SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

戦慄の赤い眼

f:id:BUNNY:20180221214102j:plain

イベント戦の方は、とりあえず一区切りとなる星200個まで到達。現時点での順位はこんな感じです。ようやく折り返し地点といったところですかね。

f:id:BUNNY:20180122095852j:plain

©SEGA

1-4-251 R戦慄の赤い眼

インターセプト 5CP

■戦慄の赤い眼 
あなたのターン開始時、あなたのユニットを1体選ぶ。それを破壊する。破壊したユニットのBP以下の対戦相手の全てのユニットにターン終了時まで【防御禁止】を与える。

本日のキーカードは戦慄の赤い眼。最新のカードランキングは1185位で8ポイント定住カード。自ターン開始時の発動で、自分のユニット1体を選んで破壊し、破壊したユニットのBP以下の相手ユニット全てに、ターン終了時まで防御禁止を与えることができる。いわば赤いジャッジメント。防御禁止なので、相手にとっては沈黙でも付いていない限りは対処不能である。書いてある事自体は強いのだが、如何せんネックになっているのが必要CPの重さだろう。

全体的にBPの抑えめな赤ですが、アイアンゴーレムなどの高BPユニットも少なからずいるので、それらが生贄候補ということになる。勿論多色で組めば、生贄候補の範囲はぐんと広がります。ターン開始時に相手全体に3000ダメージを与える安らぎの炎というのもコンボ候補としてまず思い浮かぶが、合わせて7CPが必要となる大型コンボとなってしまう。7CPフルに使えるまで我慢するならば、秩序の盾に無効な安らぎの炎を使うよりも、ターン開始時にノーコストで基本BPを+5000できる連合軍盟主・袁紹を使った方が遥かにいいだろう。

あるいは、6000BP以下をこのカードで防御不能にし、7000BP以上をアスタロトで防御不能にするという手もあるし、ウィルスを破壊してデメリット帳消しにしてもいい。ウィルスなら相手は積極的に除去してこないので残りやすいため、計算しやすいという利点もある。かつてはターン開始時にノーコストで無条件でBPを2000上げてくれるお手軽なコンボ候補だったビンテージワインというカードもあったが、こちらは残念ながらスタン落ちしてしまいました。

f:id:BUNNY:20180221035018j:plain

やりたいこととしては、ローザやクロコダイルで相手のBPを半減させてのシヴァ、もしくはヘスティアということです。クロコダイルやアトゥムでBPを増強させての戦慄の赤い眼というのも考えていたのですが、こっちはにっちもさっちもいかなかった・・・

負 先攻 0-6 MG OC珍獣(ルインリード・ギルティアッシュ)

負 先攻 0-4 MG 忍者珍獣(インサイトストライフ・ライズアンドシャイン)

負 後攻 0-8 HP 黄単(ギルティアッシュ・スターライト)

勝 後攻 8-0 MG 自殺(インクルorヘレスカ・冥札再臨)

勝 後攻 6-0 A6 黄単(明天凶殺・エクリプスセイバー)

勝 先攻 7-0 A4 黄単(飛龍乗雲の拳・ディバインシールド)

勝 後攻 8-0 A4 捨てゲー(飛龍乗雲の拳・月花熾滅)

勝 先攻 7-0 A10 自殺(エビルガンビット・冥札再臨)

勝 先攻 8-0 K1 神獣(インサイトストライフ・マッシヴサージ)

勝 先攻 6-0 A6 神獣(月花熾滅・飛龍乗雲の拳)

勝 後攻 8-0 FL 自殺(インペイルメント・セイクリッドフィールド)

勝 先攻 8-0 FL 選ばれ天竜(エクリプスセイバー・フェイク×メイク)

勝 先攻 6-0 FL 機械(パニッシュメントブレイク・冥札再臨)

負 後攻 0-5 A4 カーバン武身(蘭翔鳳集の舞・マッシヴサージ)

負 先攻 0-1 HP OC珍獣(フェイク×メイク・冥札再臨)

勝 先攻 8-0 A4 緑単(ターミネートコマンド・サイレンスビロウ)

勝 先攻 6-0 A10 レベコン(サイレンスビロウ・インペイルメント)

負 後攻 0-2 FL 赤黄スピム(ライズアンドシャイン・ミラージュアウローラ)

勝 後攻 8-0 FL 捨てゲー(冥札再臨・ソウルエクスキューション)

勝 後攻 4-0 HP ミリアリリス(ルインリード・ソウルエクスキューション)

20戦もして戦慄の赤い眼は一度も発動できないという悲しい結果に・・・。参考動画は、相手の方が諦めなければ発動して、赤い眼で勝負を決められたはずの最後の試合となります。

今回のイベント戦はマリガンでオーバーライドできるようにするのも1つの手です。後攻でしたが、マコが2枚揃ったのでそれでいきました。思惑通りに連続オーバーライドで大量ドローし、伏儀とローザで2点を先制した。相手はリリスからのラーで伏儀を焼いて同点にしてきましたが、どっちかというとローザを焼いた方がよかったような気がする。

2ターン目はローザで相手のBPを下げ、伏儀で追加点を加えてのヘスティアリリスを焼く。ローザが焼かれていたら、リリスは焼けていませんでした。相手はミリアとラーで、こちらの伏儀とローザを焼いて、再び同点としてきましたが、冥札再臨でシヴァをオーバークロックさせてミリアを焼きつつ、再び2点取って勝ち越し。残り2点となり、盤面を維持できれば赤い眼で勝負を決められるという状況になりましたが、相手がタコを出した時点で勝負を諦めてしまい、残念ながら成立しませんでした。

というわけで、このデッキは14勝6敗でした。さすがにこれ以上は無理ということでギブアップします。成績自体はよかったので、ローザはかなり強いという印象を再確認できました。