SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

災厄の火蜂

イベント戦は最後の週末が終わりましたが、現時点で星367個で765位。さすがに大丈夫だとは思うのですがね。やばそうなら、ラストスパートかけます。これ、運営絶対味しめたなw

f:id:BUNNY:20170824203118j:plain

©SEGA

1-3-252 VR災厄の火蜂

インターセプト 3CP

■災厄の火蜂
あなたのユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットからランダムで2体に5000ダメージを与える。

本日のキーカードは災厄の火蜂。最新のカードランキングは911位で、8ポイント定住カード。ランダムで相手ユニット2体に5000ダメージを与えるという、あのベルゼブブのインターセプト版である。当初は話題にこそなったものの、4CPという重さが嫌われて全く使われることはなかった。それもあって3CPへと軽量化されたのだが、それでも8ポイントから抜け出すことはなかった。

ネタ元のベルゼブブですら現在はほとんど見かけることもなく、単体1万ダメージが追加されても使われていないことからも、ランダム5000ダメージというのが、そもそも時代遅れの性能と言えなくもない。例えば、サンビスタからこのカードを呼び出して発動すれば、ハンド損なしの疑似ベルゼブブになるのだが、単体1万ダメージも、悪魔ユニット参照のBP上昇もないため、完全な劣化版でしかない。そう考えれば、3CPでも重いのは明白である。

とは言っても、ベルゼブブでは重すぎる、シヴァやマーヤなどとのコンボが安く済むというのは利点ではある。ベルゼブブとのコンボだって一応は可能だ。

f:id:BUNNY:20170827192929j:plain

先日相手に出てきてナルホドと思った赤単の巨人デッキに入れてみた。エンジェルビルダーでガッチガチに守りを固めてくるのではなく、火力で押しまくるという新時代の巨人デッキ。

負 先攻 0-7 HP ブリギッド大三角形(パニッシュメントブレイク・フォースリベレーション)

ベガ・デネブ・アルタイルに連撃やアンラ・マンユが加わったブリギッドデッキ。このデッキは結構強そう。アンラ・マンユがどうにもならなくて完封負けでした・・・

勝 先攻 6-0 FL 大三角形英雄(フェイクorティンクル・ルインリード)

夏の大三角形アゲイン。相手が後攻初手でデネブを出してきたので、これなら弱体化したリリスお姉さまでも焼けました。1点先制。相手はアルタイルからデネブへと繋ぎますが、デネブは煉獄炎で瞬殺。ただ、リリスは沈黙を付けられてしまった。3ターン目はエキドナとテューポーンを出して次のターンに繋げる。テューポーンはかなり久々に使いました。

そして4ターン目にバロールを出したのだが、アルタイルを綺麗に外してくれましたw。一発でも当たってればテューポーンのアタックで殺せたのに。ただ、ここで鳳凰を軽減に使ったのはいただけない。アテナが見えていたというのもあるし、確か秩序を付与する効果を誰か持ってたよね。ともかく、ここで2点を追加。相手はソウルエクスキューションからの連続トトでしたが、これはおいしい盤面になった。というわけで、災厄の火蜂が綺麗に決まりました。相手はアテナを出してきましたが、最後はタワーエクゼクトからのリッパー連続アタックで勝負を決めました。しかし、タワーエクゼクトは色々と悪さできますねえ・・・

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。