SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

幻想の里

緊急エラッタが入るようですね。PCの買い替えもあって、しばらく動画編集できない状況だったので、COJから目を離していたのですが(前期は全国を全くやってませんでした)、その間にとんでもないデッキが出てきていたのですね。

f:id:BUNNY:20171128123846j:plain

©SEGA

PR-096 PR幻想の里

インターセプト 0CP

■幻想の里
あなたのユニットがアタックした時、ターン終了時までそれに「ブロックされない」効果を与える。対戦相手のライフを+1する。(ライフは8以上にはならない)

本日のキーカードは忘却の遺跡。最新のカードランキングは817位で、8ポイント定住カード。自分のユニットがアタックした時に発動でき、相手のライフを+1するのと引き換えに、そのユニットにターン終了時までブロックされない効果を付与することができる。そのため、なんの工夫もせずに使えば、単にそのユニットを、カード1枚使って行動権を消費させただけということになってしまう。

似たような効果のカードにエラーランやスタン落ちした浮遊術というのがあるが、どちらも2CPと重めなのに対して、こちらはノーコストで打てる。それゆえのデメリットだが、向こうは向こうで使えば確実に1ライフを奪えるので、一長一短といったところ。ただ、相手のライフが7の場合、ライフは上限を突破できないのでデメリットは帳消しとなる。

このカードを使ってアドバンテージを取るには、武蔵のような2点取れるユニットのアタックに使って確実に点を取る。できればブレイブシールドと絡めて大量得点に結び付けたい。次にアタック時効果の強力なユニットで、ライフ以外のところでアドバンテージを稼ぎたい時。黄色ならアルテミスやミリアなどがそれに該当。ただ、コスパを考えると微妙。おそらく最も需要があるのはワンショット系での運用だろう。有名どころでは無限ニケと五右衛門イザナミ。無限ニケで使うならデメリットは無いに等しい。五右衛門の方は浮遊術の頃からあったコンボだが、ドリームキャッチャーが廃止されたこともあり、ノーコストで打てるのが大きなメリットとなっている。

f:id:BUNNY:20171203174742j:plain

冒頭のとんでもないデッキというのは、これに似てますけど、これはその派生系で大三角形が入ってないパターン。大三角形でオリボSは厳しくなったので、これは大三角形要素を排除して、無理やりSにしてます。完全に五右衛門イザナミに頼ったデッキですね。かなり尖ってるので扱いはかなり難しいです。戦績は書くのがめんどくさかったので、今回は省略しますが、5勝12敗と惨敗でした・・・

先行初手は軽減ヴィヴィアン。緑ユニットがヴィヴィアンとオトタチバナしかいないので、中々マリガンが成功しません。相手はアフロディーテでした。2ターン目はニコラでフラワーアレンジメントを鬼ヅモ。4色揃ったのでフラワーアレンジメントで3ドロー。それで5色目の青ユニットも引けたので、ならばとみんななかよし!を発動したが、なかよしを2枚挿してしまうミスを犯してしまいました。

相手のアフロディーテに狂戦士が付くラッキーもあったが、相手はなっくるでもう1回アフロディーテを召喚してくる。3ターン目は、みんななかよし!を発動するために、月虹のささめきでブラックナイトを持ってきたが、このカードって、1枚しか選択してない状態で決定押しちゃうと、1枚しか持ってこれないんだね・・・。神風は引き直しておきたかった。とはいえ、そこからフラワーアレンジメントを連発するなどして、一気にデッキの底までデッキを回しておいた。

そして4ターン目、神風を2枚引き入れた時点で、ゴーサインが出る。白伏せが怖かったが、ヴィヴィアンを出した時点でラグがなかったので、これならいけると。怒涛の神風4連打だからの五右衛門イザナミを決めて勝負あり。イザナミを出した時に紅蓮の命でトリガーを割っておけば100点でしたがね。

というわけで、このデッキは5勝12敗でした。うち2勝は自殺デッキですから、どんだけ負けてんだよって話ですけどね。扱いが難しくて、全くオススメしません。