SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

相克のジェミニ

イベント戦が始まっておりますが、今回は前々回に続く水着ユニット回。対象カードはマコとネフティスと、どちらも出番の多いカードですね。前回は1000位内のご褒美がフォイルカードで壮絶なフォイル争いが展開されましたが、今回は星250個までいけば、全員が確実に貰えるので、前回のように、金銭的にも時間的にも負担になるようなことはないのでホッとしております。ただ、イベント戦のルールが、バトルアイコンをランダムで付ける系。前回はユニット1体でしたが、今回は全部のユニットに付けるとか。これだと不滅が付与される確率が前回よりも遥かにアップするので、ギルガメッシュは必須ですね。

f:id:BUNNY:20171119141625j:plain

©SEGA

1-4-014 R相克のジェミニ

黄 道化師 3CP 4000/5000/6000

■エレメント・ジェミニ
このユニットがフィールドに出た時、あなたのフィールドに[青/緑]属性のユニットがいる場合、それぞれ以下の効果が発動する。
●[青]
対戦相手のレベル2以上のユニットを1体選ぶ。それを破壊する。
●[緑]
このユニットの基本BPを+3000する。

本日のキーカードは相克のジェミニ。最新のカードランキングは666位で、8ポイントと4ポイントのルーパー。今期は4ポイントなので、本来なら使い時ではない。バージョン1.4の目玉の1つだったエレメント効果を持ったユニットで、場に青属性のユニットがいる時に出すと、相手のレベル2以上のユニットを1体破壊できるデスクラウン効果を得られ、緑属性ユニットがいる時に出すと、基本BPが+3000される。勿論、両方の属性がいれば、どちらの効果も得られることができる。その場合は、3CPだけで7000BPのユニットを出しながら、レベル破壊ができるという破格の能力となります。

種族は道化師だが、道化師デッキはクラウンクイーンのいる赤が主軸となるので、相性的には微妙である。エレメント効果の対象が青と緑なので、入れるなら現状はブリギッドハンデス一択といった感すらあります。なにより、3CPなのでブリギッドで引っ張ってこられる上に、ブリギッドと一緒に出せば7000BPになるため、ブリギッドの弾としても非常に優秀で、双方にとって高い相乗効果を得られる組み合わせとなっている。

f:id:BUNNY:20171121225034j:plain

というわけで、もちのろんでブリギッドハンデスです。グレイヴガーディアンも弱体化されたということで。その追悼も兼ねて。グレイヴガーディアンは自陣のユニットが2体以下じゃないと湧かなくなったので、手札を0にされてからのマウントの理不尽さは、かなり軽減されそうです。

勝 後攻 7-0 MG 連撃ブリギッド(ディバインシールド・タワーエグゼクト

勝 先攻 1-0 MG 赤黄(ソウルエクスキューション・ブレイブシールド)

動画は2戦目です。

先攻だったので、初手はフープエンジェルで軽くご挨拶。相手はマーヤ。マーヤとか凄え久々に見ました。ブロックすると魔手が発動できなくなるので、アタックはスルー。2ターン目は、魔手発動後にエリートシーフ。ブリギッドは勿体なかったが、さすがにあそこで軽減ブリギッドとかしても、タウロスを引いてしまうと悲しいことになるので、無難な選択をしておいた。とりあえず同点。

3ターン目はアンラ・マンユでもよかったが、デストラクションスピア打たれるとシャレにならない状況だったので、ここもネフィリアという無難なチョイスでした。返しに2点取られましたが、マーヤで相討ちしにきてくれたのは、こちらとしてはありがたかったです。4ターン目はアンラ・マンユを出すも、文明崩壊を打たれた直後で捨札が足りず。エリートシーフのアタックをスルーしてくれたので、魔手を発動できて、手札は1枚落とすだけで済みました。当然ここはホルスを除去。

リリスを出されてのソウルエクスキューションで沈黙を付けられ、残り1点と追い詰められた5ターン目は、アトゥムからのアンラ・マンユリリスを除去。ソウルエクスキューションを打たれたくなかったのもあり、ここはアタックせずにターンエンド。相手にフレイミーを出されて、自陣が窮屈になってしまったが、ブリギッド狙いでワンダフルハンド打ったら、ブリギッドを3枚ツモ。これならばと、OCブリギッドからのジェミニで相手を更地にして、一気に4点取って勝負アリでした。

というわけで、このデッキは2戦2勝でした。グレイヴガーディアン追悼と言いながら、1回も湧いてないけどね。