SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

冥裁者ラダマンティス

COJポケットの方は、ツクヨミアリアンロッドが手に入るイベント戦が明日から始まるようです。ルールはともかく、肝心のポイントですが、ノーマルを3枚ずつ手に入れるには14500ポイントが必要なのだが、8日間で貰えるチップは40枚。勝率が5割だと仮定し、確実に1枚がけをしていった場合、無課金では10000ポイントまでしかいきません。残りを0枚がけでまかなうとなると、90勝しなければいけなくなる。勝率5割なら180試合だ。つまり、無課金勝率5割で完走するには、8日間で220試合。1日平均25試合もやれってことだ。前回のイベント戦から何も学んでない・・・

f:id:BUNNY:20171104144236j:plain

©SEGA

2-0-318 SR冥裁者ラダマンティス

青 不死 2CP 5000/6000/7000

■冷酷なる裁き
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のレベル2以上のユニットを1体選ぶ。それを破壊する。このユニットが破壊された時、このユニットは捨札に送られる代わりにあなたの手札に戻る。
■選略・ジャッジガベル
このユニットがオーバークロックした時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:ターン終了時まで全てのユニットのBPを+5000する。
②:インターセプトカードを1枚引く。

本日のキーカードは冥裁者ラダマンティス。最新のカードランキングは80位で0ポイントと2ポイントの境界線上のカード。一時は勢いを失って2ポイント帯で定着しつつあったが、青紫デッキの確立で復権してきている。CIPで相手1体をレベル破壊できる単体版ハデスとも言える進化ユニット。このユニットが破壊されると手札に戻ってくるのだが、コストが2CPと軽いため繰り返し出しやすい。ブロックしてレベルの上がったユニットが再度破壊されるという無間地獄に陥るため、相手としてはこのユニットのアタックはブロックしにくいのである。

ダークテイマーとの相性がよく、青紫ではよく使われている。スルーされたラダマンティスをダークテイマーで破壊すれば、ラダマンティスを手札に戻すだけでなく、CPを消費せずに進化の土台を拠出できるからである。ラダマンティスでのアタックを考慮しなければ、ディメンションゲートも一つの手である。出したラダマンティスは破壊されて手札に戻り、他の2コスユニットが特殊召喚されて土台になる。

死ぬことも仕事の一つであり、BPも上がってしまうオーバーライドは躊躇いがちだが、オーバークロック効果も一応持っている。選略効果となっており、敵味方全てのユニットのBPをターン終了時まで+5000するか、インターセプトドローのいずれかを選択できる。このユニットが入っているようなデッキでは、ほとんど後者が選ばれるであろうが、BPを+5000しての女教師レイナや、弱者の回廊とのコンボは一考の価値ありか。

f:id:BUNNY:20171104150241j:plain

青紫レベコンの新たなおもちゃモリアーティ教授を入れた青紫デッキです。さすがにここにイカまで入れる勇気はない。DOBはB。

勝 後攻 6-0 HP ハンデス(トリックフィンガー・明天凶殺)

勝 後攻 5-0 A2 連撃ブリギッド(エクリプスセイバー・トリックフィンガー)

勝 後攻 5-0 FL 連撃ブリギッド(スターインパクト・ターミネートコマンド)

動画は2試合目です。

初手はネフティスからのニャザード。相手はブリギッドからのトリニティで焼いてきました。こちらはネフティスでゲージを溜めて、イシスでブリギッドをパクります。ギルガメッシュで沈黙させられたが、3ターン目にモリアーティを出して相手を更地にして1点を先制。ラダマンティスで3点コースもあったのだが、モリアーティ後のラダマンティスフィーバーを優先させた。

相手はアトゥム。そして、エクリプスセイバーで回収したブリギッドからプラウドドラゴンで焼いてきた。モリアーティではなく、ラダマンティスの土台になるダークテイマーを潰してきましたね。しかし、4ターン目にダークテイマーを自力でツモり、ラダマンティスでアトゥムを倒す。そしてゲージを溜めて、イシスでブリギッドをいただきました。2点追加。

そして、5ターン目。トリックフィンガーでラダマンティスを引いて勝負あり。と思ったが、ブリギッド効果で自爆。一瞬アッてなったが、もう1回出せばいいし、そもそもプルソンちゃんでも大丈夫だったので安堵したw

というわけで、このデッキは3戦3勝でした。このデッキは中々強いかも。