SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

閃槍・ブリューナク

ずっと頂上動画のアップロードをしてくれていたキャッツアイ手稲店さんでしたが、諸事情によりアップロード終了だとか。最近COJ関連の悲しいお知らせが多すぎますね・・・。頑張って動画とブログを上げ続けて、微力ながらCOJを少しでも盛り上げていこうという使命感に、改めて駆り立てられました。

f:id:BUNNY:20180222100444j:plain

©SEGA

2-0-305 VR閃槍・ブリューナク

赤 武身 6CP 6000/7000/8000

■武身転生
対戦相手のターン終了時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、あなたのデッキからコスト6以上7以下の【武身】ユニットをランダムで1体【特殊召喚】する。そうした場合、このユニットをデッキに戻す。
■閃槍の決起
このユニットがフィールドに出た時、またはあなたのターン開始時、あなたの全てのユニットのレベルを+1する。対戦相手の全てのユニットに2000ダメージを与える。

本日のキーカードは閃槍・ブリューナク。最新のカードランキングは601位で4ポイント安定カード。アロンダイトに続く6コストの武身ユニットで、召喚時とターン開始時に、味方ユニット全てのレベルを+1して、相手全体に2000ダメージを与えることができる。基本的にレベルを上げれば、こちらのユニットのBPは上がるので、相手に2000ダメージを与えることもあって、相手とのBP差を付けた上に、レベル2になれば相手としてはブロックしにくくなるので、武身におけるフィニッシャーにもなり得るユニットである。

ただ、基本BPを上げて貫通で実質ガード不能にできる同コストのアロンダイトほとの決定力はないので、オーバークロック効果の発動や、レベル2で殴ったユニットの行動権回復など、レベルを上げることで何かしらの利は取りたいところです。全体2000ダメージという効果も侮れない。シヴァやベリアルなどでの追い打ちで相手を一掃できれば、アロンダイトとは比較にならないほどのアドバンテージが取れるでしょう。弱点としてはレベル破壊か。元々レベル破壊に対しては強い武身だが、ブリューナクだけは話が別。武身の場合は転身があるため、こちらが意図していなくてもブリューナクが場に出てしまうこともある。コスト5の武身は下げておくという手はあるが、それでは武身デッキのポテンシャルは十分に発揮できないだろう。

f:id:BUNNY:20180222102831j:plain

いわゆる加護武身です。各コストの武身2種類を2枚ずつ入れた形です。ただ、オーバーライドで2ドローの今回のルール的にはあまり理に適ったデッキとは言い難い。上方修正された「結集セシ化身タチ」のお試しでもありました。たしかに自分のターンの召喚時での発動に変わって発動自体はかなり容易になったのですが、特殊召喚した武身が効果を発動するのに相手ターンを跨がなくてはならなくなったので、一概に上方修正とも言えない修正ですね。武身ユニットを出したときだけしか反応しないのも地味に不便です。そもそも、青の5コストのレベル破壊する武身だけ入れて、チャンプブロックでそいつを呼び出して、ターン終了後にレベルを上げたユニットを破壊というコンボを考えていたので、それができなくなって、ちょっと残念でもあります。

負 後攻 0-8 MG 沈黙破壊(インペイルメント・明天凶殺)

負 先攻 0-8 A5 昆虫(タワーエグゼクト・インペリアルクルセイド)

勝 先攻 7-0 A6 獣(フェイクorティンクル・インクルorヘレスカ)

動画は3戦目です。マリガンは危なっかしかったが、ギリギリで村正を確保できました。相手はチュパカブラ。すげえ久々に見た。2ターン目はアフロディーテで加護を付けつつ、村正で殴って1点を先制。相手は熱愛のフェリア。これも久しぶりです。チュパカブラが出てきた時点ではレベコンの可能性もあってビクビクしてましたが、どうやら獣デッキのようです。3ターン目は、デュランダルで増やしたCPでロンギヌスを出してフェリアをバウンス。1点を追加する。

4ターン目は、結集セシ化身タチを使ってみる。最大コストのロンギヌスが出てきてウマー!。5ターン目は、ロンギヌスで、ライオンハートガールとブロンズバクのどちらをバウンスするか迷って、最終的にブロンズバクをバウンスしようとしたのだが、ギリギリタイムオーバーでミノタウロスが選ばれてしまう大失態。1点とユニット1体を損しましたね。仕方ないので、ここはティアマトにおまかせする。

相手はモロクとユグドラシルを出してきたが、ロンギヌスでモロクをバウンス。そしてここでブリューナクを引いたので、ブリューナクを出してティアマトをレベル3にして、ユグドラシルも除去。勝負アリました。まあ、ブリューナク出さなくても勝ててましたけどね。

というわけで、このデッキは1勝2敗でした。やっぱり、デッキの構成上オーバーライドがしにくいので、武身の問題というよりは、ルール的にデッキ自体の構築が微妙でしたね。結集セシ化身タチは、今回上方修正された中ではダントツで弱いね。8ポイントキープでしょう。