく方が挽回のチャンスはありそうなので、何とも言えませんね。ともかく、ハーピーで1点先制することができた。

4ターン目、無事に大航海発動。イシスを出してオークション発動。オークションを発動するたびにイシスの効果も発動するので、ガンガンデッキが掘れるというのも、このデッキの強みの一つだったが、さすがにこれを放置するのはマズイと見たか、相手はデストラクションスピアを発動してきました。ともかく、これで後1点取れれば勝ちとなったが、オークションでドローしていったらハーピーが2枚引けたので、後は一気にオークションを使い切り、残り1点からハーピーを出す。1体目は霹靂の調べで止められましたが、2体目を出して勝負アリ。

ただ、ここもプレミしてまして、ここはハーピー出す前にギルティアッシュでトリガー割っておくべきでしたね。まったく、ジョーカーの存在を忘れてました。

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。話題のデッキなので、1回はやっておこうと。不快指数は高いけど、そんなに強いデッキでもないかなというのが、使ってみての寸評ではある。