SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

雄大なる間欠泉

ワンダフルパックは明日までか。今回はSR一杯引けたので、最後にもう1回引いておこう。

f:id:BUNNY:20171029180102j:plain

©SEGA

PR-090 PR雄大なる間欠泉

インターセプト 3CP

■雄大なる間欠泉
あなたのターン開始時、あなたは手札をすべて捨てる。そうした場合、手札が7枚になるまでカードを引く。

本日のキーカードは雄大なる間欠泉。最新のカードランキングは530位で、4ポイント安定カード。ターン開始時に、手札を全部捨てて7枚カードをドローできる、全盛期のワンダフルハンドに近い効果のインターセプトカードです。必要CPもワンダフルハンド同様に3CPだが、ワンダフルハンドと違って、強制的に手札を破棄するため、残したいカードがあっても残すことはできない。

当然手札が枯渇した状況で使えれば、かなりのアドバンテージを得られるが、このカードを当てにして手札を大量消費したものの、トリガー割りされたり、有色インセプなので自陣を更地にされてしまうと発動できなくなってしまうので注意が必要。ただでさえ、手札消費が激しくなりがちな緑単のブリギッドデッキとは好相性だが、このカードを使った後に連撃に繋げられるという点でも相性が非常に良い。

どうせ間欠泉で捨ててしまう手札を消費することでCPを補充できるため、加速装置との相性が非常によく、大抵はセットで使われることが多い。このコンボを使う時に注意したいのは、手札が最低1枚はないと間欠泉は発動できないので、加速装置で手札を全部捨ててはいけないことです。勿論、間欠泉で7枚ドローした後に、不要なカードを切ってCPを追加補充することも可能です。

f:id:BUNNY:20171030190857j:plain

連撃ブリギッドで使ってみます。新SRのフェンリルも入れてみました。

勝 後攻 5-0 A2 リリス珍獣(フォースリベレーション・タワーエグゼクト

勝 後攻 6-0 A5 黄単(インペイルメント・エクリプスセイバー)

動画は2戦目です。

相手は何も出さずにターンエンドで、こちらの初手は軽減アクエリアスで2ドロー。相手がアポロンでコピーしてきたので、アクエリアスを撤退させて、早速フェンリルちゃんを使ってみた。分かってはいたが、で、でかい・・・。3ターン目は加速装置全ブッパからの間欠泉。ここはブリジズでコピーされたアクエリアスを除去しつつ、ライドラのBPを少しでも下げておく。これなら次のターンにギルガメッシュで倒せますから。

相手は加護イザナギをしてきましたが、アトゥムからのギルガメッシュであっさり倒す。1点先制。ゼウスで返されて同点にされるも、OCプラウドドラゴンで、ゼウスを除去しつつ再度勝ち越しに成功。その後ジリジリとした展開から、7ターン目にアトゥムから大攻勢をかけて一気に4得点。伝説の奇術師が発動したので、ひょっとしてと思ったが、やはり世界創生でした。

しかし、最後にフェンリルちゃんが手札でレベル3になった時点で勝負が決まりました。フェンリルちゃんは両成敗にやられましたが、手札にはレベル3のヴィシュヌが控えていたので問題なし。

というわけで、このデッキは2戦2勝でした。若干動画内容がドヤ気味ですけど、加速装置と間欠泉のコンボが綺麗に決まったし、フェンリルちゃんもかなり働いてくれたので、これでいいでしょうと。