SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

忘却の遺跡

4年前に買ったPCが調子悪くなり、動画の編集ができない状況だったので、思い切ってPCを買い替えました。で、新しいPCだと今まで編集に使っていたムービーメーカーでうまく編集できないので(具体的には試合中の対戦相手の名前を隠す方法が使えなくなった)、編集ソフトも変更しました。ムービーメーカーよりも高機能で、画像の挿入とかもできたりするので、試しにデッキ画像を挿入してみたりしています。

f:id:BUNNY:20171127185852j:plain

©SEGA

1-4-125 R忘却の遺跡

インターセプト 1CP

■忘却の遺跡
あなたがプレイヤーアタックを受けた時、あなたのライフが1以下の場合、対戦相手は手札を全て捨てる。
あなたのターン開始時、あなたのライフが1以下の場合、対戦相手のトリガーゾーンにあるカードを全て破壊する。

本日のキーカードは忘却の遺跡。最新のカードランキングは387位で、4ポイント安定カード。プレイヤーアタックを受けた時、ライフが1以下の場合に発動でき、相手の手札を全て破壊することができる。発動のタイミングと条件が世界創生と全く同じこともあり、基本的に一緒に使われることがほとんどである。世界創生で盤面をリセットし、相手は手札がなくなるので、完全に相手の行動をロックすることが可能。

かつては、世界創生を打っても、余ったCPでスピードムーブや進化ユニットを出されて追撃されるということもあったが、このカードの登場で世界創生の実用性も大きく向上した。後にケルベロスやティアマトといった、相手に強制的にアタックさせることができるユニットも登場し、分かっていても防げないという状況も作れるようになっている。基本的にワンショット系のデッキで使われることが多い。それらしい怪しいデッキが、白伏せ2枚でCPを残してきたら、要注意です。

また、自分のターン開始時にも、ライフが1以下という条件で発動することができ、相手のトリガーゾーンのカードも全部破壊できる。つまり、忘却の遺跡を2枚刺しておけば、相手の手札だけでなく、トリガーゾーンも空にできるので、万が一のカウンターを阻止できる。具体的には、かつてのミカエルのような、進化カードを絡めたワンショットで人の業を食らうみたいな事故を防ぐことが可能である。追加当初はちょくちょく見たムーブだが、最近は忘却2枚伏せというのは滅多に見ることはないです。

ただし、残り2点から、武蔵のような1アタックで2点取れるユニットにアタックされたり、貫通ユニットに強制防御で殴られたり、イザナミやヘレティックスカーなど、アタックせずに点を取れるムーブをされると辛いです。

f:id:BUNNY:20171127192927j:plain

エクストリームサモンを使った無限ニケデッキです。ただ、ニケ、エクストリームサモン、クリムゾンナースで合計10CPが必要になるので、大航海時代でそれらの必要CPを下げ、それをアイリーンかフェイク×メイクでコピーして7CPに収めるという下準備も必要になります。鉱脈でもいいのだけど。手札に2枚も置いておくのが邪魔なので、こういう形にしました。

勝 先攻 7-0 ES 青紫レべコン(明天凶殺・ワンダフルハンド)

勝 先攻 0-1 FL 青紫レべコン(月花熾滅・ソウルエクスキューション)

勝 先攻 3-0 FL 赤緑(ブレイブシールド・エビルガンビット

勝 後攻 0-6 FL 連撃ブリギッド(インペリアルクルセイド・フォースリベレーション)

勝 後攻 1-0 A1 青沈黙(月花熾滅・ティンクル×リンク)

動画は5戦目です。相手は先行で何も出さずにターンエンド。こちらは、タウロスでアイリーンを確保しておく。紫電龍で1点を先制された2ターン目は、珍獣で回しつつ、魔法石で大航海を持ってきて3枚セット。3ターン目に、コストが2になったクリムゾンナースをアイリーンでコピーしておく。ちなみに、コピーするのはエクストリームサモンでもよいが、できればニケをコピーするのはやめておきたい。軽減使えば問題はないが、3CPをマイナスしておけば、7CPできっちりコンボが成立するためです。この時点で、後は世界創生を引けば準備完了となる。

4ターン目に、エビルガンビットで創生を持ってきて準備完了。ただ、まだCP的な問題と、なるべくトリガー割りを食らわないように、残り2点でケルベロスを出すのが理想なので、ここは我慢。これ以上引くカードもないので、手札6枚でターンエンドです。相手の攻撃も、万が一のこともあるので、相手のCPがある間はあまりライフを削るのはリスキーだったので、積極的に相手に得点を与えるわけにもいかず、残り3点でターンが帰ってきてしまいました。こうなれば創生と遺跡をトリガーゾーンに挿して、後はトリガーを割られないのを祈るのみ。

相手はあっさりと連続アタックしてくれて、創生忘却発動に成功。相手はトリガーゾーンにもカードがないし、こうなれば勝ち確です。最後はニケをエクストリームサモンで呼び出してのクリムゾンナースで勝負あり。

というわけで、このデッキは3勝2敗でした。