SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

繁栄の対価

COJポケットのイベント戦はようやく目標の15000ポイントの半分まで来た。2回ほどゲーム中にスマホの電源が落ちてしまい、自分が持ってなくて使えないアンフェア・タックスを使われまくるのでストレスマッハです・・・。昨日からスマホの充電ができたりできなかったりで、多分ケーブルがイカれたんだと思う。

f:id:BUNNY:20171015093624j:plain

©SEGA

1-4-049 VR繁栄の対価

インターセプト 0CP

■繁栄の対価
対戦相手のコスト5以下の進化ユニットがフィールドに出た時、それを対戦相手の手札に戻す。フィールドに出た進化ユニットのコストが2以下の場合、手札に戻る代わりにそれを破壊する。

本日のキーカードは繁栄の対価。最新のカードランキングは386位で、最近は4ポイントに定着しつつある。進化メタカードの1つで、相手のコスト5以下の進化ユニットが出てきた時に、それをバウンスできるインターセプトエラッタによってコスト2以下の進化ユニットに対しては破壊ができるようになった。これにより、低コストの進化ユニットをバウンスしても花の高原でもう1回おかわりされる、なんてことが防ぎやすくなっている。

特にアタック時効果やフィールド効果の強力なアリアンロッドリリスなどのユニットに対しては強力なカウンターとなり得るが、CIP効果は防ぐことができないので、CIP能力の強力なゴールドクラウンやハデスなどに対してはやや効果薄か。勿論1点を防ぐ効果はある。かつて、イザナギサリエルの全盛時にはかなり重宝されていたカードだが、花の高原によって進化側に対応力が付いてしまい相対的にパワーダウンした。

エラッタによって上方されたものの、進化ユニット=フィニッシャーという概念が過去のものとなりつつある現在では、進化ユニットに頼らないデッキが増えているため、進化だけでなく広範囲のカードを見れるデストラクションスピアに完全に食われている状況である。

f:id:BUNNY:20171015100031j:plain

イベント戦です。1.4後期に流行っていたトリガーロストを再現、といきたかったが、マコとマーヤが1枚ずつしかないのでこんな感じになってしまった。未来兵器の信長と、COJポケットではすでに弱体化されたニードルヘルが健在なのが偉い。

負 後攻 0-4 MG 選ばれ黄単(セイクリッドシールド・エクリプスセイバー)

勝 先攻 3-0 A9 赤青(フォースリベレーション・タワーエグゼクト

勝 後攻 5-0 A4 武身(インサイトストライフ・スターライト)

勝 先攻 5-0 MG 赤単(スターライト・ブレイブシールド)

動画は最後の試合です。ちなみに、繁栄の対価は全国でもちょこちょこ狙っていたのですが、ホント全然使うことがなくて、今回のイベント戦の環境ならと狙ってみたら4戦中2回発動できました。(もう1つは、負けたけど黄単相手にイザナギにヒット!)やっぱり今は環境が悪いんですかね。

このデッキ、マコが1枚しかないので、先攻初手が厳しすぎることにやってて気付くw。タコかチアデビルしかないなと。この試合はチアデビルスタート。相手は未来兵器信長。ここは敢えてブロックせず。レベル1ならニードルヘルかラミエルで倒せるので、その可能性に賭けました。で、見事にラミエルをツモって、信長を焼きつつ2点返します。

相手はバアルを出してきましたが、ここで繁栄の対価が火を吹きました。3ターン目はドフリーで未来兵器信長を送り出して一気に残り1点に。相手はシヴァシヴァで盤面をリセットしてきましたが、最後になるよを引き込んでのクリスマスふぉ~ゆ~!で勝負アリ!。ザ・クソゲー

というわけで、このデッキは3勝1敗でした。今回のイベント戦はトータルで22勝15敗で星155個でした。