SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

篤き魂・太史慈

イベント戦はフォイルがもらえる星250まで完走してきました。今回は29勝36敗と負け越しでした。イベント戦で負け越して終わったのは、去年8月の覚醒のエコーというイベント以来です。

f:id:BUNNY:20171209171236j:plain

©SEGA

PR-107 PR篤き魂・太史慈

インターセプト 0CP

■篤き魂・太史慈
あなたがプレイヤーアタックを受けた時、あなたのフィールドのユニットが4体以下の場合、あなたの捨札にある進化ユニットカード以外のコスト2以下のユニットをランダムで1体【特殊召喚】する。

本日のキーカードは篤き魂・太史慈。最新のカードランキングは466位で、4ポイント安定カード。三国志大戦TCGとのコラボカードの1つ。プレイヤーアタックを受けた時に捨札から進化以外のコスト2以下のユニットを1体特殊召喚できるインターセプトカード。無色なので、更地からでも特殊召喚できるのが、他の特殊召喚インターセプトとは違う優位性である。

かつては、無限ニケの起点としても用いられた時期もあった。太史慈2枚でニケを沸かせて返しに無限ニケという具合である。ただ、現在は他にもっと簡単な無限ニケルートがいくつも存在する上、相手のアタックのタイミング次第では、せっかく召喚した加護ニケが簡単に除去されてしまうため、安定性にも欠けるので、今ではまずこのルートの無限ニケが使われることはない。

他には、モロクやゴーレムなどの高BPユニットや、シズクや沖田などの厄介なユニットを特殊召喚するというのも活用法の1つ。召喚術系のように、アタック時には反応しないので、相手のアタックを返り討ちにすることはできないが、後続のアタックの抑制にはなる。ただ、かつては一度オートアタックをすると、状況が変化してもアタックし続ける仕様だったため、太史慈でモロクが召喚されて、後続のアタッカーがモロクに特攻していくという光景が多々見られた。自信はないけど、今の仕様だと、太史慈が発動したらオートアタックは止まるようになっていると思われます。

f:id:BUNNY:20171209175608j:plain

モロクをショウタイム、召喚術、太史慈で何度でも特殊召喚しようじゃないかというデッキ。かつては武身デッキでよく使われていたギミックですが、だったら今なら大三角形だろうと。ヴィヴィアンで召喚術用のCPを確保しやすいので、相性は悪くはなさそう。ただ、やってて思ったけど、やっぱり2枚に抑えているとはいえ、デネブがかなり邪魔してます。ヴィヴィアンやベガから引けるので、3積みのモロクよりも引いてくる確率が高い。つまりは、捨札にいる枚数もモロクより増えやすい。後は、ゼウスだったり、タワーエグゼクトだったりでリセットされた時にショウタイムで特殊召喚できるのはいいのだが、同時に新緑の召喚術を挿している時に、緑以外のユニットが出てきた時の気まずさったらない。新緑も活用するなら、緑単で組んだ方がいいかもしれません。

勝 後攻 0-2 A8 赤単(ソウルエクスキューション・パニッシュメントブレイク)

勝 後攻 0-3 K5 赤黄(フェイクorティンクル・シャープリィスライフ)

勝 後攻 0-7 A6 武身(タワーエグゼクト・デリートレイド)

勝 後攻 0-6 Q1 連撃ブリギッド(フォースリベレーション・明天凶殺)

勝 先攻 7-0 A1 自殺(リトルウォンド・ルインリード)

勝 先攻 7-0 K1 緑紫(インペリアルクルセイド・冥札再臨)

勝 先攻 6-0 A10 武身(サイレンスビロウ・ディバインシールド)

勝 後攻 6-0 A4 赤緑(ボルカニックディザスター・サイレンスビロウ)

勝 先攻 3-1 FL 紫単(トリックフィンガー・タワーエグゼクト

動画は最終戦ですが、初戦も失敗例として動画をあげておきました。最後に召喚術でモロクが召喚されていれば勝ちだったのですが、デネブの方が召喚されてしまいました。最後までモロクが1体しか引けなかったのも敗因ですね。やっぱり緑単にして、獅子王と野生の衝動を入れるってのがいいかもですね。

さて本ちゃんの動画ですが、試合時間が20分をオーバーしていたので、途中のあまり見どころのない部分は早送りにしてあります。以前の動画編集ソフトだとカットしかできなかったのですが、今使ってるのはこういうこともできるのでいいですね。8倍速ですが、一応は何をやってるのかボンヤリとは分かるかと思います。

マリガンはモロクが第1優先事項で、特に先攻の場合は、最悪何も出せなくてもいいからモロクです。後攻の場合はモロク狙いでも何も出せないというような事故はあまりないかと。で、今回はモロク+ヴィヴィアンという理想形のマリガンができました。相手は紫。で、こっちは出せるのがベガしかいなかったので、軽減でベガを出しましたが、ここはヴィヴィアンでCPが増えるから微笑みの占い師打てましたね。紫のインセプ2枚落とすチャンスだったから結構痛いミスでした。結果、ホーミングバレットの連発でヴィヴィアンとベガが落とされてしまいます。

3ターン目はデネブを出して、今度こその占い師でトリガー割り。デネブをプレリュードなどで除去されますが、今回はショウタイムを挿しているのでモロクが飛び出してきました。相手はデスワームで1点先制しましたが、太史慈でデネブを召喚させる。で、4ターン目からはしばらく早送りです。再開地点は6ターン目の相手のターン。ここまでにこちらは2点とって逆転しております。相手はタワーエグゼクトを打ってきますが、ショウタイムでデネブが召喚される。ここで緑のユニットが出たのが、こちらとしては素晴らしかった。デスワームが来たら美味しいなと思っていたところ、飛んで火に入る夏の虫。しかし、マリアでデネブがバウンスされてしまい、同点に追いつかれてしまいました。無念・・・

7ターン目は、ヴィヴィアンからアルタイルとデネブを出して横に展開。相手は力の爪痕とマリアで、こちらをヴィヴィアン1体にしたところでデスワーム。そして、今度こその召喚術モロクで返り討ちにできました。8ターン目は、アルタイル、デネブ、そしてモルドレッド。モロクは場に出ているので、モルドレッドしてもすぐに捨札に捨てれます。とりあえず、モロクをフィールドか手札でキープしていない状況でモルドレッドを出すのは厳禁です。

8ターン目はヴィヴィアンに狂戦士が付いてしまったのは想定外だったが、ベガとデネブを出してさらに優位性を高めていく。モルドレッドで殴って勝ち越しますが、タワーエグゼクトが溜まってしまうので、このターンはここまで。で、最終ターン。相手がベガのアタックをナスかうでブロックしてきたので、この時点で勝ちが確定しました。モルドレッドの強制防御でドリアードを倒しつつ1点を取り、後はライドラで残ったマリア2体の行動権を奪えばいいだけでした。ここで事件が起きる。動画を見ていただければ、間違いなくドリアードをタップしにいってるのですが、その前に真ん中のマリアのボタンに触ってしまったらしく、そっちが選択されてしまったのです。何でそうなってしまったのか自分でも分からん・・・

ともかく、これで勝ち確を逃してしまった。一応タワーエグゼクトされてもショウタイムが発動し、仮にそれを除去されてルシファーなどが出てきても、太史慈でモロクが出てくる二重の構えだったのですが、ルシファーでデスワームが召喚されたら負けじゃね?という不安もありました。しかし、事なきを得てどうにか勝てました。

というわけで、このデッキは5勝4敗でした。4連敗からの5連勝。ただ、やっぱりモロクとデネブの兼ね合いが課題ですね。