SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ルサルカ

f:id:BUNNY:20180109211251j:plain

マイユニットのランキングで、一時的とは言えトップに浮上しました。沖田で1位取れればいいかな位に思ってましたが、かなりMPに余裕あるのでひょっとしてイケちゃう?

f:id:BUNNY:20180106170336j:plain

©SEGA

1-4-115 VRルサルカ

青 精霊 4CP 4000/5000/6000

■清き水の導き
このユニットがフィールドに出た時、あなたのフィールドのユニットが4体以下の場合、あなたの捨札にある進化ユニット以外のコスト3の青属性のユニットをランダムで1体【特殊召喚】する。
インターセプトドロー
このユニットが破壊された時、あなたはインターセプトカードを1枚引く。

本日のキーカードはルサルカ。最新のカードランキングは299位で、2ポイント安定カード。召喚時効果で、捨札にあるコスト3の青属性ユニットを特殊召喚でき、なおかつ、破壊された時にもインターセプトカードを1枚ドローしてくれる。この手の効果はコスト◯以下というのが通常だが、このユニットの場合はコスト3に限定されるため、ある程度狙ってユニットを特殊召喚させることが可能であり、バンシーやマキガイさんなどの低コストサーチャーを入れても不純物にならないのがよい。

後攻初手に3コスユニットと一緒にマリガンし、3コスユニットを軽減にしてルサルカを召喚し、軽減したユニットを特殊召喚させるというムーブが定番であり、その分3コスユニットを1種類だけに絞って、確実にそれを特殊召喚させるというのは、マリガンの難易度が著しく上がってしまうのでやりにくい。とはいえ、特殊召喚して強い青の3コスユニットは実に豊富で、タナトス、コルフェ、アルシエル、グレイヴガーディアンなど、すぐにいくつも思い浮かぶほどであり、入れて邪魔になるようなユニットを探すほうが難しいほどである。

効果が強力な分、BPは4000とかなり控え目で、戦闘面ではあまり役には立たないが、エラッタによってインターセプトドローの破壊時効果が追加され、フィールド上でも十分に仕事ができるようになっています。

f:id:BUNNY:20180106171743j:plain

死生反転とアポピスを入れた新型のゾンビデッキ。新SRのオーディンはCOJ最大の22CPというユニットでありますが、死生反転を使えば簡単にコスト4にまでスリム化されます。

勝 後攻 7-0 A4 ブリギッドハンデス(リジェネレートデリュージ・スターライト)※

負 先攻 0-2 A2 機械(飛龍乗雲の拳・トリックフィンガー)

負 後攻 0-7 ES 海洋ゾンビ(グラアスorリジェデリ・明天凶殺)

勝 先攻 4-0 FL ヘブドラ黄単(飛龍乗雲の拳・エクリプスセイバー)

※はイベント戦

動画は4戦目です。先攻初手はバンシー。相手はタウロスで黄色系。正直嫌な相手です。とりあえず、最初の目標はヘブンズドラゴンを出される前に死生反転ですね。相手は2ターン目にジキル&ハイドで、ほぼ間違いなくアレなデッキ。こちらは3ターン目にようやく死生反転を引けたので、4ターン目に発動しましたが、すでに消滅しちゃった捨札は戻らないのね・・・。勘違いしてました(涙)。というわけでヘブンズドラゴンに一掃される。しかも、こっちの捨札はヘブンズドラゴンの効果でワチャワチャじゃねえか・・・

この時点では無理じゃね?って感じでしたが、とりあえずサリエルで同点に追いつく。6ターン目にサリエルでもう1点追加しつつ、手札にあったレベル3ルサルカを特殊召喚できない状況だったので迷ったが、出して点数を取りに行きました。相手がエクリプスセイバーを使ってきて、消滅カードの中でサリエルを処理できるのがアフラ・マズダだけっぽかったので(ONI店長だと一か八か)、それ拾って出してくるかと思ったら横に並べてきました。だったらと飛龍乗雲の拳で1体を除去してのサリエルアタック。見事にユニット2体に命中して、2点追加。かなりイケそうな雰囲気になってきました。

ONI店長のランダム呪縛がサリエルに命中して、ようやくサリエルフィーバータイムが終了しましたが、8ターン目にアポピスでミーナを湧かせる。相手はここでヘブンズドラゴンを出してきましたが、アポピスが生き残る。慌てて種族を確認したら、こいつドラゴンだったんか~い!。初めて知りましたw

9ターン目は死生反転をよく分からないままに使いましたが、全然無意味でしたwww。4試合目でしたが、最後まで意味が分からずに終わってしまった。特に新カードなんだから、ちゃんと下調べして使うべきでしたね。本当ならサリエルでいい場面でしたよ。仕方ないのでルカちゃん決め!をしてターンエンド。エクリプスセイバーを使わせたくないので、ここは殴りにもいかず。逆に相手がヘブンズドラゴンで殴りに来てくれたので、これをスルーして飛龍乗雲の拳のゲージが溜まる。

で、返しに飛龍乗雲からの貫通アタックで勝負あり。どきどきテイスティングもデッキの残りが3枚だったから大丈夫だったしね。

というわけで、このデッキは2勝2敗でした。死生反転の使い方を全然理解できてなかったのが悪いのだが、ちょっと難しいデッキではあるな。次やる時にはちゃんと勉強してきます。