SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

怪盗ZERO

5日からまたイベント戦が始まるのか。今回は1.0~1.4EX3+PRということなのですが、1.0と1.1でSP化したカードは、ACでパック剥いて引き直さないと使えないってことなのか。8月のキャンペーンでAC使い切ったから、今3万ちょいしか溜まってないんですけど・・・

f:id:BUNNY:20170921194840j:plain

©SEGA

1-4-030 R怪盗ZERO

緑 盗賊 4CP 6000/7000/8000

■Zの刻印
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手はカードを2枚引く。対戦相手は手札を2枚ランダムで捨てる。
■義賊の技巧
このユニットがアタックした時、あなたは手札を1枚選んで捨てる。そうした場合、あなたはカードを1枚引く。

本日のキーカードは怪盗ZERO。最新のカードランキングは512位で、8ポイントと4ポイントのルーパー化している。今は4ポイントなので、本来は使い時ではない。かつて大流行した加護盗賊ハンデスの主力として忌み嫌われたユニットだったが、エラッタで弱体化されて以降は見る影もなくなった。相手にカードを2枚引かせてから、ランダムで相手の手札を2枚破壊するという、いわば一人統合タックス。相手の手札は減らせないが、相手の重要なカードを落とせる可能性はある。

勿論、相手の手札が6枚以上なら手札を減らすことは可能。ハンデス相手なら6枚エンドもままあるでしょう。また、サイクロプスヒュプノスなどの効果を嫌って、相手が手札をセルフハンデスしてくるような場合でも、無理矢理にハンデスして、それらの効果を引き出すことができるのは、他のハンデスカードにはない利点である。

もう1つの効果がエラッタで弱体化を食らった。元々はアタック時に手札を1枚選んで捨てて2枚カードをドローできた。その時のセリフが「フェアにいこう!」だったことも、対戦相手の憎悪を増幅させていたことは間違いない。現在は1枚捨てて1枚ドローに変更され、文字通りフェアになっている。また、元々持っていた固着もエラッタによって剥奪されています。

f:id:BUNNY:20171001162723j:plain

現状ではブリギッドハンデスのエリートシーフ枠に入れるしかないでしょうね。

負 後攻 0-3 FL 赤紫悪魔(タワーエグゼクト・ワンダフルハンド)

勝 後攻 6-0 FL レベコン(フォースリベレーション・ルインリード)

勝 先攻 5-0 A5 連撃ブリギッド(ターミネートコマンド・デリートレイド)

負 後攻 0-2 A2 ハンデス(明天凶殺・インペリアルクルセイド)

勝 先攻 2-0 A3 赤単スピム(タワーエグゼクト・明天凶殺)

動画は5戦目です。3戦目の勝利で昇格戦に突入したので、昇格戦の2戦目となります。

初手はのろいのはにわで意地悪するも、赤レイアで風穴を開けられる。しかも、2ターン目に何も出せずにあっという間に2失点。しかし、相手は何も出さずにターンエンド。もう見え見えのセクメトですね。ここでアンラ・マンユを鬼ヅモ。ここで引けてなかったらマジでやばかった。相手を更地にできたので、インセプは不発です。

4ターン目は魔手2発で相手の手札を圧縮してからの怪盗ZEROでしたが、落とせたカードはちょっと微妙か。5ターン目で相手の手札を空にして、グレイヴガーディアンタイムに突入。相手はタワーエグゼクトでリセットしてきますが、更地からなら手札が増えないので、どうぞどうぞという感じです。

ジャック・ザ・リッパーで残り2点にされたものの、まだまだ余裕。しかし、6ターン目に痛恨のミスをしてしまう。ブリギッドの後に青ユニットを出さずにタウロスを出してしまいハンデスできないというw。とはいえ、相手に手札を増やす方法もなく、完全にこっちのツボに入っていたので、後は問題なくフィニッシュできました。

というわけで、このデッキは3勝2敗でした。昇格まで後2つ!