SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

冥護の領域

そういや、セガ・インタラクティブサポーターズサイトが今月でサービス終了するそうですね。今までお世話になりましたm(_ _)m

f:id:BUNNY:20170831095731j:plain

©SEGA

1-3-258 VR冥護の領域

インターセプト 0CP

■冥護の領域
対戦相手のターン開始時、あなたの全てのユニットにターン終了時まで【破壊効果耐性】(対戦相手の効果によって破壊されない)を与える。

本日のキーカードは、冥護の領域。最新のカードランキングは760位で8ポイント定住カード。相手ターン開始時に発動し、自陣全てのユニットにターン終了時まで破壊効果耐性を付与するインターセプトカード。元々は、1体限定の効果であったが、後にエラッタで全体付与へと上方修正された。エラッタ直後は結構注目されていたが、結局ほとんど使われていないのが現状である。

全体にかかるようになって、ジョカへの対策として注目された。これがあれば、ジョカを気にせずに4体以上並べてターンエンドできるのは心強い。最近ちょくちょく見るようになったインペリアルクルセイドに対しても1ターン発動を抑制できるというのもありがたい。ただ、毘沙門のスタン落ちで、このカードが刺さるのが青系統にほぼ偏ってしまったため、腐りやすくなったのは痛い。ジョカがタッチで各色に出張していた時期は、それでも需要はあったが、今はその枠はギルガメッシュの独壇場である。

というわけで、ターン開始時にインターセプトでもドローさせてください。なお、沈黙破壊のアンラ・マンユには無意味。

f:id:BUNNY:20170831101335j:plain

並べる系のデッキで使うのがいいだろうと、イベント戦では機械デッキで使用していたのですが、かなり微妙な成績だったので、まだ使ってなかった、ベガ・デネブ・アルタイルの夏の大三角形デッキに入れてみた。ブリギッド入りの大三角形です。

負 先攻 0-6 A5 加護武身(ディバインシールド・ライズアンドシャイン)

初めて使ったのもあって、どれを出したらどんな効果が発動するのかさっぱり分からずw

勝 先攻 1-0 FL エクストリームナース(タワーエグゼクト・ルインリード)

勝つには勝ったが、相手の方がクリムゾンナースからエクストリームサモンを発動して、グハったのだが、何も出てこなかったので勝てたw

やはり、いきなり全国でやるのは無理があったと実感したのと、この日はイベント戦の最後の追い込みをしなければいけないこともあったので、この後はイベント戦に逃避。イベント戦では2勝2敗という成績でした。動画はイベント戦のものとなります。全国、イベント含めて唯一の青相手でした。

先攻引いたので、初手からデネブ、アルタイルと繋ぐ。この辺の展開が楽なのはいいですね。3ターン目はアポロンヒュプノスをコピーしてターンエンド。4体並びなので、ここで冥護の領域を発動してのジョカケア。相手はどうも単なる青ではなかったようで、ここでイザナギが出てきました。となれば、4ターン目はベガからデネブと出して、相手3体を沈黙させる。この効果が一番強いね。そして再び冥護の領域。相手はハデスを出してきました。沈黙の付いているアポロンは破壊されたものの、レベル2のベガは無事でした。

5ターン目にアンラ・マンユとアルタイルを出して2点先制しましたが、これ、アルタイルを先に出してればもう1点取れてましたね。ベガとアルタイルで次元干渉効果ってのを理解してませんでしたw。6ターン目はライブ発動からの、ブリギッド攻勢で一気に相手を更地にして加点。プロメテウスでリセットされましたが、最後はエクスカリバーで決めて勝利となりました。

というわけで、イベント戦も含めると3勝3敗でした。もう少し慣れてくれば、そこそこやれそうかなという感じもある。