SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

統制者ヴィシュヌ

今日は新型の眼差しハンデスをやってきましたが、死んだ目でひたすらハンデスしながら、定期的にイカ眼差しorイカ熾滅してれば勝てるという。サリエルだのオシリスだのラダマンティスだのアンラ・マンユなんて入れてません。ジョカですらイラネってなりました。SRはデスクラーケンが3枚だけです。そう、かなり安上がりでもあるのだ。

f:id:BUNNY:20171102164055j:plain

©SEGA

1-4-032 SR統制者ヴィシュヌ

緑 戦士 5CP 7000/8000/9000

【秩序の盾】
■森羅万象の理
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手の全てのユニットの基本BPを-2000する。
■安寧なる世のために
あなたがプレイヤーアタックを受けた時、プレイヤーアタックしたユニットの基本BPを-1000する。

本日のキーカードは統制者ヴィシュヌ。最新のカードランキングは281位。基本は2ポイント圏内にいるカードだが、たまに4ポイントに落ちることもある。CIP能力として、相手ユニット全体の基本BPを-2000するアビリティを持っている。シヴァが2CPだった時代には、シヴァで焼いて残りをヴィシュヌで片付けるという、シヴァヴィシュヌコンボが流行した。

とはいえ、このユニットの本領は守りにあった。秩序の盾を持っていて焼きに耐性がある上に、7000BPと素のBPも高い。その上に、かつてはアタックしてきた相手の基本BPを-1000する能力も持っていて、それが相手のアタックの抑止力ともなっていた。当時はミューズ、ユグドラシルと共に、緑の基本セットとまで言われ栄華を極めていたが、エラッタによって、被アタック時効果が削除されて徐々に低迷。そして、天敵鳳凰の登場で表舞台から完全に姿を消すこととなる。

エラッタによって、削除されたアビリティが復活したものの、被プレイヤーアタック時の効果に変更されている。ブリギッドとの相性も悪くないのに使われないし、戦士デッキが大流行しても使われなかった現状を見ると、元の性能に戻しても何ら問題ないと思うのだが。

f:id:BUNNY:20171102163614j:plain

ティアマト系連撃ブリギッドです。

勝 先攻 5-0 K10 トリガーロスト(ブレイブシールド・チェックメイトアクト)

勝 後攻 5-3 A3 海洋ブラフマー(冥札再臨・ボルカニックディザスター)

勝 後攻 7-0 A10 魔導士(マッシヴサージ・フォースリベレーション)

動画は2試合目。

相手は海洋。後攻初手は安定の軽減なっくる。2ターン目はアフロディーテを素出しするも、死懐石を当てられる。相手がルカちゃんでコルフェを出してきたところに、新PRの接待を打たれてゲロ。なるほどね。3ターン目はとりあえずヴィシュヌ。相手のコルフェのアタックはスルー。どうせ何かあるのだろうけど、スルーしないと、この後の後続のチャンプアタックが止められなくなりますからね。デスクラーケンかダークテイマーでも出てくるのかと思ってたらハデスでした。とりあえず1失点で済みました。

4ターン目はヴィシュヌからのプラウドドラゴンで相手を一掃し同点に。5ターン目はブリギッドからのゴーレム・プラドラで再び相手を一掃し2点勝ち越し。6ターン目は、ヴィシュヌとジズ出せば相手また更地ってのは分かっていたのだが、相手のトリガーゾーンが埋まっててスターインパクト使いたかったので、ここはとりあえずティアマトでいいかと。

7ターン目は、相手がブラフマーを出してきたが、ヴォジャノーイが3体召喚される弱い奴だったので、今度こそのヴィシュヌ&ジズで一掃。ただし、スピード違反を打たれて1点しか取れませんでした。腐食する大地からのサリエルで更地にされて1点返されましたが、エクリプスセイバーでブリギッドを回収してサリエルを除去。このムーブはほんとクソw

9ターン目も、ブラフマーされますが、トリニティとプラウドドラゴンで一掃。この時点で5-3という状況で、さすがにここから3点取られることはなく勝利となりました。

というわけで、このデッキは3戦3勝でした。これでイベントは完走です。序盤はネタに走って負けまくりましたが、最終的には24勝20敗と何とか勝ち越せました。現時点で700位台なので、フォイル目指してもうちょいやるかもしれませんが。