SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

神獣の住む秘境

f:id:BUNNY:20180202015144j:plain

どうにか無事に沖田部門の1位取れました。2位の方と最後まで接戦になってしまって、総合でも4位に入るほど頑張ってしまいましたw

f:id:BUNNY:20180202015826j:plain

©SEGA

2-0-135 VR神獣の住む秘境

無 トリガー 0CP

■神獣の住む秘境
あなたの【神獣】ユニットがフィールドに出た時、それの基本BPを+2000し、「ブロックされない」効果を与える。
あなたの【神獣】ユニット以外のユニットがフィールドに出た時、【神獣】ユニットのカードを1枚ランダムで手札に加える。

本日のキーカードは神獣の住む秘境。最新のカードランキングは384位で、現行基準に当てはめると2ポイント安定カードということになる。種族用サーチトリガーの1つで、これはその神獣版。注意したいのは、神獣ユニットのサーチを使いたい場合は、神獣以外のユニットを出さないといけないという点です。神獣ユニットを出した時に使うと、基本BPが+2000され、それにブロックされない効果が与えられます。獣、巨人、英雄のサーチトリガーと同じ構造です。ちなみに通常のサーチトリガーの場合は、特定種族のサーチ効果が第1効果として書かれているのだが、これらは逆で、通常の第2効果といえる内容がそれよりも先に表記されています。どうしてそういう法則性になっているかは謎。

神獣デッキというのも存在はしますが、神獣の花形といえるカーバンくんの強化に使うのがもっとも一般的でしょう。もちろん、狙うのは基本的にブロック不可効果の付与であり、カーバンくんを引くために使うのは、あくまで緊急を要する時だけです。カーバンくんを処理できないデッキが最後に頼るのは、ひたすらブロックして点数だけは取られないようにする戦術ですが、ブロック不可になるため、それすらも許さない。一見ブロック不可効果と基本BPアップ効果はかみ合わせが悪いが、カーバンくんの場合は基本的にマッシヴサージで不屈が付くので、そのメリットも享受できるというわけです。

f:id:BUNNY:20180202022745j:plain

アタランテブリギッドデッキにカーバンくんを入れただけのしょうもないデッキです。新しく追加された索冥でカーバンくんに気軽に秩序を付けれるようになったおかげで、対赤は盤石に。マッシヴする前でも出せるようになった。一方で、黄色と青は正直辛いです。マッシヴターンまでカーバンくんが入っているのを悟られないように立ち回るのが基本戦術w

負 後攻 0-4 FL ヘブドラ黄単(明天凶殺・エクリプスセイバー)

勝 後攻 5-0 A3 連撃ブリギッド(飛龍乗雲の拳・グラアースorリジェデリ)

負 先攻 0-3 ER ヘブドラ黄単(フェイク×メイク・エクリプスセイバー)

勝 先攻 5-0 ER 文明崩壊珍獣(インペイルメント・タワーエグゼクト

動画は4戦目です。ヘブドラとライドラとホルスとジキハイがマジで無理・・・。つまり黄色全部無理・・・。まあ、こっちもクソゲー押し付けてるから文句は言えんかw

相手は月虹のささめきが入った文珍。なるほど、今回のルールだと手札が余りまくるから月虹余裕ってわけか。というわけで、せっかく1ターン目に出したアタランテとモロクは、月虹から持ってきたと思われる人身御供の餌食に・・・。人身御供の発動はこっちのターン開始時になるので、ショウタイムも発動しねえのな・・・

2ターン目は他に出すのもないのでカーバンくん。マッシヴまでひた隠すのが戦術とは書いていたが、相手が文珍なので、シヴァで焼かれないようにさえ気をつければ問題はないとの判断もあった。OCリーナで1点を先制されたが問題ない。3ターン目はブリギッドでジズを引けた。ぶくなぎ綾花でも信玄だのトリニティだのと使えそうなユニットを作成できました。とりあえずここはジズで相手の珍獣を一掃しつつカーバンくんの基本BPもあげておく。OCシヴァで2点目を献上。

4ターン目は、アンドロメダからモロクを召喚する。アトゥムとどっちかで迷ったが、さすがにそろそろOCホルスが飛んできそうだったので、それの対策として。ぶくなぎ綾花は、ここでもクンフーマスターとかいう使えそうなカードを作成。有能過ぎる。相手は人身御供でアンドロメダとモロクを潰しにきたが、人身御供発動の直前にアンドロメダがアタランテを特殊召喚。恐らく、相手の方はこの効果を忘れていたのでしょう。自分もだがw。さすがにアタランテは消さざるを得ず、モロクが生き残りました。

5ターン目は、タイミングよくもう1体のカーバンくんが引けたので、ここで神獣の住む秘境で強化しつつのマッシヴサージ。相手のデッキ的にこれで詰んだかなと。6ターン目にぶくなぎで引いたクンフーマスターを発動して5体にし、一気に5点取って決着。最後は相手も諦めた感じでしたが、一応ブリギッドで1体だけいたシヴァを処理。せっかくなので、ぶくなぎで引いた信玄を使いました。久しぶりにセリフ聴けました。

というわけで、このデッキは2勝2敗でした。そういや信玄でライフ削ってもジョーカーゲージは増えないのだろうか?。余裕あったから早めに出して確認すればよかったな。