SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

改造人機フランケンR

f:id:BUNNY:20180226082921j:plain

昨日はイベント戦の星を100個ほど積み上げてきました。現時点での順位はこんな感じです。400個で行けそうな気がしなくもなくなってきた。

f:id:BUNNY:20180207065530j:plain

©SEGA

2-1-060 VR改造人機フランケンR

インターセプト 1CP

■改造人機フランケンR
(このインターセプトは2回使用すると捨札にいく)
対戦相手のユニットがアタックした時、または対戦相手のターン終了時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、あなたのフィールドに[改造人機フランケンR]を1体【特殊召喚】する。

本日のキーカードは改造人機フランケンR。最新のカードランキングは926位で8ポイント定住カード。このシリーズのカードの中では、ダントツに低い使用率となっている。盤面に干渉できない能力であるのに加え、紫ゲージのブースト役としても難解で非常に使いにくい。特殊召喚される改造人機フランケンRの種族が巨人なので、これを召喚してスルトの火力アップという、セクメトのような使い方も、巨人にはほぼ入らない紫という時点で厳しい。

2.1で各色に追加された、特殊なユニットを生成して場に出すというインターセプトカードの紫版。発動タイミングは、相手のアタック時と、相手ターンの終了時で、改造人機フランケンRという実際にはカード化されていないユニットを特殊召喚する。このカードは2回まで使用できる。改造人機フランケンRは、戦闘によって破壊された場合に紫ゲージを+1できる効果を持っている。このユニットは撤退などで捨札に行った後に、捨札から回収することで実際のカードしても使用可能だが、その場合はコスト2のユニットとなります。

f:id:BUNNY:20180225191716j:plain

赤紫の魔導士デッキ。上方修正されたヘスティアとラートリーを使ってみた。ラートリーは選略効果持ちとなり、従来のゲージ依存の全体ダメージと、紫ゲージのブーストという二択が選べるようになり、ゲージが足りない時にも出せるようになりました。その前のエラッタでエリンが強化されたし、魔導士デッキはそろそろガチの領域に入ってきたのではないかと。

勝 先攻 8-0 A7 レベコン(フォースリベレーション・ライズアンドシャイン)

配牌で破戒僧が2枚来てウハウハ。連続オーバーライドで4ドローしての軽減破戒僧でしたが、相手がよりにもよってレベコン。コルフェを出されてしまい、動けなくなってしまう。2ターン目はバーンソーサラーでミイラくんを焼いてターンエンド。相手にギルガメッシュを出されてしまい、破戒僧はゲージを2つ溜めただけで役立たずとなる。3ターン目はエリンでゲージを溜めつつ、2CP残しでフランケンRをセットしてターンエンド。トトで破戒僧を破壊されるも、ギルガメッシュのアタックでフランケンRを2体召喚する。ギルガメッシュはバーンソーサラーで相討ちに。

4ターン目はオーバーライドの末にシヴァを引けたので、シヴァからのオベロンで相手を一掃し、4点を先制した。相手がアンラ・マンユを出してきたので、5ターン目はフランケンRでチャンプアタック。アンラ・マンユのBPを下げつつ紫ゲージを溜める。破戒僧でゲージを溜めにいったものの、再びギルガメッシュで沈黙を付けられてしまいました。6ターン目はエリンでゲージを溜めてのニードルレイン。ここはヘスティアアンラ・マンユ以外を倒すという手もあったが、冥札でオベロンを持ってきてギルガメッシュ以外を倒して2点取りにいきつつ、スピムアタックで残り1点に追い詰めます。

相手はライズアンドシャインからロキを出してきましたが、最後にオーバーライドで魔導の書を引いて勝ち確に。ヘスティアとバーンソーサラーと魔導の書でロキを焼いて、最後はレベル3のイシスを出して勝負あり。

というわけで、このデッキは1戦で終了です。悪くない。