SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

YAMABIKO

f:id:BUNNY:20180106120613j:plain

イベント戦完走してきました。

f:id:BUNNY:20180106120736j:plain

©SEGA

PR-094 PR YAMABIKO

緑 精霊 3CP 4000/5000/6000

■みんな、仲良く!
このユニットが破壊された時、ターン終了時まで対戦相手の全てのユニットに【攻撃禁止】を与える。

本日のキーカードはYAMABIKO。最新のカードランキングは698位で、4ポイント時々8ポイントなカード。COJでは珍しい横文字名前のユニットだが、それプラス技名が「みんな、仲良く!」という。古参のCOJプレイヤーにとってはいわく付きなユニットである。詳しいことは言及しませんが。破壊時効果で、相手の全てのユニットに攻撃禁止を付けるアビリティの持ち主。3CPで4000BPという低スペックさだが、アビリティを考えるとむしろ有り難い。

このユニットの真骨頂は、相手の攻撃を1ターン凌げるという点にある。そういう意味では、かつての最期の門のような使い方になる。忍者や魔導士みたいな防御力の薄いデッキで壁代わりに使ったり、ワンショット系のデッキで、準備ができるまでの時間稼ぎに使うなどが主な用途となりそうだ。最期の門と違って序盤から使えるのも魅力。

似た効果のスピード違反や星の願いと違って、相手には見えているので対処のしようはある。とはいえ、青(沈黙)と黄色(消滅・行動権消費・バウンス)以外では処理できないので、割りと理不尽感はあります。かといって放置しても次のターンに同じことになってしまうだけなので、そのターンは諦めて優先的に除去すべきでしょう。

f:id:BUNNY:20180106125651j:plain

最近話題の無限ニケです。年々お手軽になっている無限ニケですが、メイリンの新ジョーカーのせいで、さらにお手軽になってしまい、ついにはこんなデッキが登場。DOBはS。星の願いやYAMABIKOなどで相手の攻撃を遅らせながらコンボパーツを集めていくだけ。コンボパーツが揃ってしまえば、ユグドラシルフェンリルスペリオルドラゴンなどの対抗できるユニットがいない限り、相手は為す術なく葬られます。ちなみに、このデッキ構成だと、そういうユニットを場に出されただけで即サレ案件なので、それらにも少しでも対応したいというなら除去or沈黙カードを入れるか、創生忘却ギミックを入れたほうがいいでしょう。

勝 先攻 7-0 K4 黄単(蘭翔鳳集の舞・グラフティアース)※

勝 後攻 4-1 A5 赤青緑(インペリアルクルセイド・マッシヴサージ)

※はイベント戦。

初めて使うので最初はイベント戦で練習してみましたが、思ったよりも簡単に扱えるので、この時点でこのデッキはヤバそうだと直感しました。で、2戦目が本番の全国対戦。

後攻だったので、初手はティターニアでインセプドロー。一番いらない大人買いを引いてしまいましたが、まあいいでしょう。相手のアタックはスルー。これで星の願いの発動条件が整う。2ターン目はギザンティスでトリガードローしつつ、魔法石で幻想の里を持ってくる。そして相手ターンで星の願いを発動。3ターン目はロキでトリガー回収。魔法石を回収できた。そして再び星の願い。

4ターン目はYAMABIKOとオータムロイドを出しつつ、魔法石で2枚目の幻想の里を確保する。後はエクストリーム・サモンを引ければ準備が整います。オータムで引けたので、3ターン連続で星の願いを発動。理不尽すぎるw。トリシューラで大人買いを割られたのは痛かったが、自力でエクストリーム・サモンをツモる。軽減用の黄色ユニットがあれば、この時点でいけたけど、なかったのでCPが1足らず。このターンはYAMABIKOでしのぐことに。

相手が緑系なので、フェンリルユグドラシルなんか出された時点で詰むのでドキドキもんでしたがセーフ。相手はインペリアルクルセイドを打ってきましたが、YAMABIKO効果で相手はアタックできず。そして、蘭翔鳳集の舞でクリムゾンナースを呼び出し、ニケでエクストリーム・サモンすれば、お手軽無限ニケの完成。ヤバすぎです。

というわけで、このデッキは2戦2勝でした。間違いなく、次のエラッタ候補でしょうね。考えられるのは、クリムゾンナースの効果が後から出した天使ユニットにだけスピードムーブを与えるようにしたり、ニケが効果を発動したらイシスみたいに沈黙するかとかでしょうかね。そもそも蘭翔鳳集の舞がCP軽すぎんだよな。