SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

風凪の太刀

そういや見逃してましたが、公式のエラッタの告知の下の方に、高レアリティを含めた大規模なエラッタを2月下旬に行うという旨の文章が出ていたのですね。ホルスはもちろん、アトゥムあたりもそろそろ修正が入りそう。アタランテはさすがにまだないでしょうが、モロクあたりに修正入れてお茶を濁すかも。

f:id:BUNNY:20180111130604j:plain

©SEGA

2-2-146 R風凪の太刀

インターセプト 0CP

■選略・風凪の太刀
あなたのユニットが戦闘した時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:ターン終了時まで戦闘しているあなたのユニットのBPを+3000する。
②:対戦相手の全てのユニットの基本BPを-1000する。

本日のキーカードは風凪の太刀。最新のカードランキングは419位で、過去の順位を今の闘値に置き換えると、2ポイント安定カードという評価になる。戦略効果を持ったインターセプトカードで、1つはターン終了時まで戦闘中の自分のユニットのBPを+3000するというパンプアップ効果。もう1つは相手の全てのユニットの基本BPを-1000する効果である。要は、基本BPマイナスの選択肢も持った不可侵防壁というわけである。

単純にパンプとして使うこともできるが、相手を-1000すれば勝てる、もしくは相討ちを取れるという場合では基本BPマイナス効果を使いたい。強制防御を使えれば、狙い撃ちも可能だろう。勿論、使わなくても勝てるという状況で敢えて使い、相手のBPラインを下げるというのも戦略の1つである。特に珍獣相手だったらそれで一掃できる。とはいえ、緑のパンプのファーストチョイスは相変わらず武器破壊が鉄板であり、DOBの調整で選ばれるかどうかというのが現状である。

f:id:BUNNY:20180127174655j:plain

昇格戦で使ったアタランテ入りのブリギッドデッキに、アフラ・マズダが入った形。この形も最近増えました。これにヤマトタケルを入れるという派生デッキもあります。というか、最近のアタランテは純粋な獣デッキはほとんどいなくなり、ほぼほぼ、このモロクとのコンビネーションの形になってますね。エラッタ前にVIP待遇の追悼で使ったのですが、録画に失敗したため、今回のイベント戦でリベンジ。面倒だったのでVIP待遇はそのままにしてしまいましたが、アトゥムから使う分には、大した使用感の違いもなかったりして。

勝 後攻 2-0 HI アタランテブリギッド(蘭翔鳳集の舞・冥札再臨)

勝 後攻 8-0 MG 無限ニケ?(冥札再臨・マッシヴサージ)※

勝 先攻 8-0 FL 魔導士(冥札再臨・蘭翔鳳集の舞)※

勝 後攻 5-0 FL 巨人(蘭翔鳳集の舞・サイレンスビロウ)※

※はイベント戦

動画は4戦目です。全国の試合は、相手の方がランカー一歩手前の高ランクの方だったし、試合内容もミラーで見どころもあった上、風凪の太刀の2つの効果を両方使った試合だったので動画にしておきたかった・・・

動画の方は、相手が巨人デッキでした。こちらの初手は先攻でも後攻でもアタランテです。最初にアタランテでアタランテが召喚されました。相手のギガンテスのアタックは、鉄槌の可能性も高いのでスルーして1点を先制される。今回のルールのぶくなぎ綾花ですが、毎ターン引けるので、できればすぐには使わずにオーバーライドしていきたいところですが、手札が溢れやすいので、その場合は無理してまで温存する必要はないでしょう。役に立つカードを引ける期待値が低すぎるし、ぶっちゃけこのカードを手に入れても使い道ないでしょ。

2ターン目はブリギッドを出したものの、引いてきた3コスがよりによってホルスだったため出すユニットがいなくなってしまい、そのままターンエンド。とはいえ、アタランテの特殊召喚で、3体目のアタランテとモロクが召喚されて盤面は固くはなりました。秩序の盾もついたので、スルトに走られてもバロールが出てきても問題なし。ただ、相手は1CP余らせていて、鉄槌を構えているのは明らかだったので、相手のアタックはブロックできず、2失点目。

3ターン目は非常に迷いました。ホルスは鉄槌があるので出せないし、ギルガメッシュはピン刺しなので、できれば相手がエンジェルビルダーを立ててきた時に使いたい。できれば秩序も維持したいと。で、最終的にLV3ホルスを軽減に使ってアフラ・マズダを出したのですが、普通にブリギッドで焼きにいってホルスは温存しておいた方が良かった気もしますね。返しに相手はドラゴンゾンビを出してきたので、これはデストラクションスピアでご退場いただいた。

4ターン目は、このままでは埒が明かないので、アタランテを1体下げてブリギッドで焼きに行きました。だったら前のターンでやっておけと^^;。ターンエンドする時にエリートシーフを撤退させるの忘れてしまうというミスもやらかしてるし。消滅しているのがモロクだけなので、アフラ・マズダで確実に特殊召喚できる状況でした。返しに相手が蘭翔鳳集の舞を打ってきたので、はいはい、ティアマトティアマトと思ったら、バロールが出てきました。1点は取られたものの、こちらとしてはホッとした。

5ターン目はアトゥムからのVIP待遇連打。確かにCPの増加値は下がったけど、アトゥムでCP増やした後に手札を増やせるというのは強い。ここで虎の子のギルガメッシュを出しましたが、ぶくなぎ綾花でジョカ引けたのは強かった(結果的に使わなかったとはいえ)。後は高BPのバロールをフェンリルでいただいて相手の盤面はキレイになくなりました。3点取って同点に追いつきましたが、蘭翔鳳集の舞のゲージが溜まってしまったので、1点は自重した方がよかったかもしれないが、さっきの盤面でティアマトを召喚してこなかったので、ティアマトのような盤面を一気にひっくり返すようなものは入ってないだろうという判断もありました。

相手はエンジェルビルダー特殊召喚からのバロールでしたが、アトゥムでBPの上っていたこちら側は1体の犠牲もなくすみました。そして6ターン目。アタランテのアタックを相手のエンジェルビルダーがブロックしてきたので、これを風凪の太刀で一刀両断。これで勝負が決まりました。ぶくなぎ綾花で作った音速の槍という謎カードを意味もなく使いましたがご愛嬌ということで・・・

というわけで、このデッキは4戦全勝でした。さすがは、現在の最強格のデッキですね。文句なしに強い。