SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ニードルアリゲーター

f:id:BUNNY:20170901135247j:plain

©SEGA

1-3-231 VRニードルアリゲーター

緑 亜竜 5CP 7000/8000/9000

【固着】
■スーパーチャージ
このユニットがフィールドに出た時、あなたのCPを+3する。

本日のキーカードはニードルアリゲーター。最新のカードランキングは200位で、2ポイント安定カード。5CPと重めのユニットだが、場に出すとCPが3キックバックされるため、実質2CPで7000BPで固着持ちのユニットが出すことができます。いわば、大型のグラインドビートルである。だたし、元々のコストが重めなため、最序盤から出していくのは難しい。

3CPが帰ってくるということもあり、コスト3のユニットが多い連撃系のユニットとは好相性であり、実質2CPの高BPユニットなので、ブリギッドの弾としても優秀である。固着を持っているので、最近流行りのタワーエグゼクトに対して耐性があるというのも、環境的には追い風要素。ただ、同様に最近多くのデッキで採用されている死神のランプに反応してしまうので、その点は注意が必要となる。

f:id:BUNNY:20170902162712j:plain

ニードルアリゲーターに合わせてディメンションゲートを使えば、2CPで5コスユニットを召喚することができる。つまり、これでヌトが特殊召喚されたら・・・とか思ったのだが、結局連撃系のブリギッドデッキに落ち着きました。アフラ・マズダ入りです。

勝 後攻 1-0 FL 海洋ハンデス(フォースリベレーション・明天凶殺)

序盤は厳しかったのだが、アフラ・マズダが着地してからは、相手が沈黙させるかサリエル以外にアフラを除去する手段がないらしく、延々と居座り続けて、相手のグレイヴガーディアンを片っ端から消滅できて、何とか逆転勝利

勝 後攻 3-0 FL 機械(ブレイブシールド・ターミネートコマンド)

初手は早速の水着ミューズ。1点を先制された2ターン目は、プラウドドラゴンでメカだっくんを除去して同点に追いつく。3ターン目はアフラ・マズダを出してヴァルドライバーを除去しましたが、ここはヤマトタケルをオーバーライドしたのは失敗だったか。1体は後でアフラ・マズダの弾に使えば、特殊召喚の対象になりますからね。

ターミネートコマンドで勝ち越された4ターン目、消滅耐性を持ったタケミナカタに貫通が付いているというのは具合が悪いので、ここでギルガメッシュで沈黙を付けた。5ターン目はカパエル2体が邪魔くさかったので、ヴァルドライバーを出す。相手のデッキ的に沈黙はあった方がいいということで、ギルガメッシュを手札に戻しました。余ったCPで大いなる世界を狙いましたが、見事に決まる。

6ターン目は、アトゥムを出してヴァルドライバーでアトゥムを引っ込めて、アトゥムをもう1回出すということをやってみたが、よくよく考えたら相手は2体で5CPなので、2回する意味はなかったw。せっかくなので進化の奇跡(一時的にBPが上がっているユニット全てに貫通付与)を使ってみたが、2体目のアフラ・マズダを出して、2体とも除去したので、これもほぼ無意味だったな・・・。ともかく、ここで3点を取って逆転に成功しました。

相手はここでヴァイスドラッヘで加護を付けてきましたが、戻しておいてよかったギルガメッシュ。最後のフィニッシュのところで、アフラ・マズダで、このターンに出したアトゥムとギルガメッシュを弾にすれば、すんなり3点入って勝っていたのだが、ハヅキを弾にしてしまい、その時点でミスったことに気づきましたが、おかげで冥札を使ってニードルアリゲーターをレベル3にするルートができたので、結果オーライ!

というわけで、このデッキは2戦2勝でした。試合内容的には初戦の方がよかったのだが、ニードルアリゲーターを使わなかったのでね。アフラ・マズダは割りと強いね。加護があるのがズルっこい。