SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

泰山の侍

イベント戦ですが、今回はオーバーライドで2ドローというルール。1試合だけ文珍やってみたけど、ヤバすぎってどころの話じゃないですね。今のところ、相手にはあまり出てきてないですが。ブルーホール入れてる人もいるし、レベル2以上ハンデスエクソシストはやたら出てきます。アンフェアタックスもよく打たれる。でも、ハンデスされても全然平気なんですよねえ・・・。それこそ、明天打たれても次のターンには手札回復しちゃうレベル。正直、ルール的にはかなりクソですよね。

f:id:BUNNY:20180215190327j:plain

©SEGA

2-0-119 R泰山の侍

緑 侍 4CP 6000/7000/8000

■無心の抜刀術
このユニットがフィールドに出た時、また破壊された時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それの基本BPを-[あなたのフィールドにいる【侍】×2000]する。

本日のキーカードは泰山の侍。最新のカードランキングは177位で、現行基準で1ポイントから2ポイント帯にいるカード。召喚時と被破壊時に、相手ユニット1対の基本BPを、自陣にいる侍ユニットの数に応じてマイナスする能力を持っている(侍の数×2000)。いわば、緑の炎鬼イフリートだが、基本BPマイナスなので、秩序の盾や不滅に対しても有効である。被破壊時にも効果が発動するなど、完全なイフリートの上位互換だが、その分コストは1つ重くなっている。

義経や信玄で焼けない秩序や不滅への対抗手段になるし、被破壊時効果があるために、相手としては迂闊に攻撃しにくくなる。攻守両面から侍デッキをサポートできる逸材である。最近は青に有力な侍ユニットが追加されていて、焼けない相手への対処も青が担当するようになって、めっきり出番は減りつつあるが、決して弱くなったわけではない。ただ、消滅で被破壊時効果が発動しなくなる上に、対象の取れない加護持ちの多い黄色に対して弱いので、若干環境的には辛いものがあるかもしれない。

f:id:BUNNY:20180215192052j:plain

武蔵が強化されたということで、超久々に使ってみました。強化されたといっても、種族に侍が追加されただけで、代わりに武蔵単体では効果が発動しないようにはされています。これがなかったら文句なく強かったけどね。武蔵自身が侍になったことで、自身に不屈だの貫通だのが付くようになった。これまでは、三日天下で武蔵だけ寝っぱなしというのはよく見た光景だったが、今後はそれもなくなるし、ナギの効果も得られるようになるし、アヤメで加護を付けることも可能に。何より、以前なら武蔵のアタックはブロックしとくのが基本だったが、これからは貫通が付くために、安易にブロックしていいものかどうか悩むところですね。ブロックしてユニット1体を犠牲に1点に抑えるか、スルーして2点取られるか。何だかんだで結構強いかもね。

負 後攻 0-4 HI 黄単(スプレンドシックル・フェイク×メイク)

負 先攻 0-3 ES レベコン(スターインパクト・ボルカニックディザスター)

勝 後攻 8-0 FL 黄単(フェイク×メイク・飛龍乗雲の拳)

動画は3戦目です。相手はレモンガールスタート。こちらは土方でイサミを召喚。相手はアフラ・マズダを出してきましたが、これは面倒くさい。2ターン目はオーバーライドでデッキをガンガン回し、悩んだ末に泰山の侍で相手のオータムロイドを除去。相手は泰山ではなくイサミの方を除去。これはちょっとラッキーだったかも。3ターン目は、存在を隠すためにオーバーライドを避けていた武蔵をやむなくオーバーライド。これで引けたナギを出したらアヤメを引けたので、ナギに加護を付けての大自然と、いい感じの盤面にできました。泰山で殴って1点先制。相手はアイリーンでひたすらコピーしてましたが、レモンガールや大航海が入ってるし、無限アイリーンっぽいので、早めに勝負を決めねば・・・

4ターン目は、イサミを引けたので、邪魔なアフラ・マズダを除去しようと、泰山でアイリーンのBPを下げてからイサミを投げる。2分の1の確率でしたが、見事にアフラ・マズダを破壊してくれました。2点追加。そして5ターン目に武蔵をエボルブ。レベル2なので相手はスルーして2点。後は泰山で1点取って、後は神に祈るだけという感じだったのですが、ここで泰山のアタックを相手のアイリーンがブロックして相討ちしてくれました。これは助かった。スルーされてたら、それ以上殴れませんでしたから。というわけで、何とか勝てましたが、8-0という一見楽勝にも見えるスコアでしたが、相手がミスしてなければ、多分次のターンでこっちが死んでたと思いますw

というわけで、このデッキは1勝2敗でした。