SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ギルティソーサラー

さて新バージョンいつものカードの引き報告会です。途中で数えるのが億劫になったので(ヘスティアの最後の1枚が全然引けなくて熱くなってしまいました)、正確にはどのくらい引いたか分かりませんが、財布の中身の減り具合からして600クレ近く引いたと思います。多分過去最高です。

炉皇女ヘスティア・・・F1N2

天竜ヘブンズドラゴン・・・N6

神槍戦騎オーディン・・・F1N2

獣王女アタランテ・・・N8

災禍の悪女・妲己・・・F1N8

というわけでかなり偏ってしまいました。フォイルも少な目だった。アタランテ9枚て・・・

※間違えました。9枚だったので妲己の方です。

f:id:BUNNY:20171222175155j:plain

©SEGA

PR-155 PRギルティソーサラー

紫 魔導士 3CP 5000/6000/7000

■リプレイスマジック
あなたの【魔導士】ユニットがフィールドに出るたび、あなたは手札を1枚選んで捨てる。そうした場合、あなたはカードを1枚引く。あなたの紫ゲージを+1する。

本日のキーカードはギルティソーサラー。最新のカードランキングは739位で、8ポイントに定住。最近増えつつある種族参照の紫ゲージ要員で、魔導士ユニットが場に出るたびにカードを1枚捨てて1枚ドローし、そうした場合に紫ゲージを+1できる。そうした場合にとあるので、手札が空の状態では効果は発動しません。このカードを1枚捨てて1枚引くという効果は、イシスで大暴れしたように強力な効果である。

元々紫という属性には、パイモンルキフグスのような強力な魔導士ユニットが存在し、更にはエリンという2コス魔導士サーチャーまで揃っている。とはいえ、紫系統の魔導士デッキというのは、まだまだマイナーな存在であり、それがこのユニットの使用率の低さにも繋がっていた。しかし、今バージョンで紫の魔導士が、SRとVRの強力な2枚を含め一気に4枚も追加された上に、ネフティスも魔導士の仲間入りを果たしている。ヌト戦士のような大ブレイクも期待できるかもしれない。

f:id:BUNNY:20171222180513j:plain

即興で組んだので、いつも以上に適当感がありますが、赤紫の魔導士デッキです。新SRのヘスティア妲己を含め、新カードをふんだんに盛り込んでみました。ネフティスを使うからには進化ユニットも入れねばということなのですが、そうなるとプルソンしか選択しないですね。

勝 後攻 1-4 HP 紫単(飛龍乗雲の拳・フォースリベレーション)

勝 先攻 3-0 MG オーディンハンデス(グラアスorリジェデリ・冥札再臨)

動画は2戦目です。ホントは負け試合でもいいから、今バージョンの第1試合をあげようと思っていたのですが、最後に相手の方に明らかな舐めプされちゃったのでボツになりました。

先攻だったので初手はネフティススタート。相手はいきなりのフープエンジェルからのはにわというハンデス爆撃。盤面的に生き残ればオイシかったので、ヘスティアが残るように連打の祈りを発動。見事に回避できました。というわけで、いきなりヘスティアちゃんの見せ場が到来。1点先制。3ターン目は有効的なカードを引けなかったので、アネモネを出しただけ。2点追加。

4ターン目は、ラートリーで更に2点追加。ターン終了時にラートリーの効果で魔導の書が作成されたが、フォイルのラートリーなので、作成する魔導の書もフォイルになるみたいです。オーディンも同じ仕様でした。相手はサリエルをブッパしてきました。ラートリーが生き残れば相手は大惨事でしたが、よりにもよってネフティスが生き残るというコチラ的に最悪な結果となってしまいました。

しかし、インターセプトを多用し、低BPの多い紫に、フェンリルのガジガジが突き刺さる。相手はオベロンで1点勝ち越し。で、7ターン目、オーバーライドしていったらデッキが底をついたので、コレクターで1周させたら路線変更をツモる。これならいけるということで、全撤退からのフェンリル路線変更でルシファーを呼び出し、相手の残り1体をイシスでパクっての一斉アタックで勝負アリでした。5ターン目も、エリンで魔導士ユニットを引きにいったが、ここで一番引いちゃいけない妲己を引いてしまうという。一気に同点に追いつかれてしまいました。オーディンは、サリエルの弾になるカードを引くために出したのね。

6ターン目はどうしようか悩んだが、フォースリベレーションでネフティスを引いて状況が一気に打開できた。ラートリーからのヘスティアで5体並んでいた相手を一気に更地にできたのは気持ちよかった。ただ、ジョカケアしようと思ったら、タイムオーバーでターンエンドになってしまった。ただ捨札確認したら、ジョカは消滅していたので、冥札で引かれることはないので安心した。とはいえ、オーディンアネモネ以外は殺された。

7ターン目は、バーンソーサラーと魔導の書で一気に相手を更地に。ここでようやくギルティソーサラーを出せました。ここは大丈夫かな?と思ってジョカケアしなかったけど、手札的には無理してたので、アネモネを1体下げた方が確実だったかなと。とはいえ、これで相手は白旗を上げました。

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。妲己は結局使うことなかったのですが、魔導士デッキに入れるにはちょっと重いし、紫ゲージの消費も激しすぎるかなと。普通の紫デッキで使う分には相当強いと思いましたが(最初の試合で分からされた)。