SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

傾国の美女・貂蝉

イベント戦は終わりましたが、今日含めて後3日ほどはイベント戦の記事となります。

f:id:BUNNY:20171211222945j:plain

©SEGA

PR-105 PR傾国の美女・貂蝉

インターセプト 5CP

■傾国の美女・貂蝉
(このインターセプトは5回使用すると捨札にいく)
対戦相手のターン終了時、対戦相手に1ライフダメージを与える。

本日のキーカードは傾国の美女・貂蝉。最新のカードランキングは1045位で、8ポイント定住カード。三国志大戦TCGとのコラボカードの1つで、5回使えるインターセプトシリーズとなる。発動タイミングは相手ターンの終了時で、相手にライフダメージを1つ与えることができる。5回発動できるので、1つのカードで最大5ライフダメージを与えることができるが、必要CPが5とかなり重い。

素でこのカードを使うには、自分のターンでCPを5以上残す必要があるので、自分のターンでできることはほとんどなくなってしまう。そのため、盤面的に不利な状況では中々狙いにくい。となれば、CP補充や、コスト削減などの補助も必要になってきます。CP補充では、玲瓏の鉱脈や聖典の恩恵などが候補になる。コスト削減では、大航海時代かジャック・オー・ランタンの二択になるが、大航海時代では自分のターンが終了すると効果が切れてしまうため、アイリーンやフェイク×メイクでコピーしておく必要があります。こちらの方が下準備が大変だが、ノーコストで相手に7ライフダメージを一気に与えることも不可能ではない。

トリガーコントロールデッキのダメージソースとして使う手もありそうだが、ユニットをほとんど使わないデッキなので、デスティニーコントロールの下位互換でしかない。ユニットがいても発動可能なのは利点ではあるので役立つ場面が無いとも言えないが、使い切らないとトリガーゾーンに居座り続けてしまうというのが大きなマイナスポイント。4つしかないトリガーゾーンを有効に使えなくなってしまうのだ。トリコンを使ってみれば分かるが、4つでも少なく感じるほどなのだ。そういう意味で、トリコンでの居場所もなさそうである。

f:id:BUNNY:20171210114324j:plain

大航海時代とアイリーンを使った貂蝉ワンショットデッキ。ロキやトリガーコネクトなどのトリガー回収カードも入れて大航海時代を使い回し、貂蝉のコストを0にする。できればコスト0になった貂蝉をコピーして2枚にし、一気に7点取れたら気持ちよかろうと。インセプやトリガーのドローもできて、デッキの回転も早くなりそうな大三角形を投入してある。ただ、特に大三角形のインセプドロー効果は、もうちょい積極的に使うべきでした。

勝 後攻 5-6 FL ハンデス(リトルウォンド・ワンダフルハンド)

勝 先攻 3-0 A10 青紫レベコン(月花熾滅・エビルガンビット

初戦のハンデスはマジ無理ゲーでした。動画は2戦目です。22分超えの長丁場だったので、下準備の続いた序盤は早送りしてあります。1ターン目の相手のジャック・オー・ランタン3体出しは面白かったので、そこまでは普通に再生w

とにかく、肝心の貂蝉とアイリーンが全然引けずイライライライラ。5ターン目にようやく貂蝉を引けました。では6ターン目から解説開始です。相手はモリアーティ入りの青紫でした。この時点でスコアは6-6というロースコアな展開。ホントはフェイク×メイクが使えたので、5ターン目から準備開始すればよかったのだが、イライラしすぎてスルーしてしまいました。

6ターン目はドーバーでデッキを回しつつトリガーゾーンに大航海時代をセットしてターンエンド。ただ、アイリーンも引けてたし、モルドレッドでデッキをリセットしてもよかったかもしれない。7ターン目は大航海発動で貂蝉のコストが3に。ロキで大航海を回収してからモルドレッドでデッキをリセットし、ミミを出す。さすがに相手もヤバイと気づいたのか、ここは加護+破壊耐性を選んできましたが、この効果がモルドレッドに乗ってくれたのはオイシかった。当。然ながらアイリーンでコストの落ちた貂蝉をコピーしておく

7ターン目は、ヴィヴィアンからアルタイルとデネブを出して横に展開。相手は力の爪痕とマリアでこちらをヴィヴィアン1体にしたところでデスワーム。そして、今度こその召喚術モロクで返り討ちにできました。8ターン目は、アルタイル、デネブ、そしてモルドレッド。モロクは場に出ているので、モルドレッドしてもすぐに捨札に捨てれます。とりあえず、モロクをフィールドか手札でキープしていない状況でモルドレッドを出すのは厳禁です。

8ターン目は、モルドレッドの強制防御で1点取った後に、アイリーンでコスト2に下がった貂蝉をコピー。そしてCP3を余らせて、コスト3の方の貂蝉をトリガーゾーンにセット。モルドレッドには不滅も付いてまさに無敵状態だったが、9ターン目に防御禁止が付いてしまったので殴るしかなくなる。とりあえず起動効果で強制防御を発動し、1体は削っておく。残り3点で6CP残っているので、ここで2CPの貂蝉を3回打てば勝ち。さすがに相手が一気に6点取れるとは思えず、トリガー割りさえなければイケるかなと。相手には3CPの方の貂蝉は見えていたので、モルドレッドを除去した時点で何とか生き延びたと思ったかもしれませんが、残念、その奥にもう1つ手を残していたのですよ。

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。できれば、貂蝉で7点取りたかったけど、いずれまた挑戦してみたいと思う。もちろんイベント戦で。