SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

武具コレクター

COJポケットは終わってしまいますが、ポケットオリジナルカードって結構あったけど、そのうちアーケードに来るやつもいそうですね。個人的にはう~っぴょん!の人とかアーケードでも出してほしいな。後、いい加減虹色のキャンバスも逆輸入して欲しいね。紫の効果も追加しつつ。

f:id:BUNNY:20180122092335j:plain

©SEGA

1-4-238 VR武具コレクター

無 トリガー 0CP

■武具コレクター
あなたのユニットがフィールドに出た時、【武身】ユニットのカードを1枚ランダムで手札に加える。
あなたのターン終了時、あなたの捨札から【武身】ユニットのカードをランダムで2枚までデッキに戻す。そうした場合、あなたはカードを1枚引く。

本日のキーカードは武具コレクター。最新のカードランキングは392位で2ポイント安定カード。武身向けのサーチトリガーで、通常の武身ユニットを1枚引ける第1効果に加え、捨札にある武身ユニットをランダムで2枚デッキに戻してカードを1枚引ける第2効果がある。第2効果はターン終了時の発動となるが、捨札に武身ユニットが不在の場合は発動自体ができないため、1ドロー目的だけで使うことは不可。

武身全盛時代にも、さほど取り入れられていたカードではない。確かに、デッキ終盤で武身が転身しなくなってしまうことがあり、第2効果はそれを補助できるような効果ではあるのだが、ランダムで2体しかデッキに戻すことができないため、戻って欲しいユニットが戻る確率はそこまで高くはない。むしろ、トリガーロストに単独で入っているトリシューラだとか、黄単などに単独で入っているエクスカリバーなどをピンポイントでサーチする用途の方が使い勝手がいい。ピンポイントで狙ったカードが引ける上、第2効果でもピンポイントで戻したいユニットが戻せるというのは、通常の武身デッキにはできない芸当である。引ききった後にこのカードを引いても大いに役に立つというのも、ピンポイントサーチに向いている特性と言える。

f:id:BUNNY:20180214070333j:plain

そんなわけで、全国ではかなり久々のトリガーロストデッキです。ついでに、先日のイベントで手に入れたぶくぶブブ襲来を初めて使ってみた。ただこれ、相手が焼け残らないと発動できないので、ベルゼブブ単体で相手が消し飛ぶ盤面だと使えないんですね。ベルゼブブ作成だけでも使えたらもっと強かったのになあ・・・

負 後攻 2-6 ES ハンデス(トリックフィンガー・明天凶殺)

勝 後攻 1-1 MG アタランテブリギッド(冥札再臨・フォースリベレーション)

動画は2戦目です。初手は相手が何も出してこなかったので、メリイは走らせずにただ出しただけ。武具コレクターが2枚あったので、トリシューラがいきなり3枚揃いました。相手はアタランテでモロクが召喚される。ゲロ。2ターン目はトリシューラでトリガーを割に行くも、相手は再びアタランテでゲロゲロ。1点を先制される。3ターン目もトリシューラでトリガー割りも、2点を追加されました。しかし、4ターン目にタイミングよくジョカを引けたので、ここで相手の獣祭り終了。3失点なら上出来だろと思っていたら、OCホルスが飛んできてゲロゲロゲロ・・・

5ターン目はミス。月花熾滅でホルスを破壊したのだが、ショウタイムでモロクが特殊召喚されてしまった。先にトリシューラを出すべきでした。6ターン目にデスクラーケンからの月花熾滅で相手を更地にするもアフラ・マズダで返される。7ターン目は、いい加減に引いてくれと思っていたベルゼブブを引けたので、ここでブブ襲来。インペリアルソードで走らせてようやく1点を返しますが、ブリギッドであっさりと除去される。

8ターン目にラミエルとメリィを走らせて、相手を更地にしつつ2点を返すも、アトゥムからのエクスカリバーで返される。9ターン目は、ブブ襲来が来てほしかったが、こなかったので魔導教師レイナで除去。次が最終ターンということで、最後にアモンに全てをかけようということで、マコを並べてターンエンド。

相手はここで冥札からのOCホルス。やはりアモンに賭けるしかないので、断腸の思いでスルーし残り1点に。4点差で最後のターンへ。おおきくなるよ!を2枚引けたらチャンスあるなと、最後の最後にワンダフルハンド。見事におおきくなるよ!2枚プラスタコを引けて、まさかの勝ち確となりました。久しぶりに右手が震える引きだったぜ・・・

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。エラッタ前の動画はこれが最後となります。